高原の庭物語

ペンションガーデンストーリーのオーナーのブログ。
趣味のガーデニングを中心に、自然の中での暮らしを綴っています。

降ったり止んだり…

2019年08月22日 | Today's garden

 停滞する前線の影響で、今日も雨。最高気温も22.4℃止まり。5日前は27℃だったので、そこから、1日1度ずつ、下がりました。もう一度、夏空が戻ってくるのか、それとも、このまま秋になってしまうのか。せめて、8月いっぱいは、夏らしさを感じていたいのですが…

 

↑手前は、アナベル、ベルガモット、サラシナショウマで構成したホワイトガーデン。

 

↑夏の終わりを彩るピンクのフロックスが咲き始めました。

 

↑ガーデンストーリーで一番大きなダリア。これまでで、一番たくさん、花を咲かせています。

 

↑ピンク系のベルガモット。4年前の秋、庭で種を採って、3年前の6月、ナーセリーに種を撒いて、2年前の5月、ナーセリーからここに移植。そして、今年、たくさん花を咲かせました(^^)

 

↑ボンボンダリアと、ペルシカリア。

 

↑手前から、エキナセア、ホスタ、ゲラニウムのロザンネ、アナベル。

 

↑この春、リニューアルしたベンチが、素敵なシーンを演出してくれています。

 

↑このアイアン製アーチも、今年、庭に仲間入りしたもの。

 

↑バーベインブルーを真上から見るとこんな感じ。背が高い花なので、このアングルで撮るのは、ちょっと大変。

 

↑標高1500mでは、アナベルも夏に咲く花のひとつ。

 

↑増える花があれば、絶えてしまう花もあり。庭の風景は、図らずも、年々、変化します。

 

↑手入れを終えて、平然さを取り戻した草花。もう、台風は来ないでほしい。


コメント   この記事についてブログを書く
« 草花の声を聞きながら | トップ | 元気よく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Today's garden」カテゴリの最新記事