高原の庭物語

ペンションガーデンストーリーのオーナーのブログ。
趣味のガーデニングを中心に、自然の中での暮らしを綴っています。

Gardening life

2019年05月20日 | ガーデニング

 今日から、実生で出た植物を掘り上げて、ポット苗づくりを始めました。そして、午後からは、友人の庭づくりのお手伝いをしてきました。

 

↑移植するには小さすぎて、やがて周りの植物に負けて絶えてしまいそうな物は、ポットに移して育てます。

 

↑スカビオサ、カンパニュラ、スイートロケット、オダマキ、バーベインブルーなどをポット上げしました。

 

↑ここ数年、苗を置く場所に困っていたので、このバーベキュー炉を、苗置き場として、つくり直すことにしました。

 

↑レンガは積んであるだけなので、積み直しが可能なんです。

 

↑こんな感じで、苗置き場が完成しました。ここに、120ポットほどは保管できそうです(^^)

 

↑続いて、アナベルの剪定を行いました。秋に適当に整理しておいた物を、きちんと剪定し直しました。

 

↑高さを調整しながら、こんな感じで剪定します。茎がしっかりしている物は長めに、弱々しかったり折れている物は、根元から強剪定します。

 

↑庭中のアナベルを剪定すると数百本あるので、結構、大変です。

 

↑しっかりしている剪定枝は水上げしておいて、必要な人にあげます。アナベルは挿し木でも増やせるのです。

 

↑午後からは、庭づくりのお手伝い。ガーデンストーリーで掘り上げた植物を、配達してきました。

 

↑向かったのは、菅平でホテルを営む友人の庭。ここは、冬の間はラティスを撤去して、花壇の上を車が通るので、去年、植えた宿根草は、ものの見事に絶えていました(>_<) また一から、植え込みのやり直しです…

 

↑これから少しずつ、ガーデンストーリーから苗を移植していきます。

 

↑夕方は、菅平で花農家をしている友人の家へ。長野県が生産高全国一位のトルコキキョウの栽培がメインですが、花や野菜の苗もつくっています。今はポット上げ作業の最盛期。

 

↑敷地内には、花が好きなおばあちゃんが趣味で植えた花が、大株に成長しています。

 

↑標高1500mの高原に、間もなく、本格的な花の季節がやってきます。

 

<ペンションガーデンストーリーからのお知らせ>
・車でガーデンめぐり → 詳しくは、ここをクリック
 ・ガーデニング教室 → 詳しくは、ここをクリック

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« Garden Marche | トップ | 庭づくりのお手伝い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガーデニング」カテゴリの最新記事