高原の庭物語

ペンションガーデンストーリーのオーナーのブログ。
趣味のガーデニングを中心に、自然の中での暮らしを綴っています。

挿し木をお届け

2019年05月24日 | ガーデニング

 先日、庭で剪定して水あげをしておいたアナベルの挿し木を、菅平でホテルを経営する同級生の奥さんに届けてきました。

 

↑同級生のホテル。農業はやっていませんが、ホテルの裏には、こんなに広い畑があります。自家用のレタスやトウモロコシをつくっています。

 

↑ここに挿し木をしてきました。花を楽しめるのは、来年以降になります。

 

↑林を抜けると、ホテルのグランドがあります。

 

↑現在、人工芝のグランドを造成中。

 

↑去年までは天然芝でした。ホテルのグランドは2面あるので、その内1面を、雨の日でも使えるように人工芝にすることにしたのです。

 

↑この芝は廃棄処分になってしまうので、工事が始まる前、一部の芝を剥がしました。ガーデンストーリーにも、10ロールほど、持って帰ってきました。

 

↑広いホテルの敷地には清流が流れ…

 

↑池まであります。

 

↑池のほとりで、クリンソウが咲き始めていました。

 

↑敷地内の林の中では、自生種のニリンソウも、たくさん咲いていました。

 

↑エンゴサクの仲間。

 

↑こればバイケイソウ。探せば、他にもたくさんの山野草が見つかりそうです。


コメント   この記事についてブログを書く
« 今日も五月晴れ | トップ | 割れたら2つ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガーデニング」カテゴリの最新記事