高原の庭物語

ペンションガーデンストーリーのオーナーのブログ。
趣味のガーデニングを中心に、自然の中での暮らしを綴っています。

夏の花咲くガーデンストーリー

2019年08月17日 | Today's garden

 今朝は14.7℃で、全国の観測地点で一番低い気温。一カ月ぶりに、朝の気温が15℃を下回りました。

 

↑台風を境に、一年で最も暑い時季が終わり、季節が一歩進みました。

 

 

 

↑夏が似合うルドベキア。

 

↑涼しげなニゲラ。

 

↑ピンクの濃淡、ベルガモット。

 

 

 

↑ダリアのティトキポイント。

 

↑この花は、名前がわかりません。

 

↑色褪せたアルケミラモリスとアストランティア。

 

↑一鉢で、ここまで大株に成長したペルシカリア。

 

↑このホスタは、この春、株分けしたばかりなのに、たくさん花が咲きました。

 

↑こちらも大株に成長した、自生種のオオバギボウシ。

 

↑ミソハギが咲き始めました。

 

↑この黄色い花はヘリオプシス。

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 台風の後始末 | トップ | 今ならダブルチャンス! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (石川の花バカ)
2019-08-18 04:35:42
おぐるまでは、ないでしょうか?

Unknown (オーナー)
2019-08-18 17:32:26
オグルマっていうんですね! ありがとうございます(^^)

ちょっと検索してみたら、オグルマは100種類くらいあるんですね。うちにあるのは、
一枚の葉の大きさが30~50cmもあって、背丈は2m近くになるんですよ。

コメントを投稿

Today's garden」カテゴリの最新記事