団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

Skymemo S 1軸ガイドの準備

2018-09-27 | 天体写真

ポタ赤のskymemo S極軸をしっかり合わせても135mmだと1分で流れてしまう。(しっかり合わせたといっても構図を変えようと自由雲台に乗せているカメラを動か

したりしたときに微妙に動いているのだろう)せめて3分位点像になってくれると良いのだが。

skymemo Sには1軸ですがガイドポートもついています。C-MOSカメラをもう一台手に入れたので1軸ガイドをやってみようと部品など揃えました。

ガイド用レンズはアマゾンで購入したcマウントの50mmf1.4(サインソニック製)。但しこれを直接C-MOSカメラに付けてもピントが出ません。フランジバックの違

い。5mmほど違うのでC→CSマウント変換アダプターをかませればピントはOKだろうとアマゾンで探すと300円台という信じられない値段のものがあったのでポチ。

2週間ほどかかりましたが中国から到着。届いたアダプターリングは金属製で厚みも5mm、しっかりしている。早速レンズに取り付けて赤缶にレンズを付けSharpcap

でキャプチャーしてみるとピントが出ました。

立て構図をやりやすくするためにアルカスイス互換のL型プレートも以前購入済。

レンズも軽いのでこれならカメラのアクセサリーシューにつけガイドもできそうということで以前買っていた部品で取り付けてみました。

ガイドカメラのブレがちょっと心配ですが、締め付ければ大丈夫だろう。

ガイド用コードとカメラにインターバルタイマーを接続すれば完成形。これで200mmまでで3~4分位のガイド撮影がOKになると良いけれど。

天気の良い日にテストしてみよう。

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 今日の夕焼け | トップ | Skymemo Sの1軸ガイ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (morito)
2018-09-27 21:28:44
こんばんわ

ポタ赤で200mm 3分 点像撮影できると
メイン鏡との並行撮影にも対象の選択肢が増えていいですね。
私のポタ赤はご存知の通りボラリエですが、構図を決めて撮影開始直前に極軸再調整してから撮影しています。後は放置撮影ですが、それなりに撮れている事にしています。

さて、次の新月期は晴れますかねぇ....
9月の新月期は滑り込みセーフでなんとか5か月連続撮影達成! 昨年と比べると上出来です。
Unknown (G)
2018-09-29 16:39:44
moritoさん>こんにちは
とはいえうまくいったとしても導入で苦労するでしょうから撮れる対象はうんと限られてきますね。

今年は5ケ月連続で良かったですね。10月から年末までの新月期には期待したいです。本当に。
 

コメントを投稿

天体写真」カテゴリの最新記事