団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

白鳥座の星雲

2019-05-17 | 天体写真

7日長野県平谷村高嶺で撮った白鳥座の星雲。網状星雲迄収まります。

AZ-GTiにカメラを載せて50mmレンズf1.4を2.8まで絞り(換算80mm)ガイド撮影。PCを使いステラショットで導入。スマフォにskysafari6 PLUSを入れているの

でこちらを使いたのだが、AZ-GTiとConnectできても直ぐWiFi接続が切れてしまう状態となってしまい使えないのが残念。

ステライメージ8でコンポジット(自動位置合わせ)すると微妙に流れてしまうのでSequatorを使って処理しましたiso1600で180秒×10枚。

この日は山の上で気温3℃まで下がり真冬の寒さでしたがその分空の状態は良かったようです。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« シラーの花など | トップ | シャクヤクと牡丹の違いは »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なかむら)
2019-05-17 12:55:10
Sequatorを使ってのコンポジットは確かに早いで
すね。有料ソフト(ステライメージ)がフリーソフトに
簡単な処理で負けていて話にならんなと思いました。
ところで、はくちょう座の写真がいつもより小さいよ
うですが。
Unknown (G)
2019-05-18 09:33:53
なかむらさん>おはようございます
本当に処理が速いのに驚かされます。
ステライメージのようにありとあらゆることが出来るような多機能なソフトでなく必要なパラメーターに絞ったことが軽いのでしょうか。特に星景写真の場合簡単に空と地上を分けて一発で処理してくれるので素晴らしいです。
白鳥座ですがAPS-Cで50mmで撮りました。ステライメージ8を使うと位置合わせはうまくいくのですがコンポジットすると何故か若干流れてしまいます。
レンズの解像度が今一の所為かも、或いはピント合わせも十分でなかったのかも知れません。

コメントを投稿

天体写真」カテゴリの最新記事