高原の庭物語

ペンションガーデンストーリーのオーナーのブログ。
趣味のガーデニングを中心に、自然の中での暮らしを綴っています。

バスの花旅

2018年07月25日 | ガーデニング
 今朝は13.7℃。空気がひんやり冷たく、久しぶりに長袖の上着を来て、ルーシーの朝の散歩に行きました。さて、月曜日から今日にかけて、東京発/クラブツーリズムと、浜松発/遠州鉄道の庭めぐりツアーがあり、大勢の庭好きのみなさまにお越しいただきました(^^) 毎年、ツアーにご参加くださるリピーターの方や、わざわざ栃木から東京に出てツアーに参加してくださった方もいました。ありがとうございましたm(_ _)m 両ツアーの様子を、まとめてご紹介します。


↑お客様のほとんどがご婦人方。お一人参加の方も、たくさんいらっしゃいます。


↑遠州鉄道とクラブツーリズムは、ほぼ毎年、ツアーがあります。


↑峰の原高原の入り口でお出迎えし、そこからバスに乗り込んで、4軒のオープンガーデンを案内しました。


↑最初はロッジアボリアさん。お庭については、それぞれのオーナーがご案内します。


↑続いて、ひらたペンションさん。


↑真夏にバラを楽しめるのが、峰の原高原の特徴のひとつです。


↑ダリアは咲き始め。これから霜が降りる10月まで咲き続けます。


↑そして、3軒目がガーデンストーリー。


↑花いっぱいの庭と共に、みなさまをお迎えすることができました(^^)


↑ガーデンストーリーの庭は、もちろん私がご案内します。


↑庭好きのお母さんと犬好きの娘さんの二人旅。バスの添乗員さんが、スマホで「はい、チーズ!」


↑最後は、ペンションのいちごさんへ。お庭について説明する、のいちごさんの奥さん。


↑庭めぐりの後、お客様は4軒のペンションに分かれて、ゆったりお泊まりいただきます。昨夜、ガーデンストーリーに泊まった添乗員さんは、「いい所ですね。仕事でもいいから、もう一泊していきたいです」と言ってくださいました(^^)


↑翌日は、近くの草原を散策しながら、貴重な山野草をご覧いただきます。今は、ヤナギラン、キキョウ、カワラナデシコ、オミナエシなどが咲いています。


↑今回、クラブツーリズムは、軽井沢のピクチャレスクガーデンと植物園を見た後、峰の原高原で一泊し、翌日は小布施へ。遠州鉄道は、蓼科のバラクラ・イングリッシュガーデンを訪れた後、峰の原高原に来て、翌日はおぎはら植物園へ行きました。これらのバスツアーは、毎年、開催時季とコースを少しずつ変えながら、行われています。
コメント   この記事についてブログを書く
« At the backyard garden | トップ | 夏の草原 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガーデニング」カテゴリの最新記事