高原の庭物語

ペンションガーデンストーリーのオーナーのブログ。
趣味のガーデニングを中心に、自然の中での暮らしを綴っています。

花盛りの季節へ

2019年07月03日 | Today's garden

 バラやアストランティア、ディアボロなどが咲き始めました。いよいよ、花盛りの季節が目前に迫ってきた感じです。

 

↑右の銅葉の灌木がディアボロ。テマリシモツケの仲間で、北アメリカが原産です。

 

↑アストランティア。寒冷地では宿根して大株になります。

 

 

 

↑手前のシルバーリーフはラムズイヤー。その名の通り、羊の耳のような手触りです。

 

↑植えて3年がたち、花数が増えたフォプシス・スティローサ。

 

↑センダイハギ。植えてから5~6年が経過して、ようやく見ごたえが出てきました。

 

↑周囲に甘い香りを漂わせる八重のハマナス。

 

↑ホスタの根元を飾るミヤコワスレ。

 

 

 

↑毎年、たくさんの花を付けるヤマボウシ。

 

↑白と薄紫のゲラニウム。ピンクの花はフロックス。

 

↑昨日、一輪、今日になって四輪咲きました。やっとバラの季節です。

 

↑ディアボロは、花を咲かすまで7~8年かかりました。

 

↑数株からここまで増えたフタマタイチゲ。来年は少し整理しないといけませんね。

 

↑昨日、今年2回目の芝刈りをしました。

 

 

<ペンションガーデンストーリーからのお知らせ>
・車でガーデンめぐり → 詳しくは、ここをクリック
・ガーデニング教室 → 詳しくは、ここをクリック
コメント