団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

外壁のメンテナンス

2014-11-04 | 終の住まい作り

我が家の外壁は「焼き杉」の板。3年目になりますが今年の夏にスダレをかけておいた所が風にあおられて壁に度々当たってしまい炭化した部分が禿げていました。

なのでガスバーナーを持ち出し焼いて元の色合いに戻しました。

この杉板ですが強いガスの火を当てても表面が焦げるだけで全く燃えていきません。

玄関に向かうアプローチは砂利の間に枕木状の木を何本か埋めてあるのですが埋める前に建築士と一緒にやはりバーナーで焼いたのですが本当に10分くらい火を当てても

表面が焦げるだけだった。すく燃えてしまうイメージの木ですが無垢の木はなかなか燃えていかないのにちょっと驚いたものです。

befor

after

サイディングとは違い独特の風合いが気に入ってお願いしましたが耐候性や耐久性も大丈夫らしい。

焼き杉の外壁は西日本の方へいくと割合目にしますがこの辺りでは全く見かけません。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 収穫間近のフリルレタス | トップ | 岩村町歩き(岐阜県恵那市)... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ひととき)
2014-11-04 18:44:17
杉の木目が綺麗ですが、黒く焼いた木目も一味違って
落ち着いた感じがいいですね。
建築士さんと一緒に経験されていたので安心して焼かれたと思いますが、
そうでないとちょっと不安ですね。

星空綺麗ですね。次が楽しみです。
機材が欲しくなるのが分かるような気がしますね。
でも、とても綺麗に撮れていると思います。
奥さまを連れていかれたらどうですか。
満天の星を見ると感激されると思います。
Unknown (G)
2014-11-04 20:49:05
>ひととき様

コメントありがとうございます。家の外壁は大部分「焼き杉」なのです。真っ黒!好き嫌いがあるかも知れません。

星空なのですがとってもディープなんです。わが配偶者は全くその気はありません。満天の星空の素晴らしさは一度見ると病みつきになるのです。
これから秋の澄み切った空で条件も良くなるのでまた何度も行くことになると思います。

コメントを投稿

終の住まい作り」カテゴリの最新記事