高原の庭物語

ペンションガーデンストーリーのオーナーのブログ。
趣味のガーデニングを中心に、自然の中での暮らしを綴っています。

夏の草原

2018年07月26日 | 峰の原の山野草
 峰の原高原には、有志で山野草を保護している草原があります。運良くこの場所で生き残った貴重な花々が、今後も命をつないでいけるよう、草原の維持管理、外来種駆除、冬の前に草刈りなどを続けています。


↑草原で目立つ花のひとつ、コオニユリ。


↑独特の花姿が美しい、カワラナデシコが咲き始めました。


↑秋の七草のひとつ、オミナエシが色づいてきました。


↑白い花はヨツバヒヨドリ。真ん中の黄色い花はコウゾリナ。


↑峰の原のキキョウはひと際大きな花を咲かせます。100年後には100%絶滅すると言われています。


↑一日花のユウスゲ。


↑背丈が2mを超えるシシウド。大きいわりに知らない人が多く、よく名前を聞かれます。


↑今年初めてマルバダケフキの花を見ました。リグラリアの原種です。


↑草原を覆うススキの間に、ポツンポツンと花が見えます。近年は、増えすぎたススキの駆除作業もしています。


↑虫が付きやすい上、カモシカが好んで食べるツリガネニンジン。英語ではレディーベルというかわいらしい名前。


↑高山植物のヤナギラン。最近は、園芸種として、お店で売っているのを見かけます。


↑キリンソウはそろそろ見納め。多肉系で、ベンケイソウの仲間です。


↑大株に成長すると、一株でこんなにたくさんの花を咲かせるオオバギボウシ。


↑今日は、草原の草刈り作業の日。


↑山野草を観察できるように歩道を作ってあります。ガーデンストーリーから歩いて3~4分ですので、お泊まりの際は、ぜひお出かけください。今の時季は、早朝の散歩がおすすめです。
コメント