がんばる。がらぴん+。

甲状腺機能亢進症と診断された猫(ネコ)ガラちょぴんの闘病日記とチビニャンズの成長記録

ボニータのお手合わせ

2007年06月28日 12時45分55秒 | GABRIELA & BONITA
眠るボニちゃんをふと見たら、不思議な光景が目に入ってきた。


よーく見てみたら、頭の下の手が重なってる!
と、思ったんだけど、これは足と手を重ねてるの。

小さな手と足を合わせて、ボニちゃんはどんな夢をみてるのかな。
コメント (2)

漢方勉強会とバタバタの日々

2007年06月28日 12時27分14秒 | 漢方勉強会
写真と文章、まったく関係ないんだけど



先週、急なプロモーションサイトの発注を受けた。
扱うネタはオモシロイのに、時間はない。。。でもでも、あんな事もこんな事もやりたい!と思ってしまう。
担当の人もわたしと同じような人だから、話してるとどんどんやりたい事が広がってしまって...収拾きかなくなる。けど時間がないなりに、どんだけ見せたいものを魅力的に見せるかってのがプロモーションの醍醐味だったりするから、やりがいはあるんだよね。ただ、もう少し時間もらえたらもっといいの作るのにって思うんだけどさ。なかなかそううまくはいかないのが現実なのよね。

そんな最中だったけど、日曜日は漢方勉強会の日。
25日の昼にクライアントにプレビューするのを、土曜の夜中にメドがつき、Macが強制終了しちゃったし、1日ブツを寝かせて、日曜は勉強会へ。
制作物はいつも少しは寝かせるんだよね。自分が寝るとかご飯食べるとかシャワー浴びるとかして頭を切り換えてチェックすることにしてる。冷めた頭でもう一度チェックすると、真夜中のラブレターみたいにくどすぎたりすることもあったりして。文字校チェックもデザインしてる間は、文字も文字として頭が認識しないから全然ダメだったりするしね。

今回の勉強会のテーマは『のぼせ・ほてり』,『冷え』,『出血』

==のぼせ・ほてり==
のぼせは上衛のひとつの症状で、身体上部の熱感をいう。
冷えののぼせは、手足が冷えて頭部・顔面が熱する場合である。
ほてりは、頭部・顔面・その他の熱感だが、主に手足の熱感が問題になり血熱によることが多い。
(資料から抜粋)
-----
手足が冷えると熱は上昇し、毛細血管は圧迫される。
それによって『ほてり・痛み・しびれ』が起こるのだそう。
細くなった血管に血液が流れようとするのだものドクンドクンと頭も痛くなる。
そんな時は足や首を温めるといいのだそう。温めたおしぼりとか足湯とか。
簡単だし、家にあるもので出来るからやってみようってすぐ思った。

わたしは頭痛持ちだ。いつも微熱も伴う。
前に頭にケガしたこともあるから、低気圧の影響も受けやすい。仕事柄目は酷使するし、自覚はないけど肩こりもひどいらしい。腰が痛くてマッサージに行くと「肩すごく凝ってますね」って言われるけど、本当に自覚はない。
欧米人って肩こりの認識ないっていうじゃないですかぁ~、欧米系なの~。

ここ最近の梅雨の気候、寝る時間を削っての毎日の影響で昨日も今日もドクドク頭が痛い...。
ハンドタオルをお湯で浸して、首にあててみた。
けど、ハンドタオルって小さいしあっという間にタオルが温かさを失っちゃうのよね。
それで小さい湯たんぽにお湯を入れて首の後ろにあててみた。

あらやだ素敵♪
ドクドク痛かった頭痛が和らいだ!
と思ったら、ん?背中に水気を感じる。。。湯たんぽに穴が・・・。
囓られてました~(笑)こういうのを噛んじゃうのはたいていボニちゃんなのよね。
マウスパットも気付けば歯形だらけ(笑)

今回あと興味深かったのは、生理痛についての話。
生理前の7日間で、下剤的作用のある漢方で不要物を出し、
生理中は、いらない悪血を出し、突っ張り感の痛みを取る。
生理後は、血を作る漢方で補う。
のだそう。

今度お財布に余裕のある時にチャレンジしてみよう。
まずは、生活の乱れをですね、軌道修正しなくちゃだわ。

わたしの生活が乱れると、G&Bにもそれがうつっちゃう。
近頃のお嬢さん方は4時5時がハッスルタイム。
うちがマンションじゃなかったら、その時間に一緒にビリーでもやって一緒に動き回りたいけど、階下の人のこと考えるとさすがにそれは・・・ですわね。








内容物に対して異常にデカイ梱包で送られてきた箱とエアパッキンがとてもお気に入りのお嬢さん方なのでありました。
コメント (4)

掃除機 vs G&B

2007年06月20日 02時53分33秒 | GABRIELA & BONITA
ブラッシングしてから、掃除機をかけよ~oh!


とりあえず、ブラシを噛んで確認するボニちゃん。
このブラシは、撫で用で、ちゃんと抜け毛も取れるゴムのブラシとスリッカーブラシで、本格的にブラッシングして抜け毛をワサワサワサーっと部屋にばらまいてから、掃除機を出してきた。
電源が入ってなければ、ボニちゃんは臨戦態勢でめくるめくパンチを掃除機に浴びせかけるの。

15日の金曜日もそんな感じで、電源入れる前に「ほーれ、ほーれ」と吸い口のホースをボニちゃんに向けて遊んでた。
ボニちゃんてばすっごいスピーディなパパパパパーンチを見せてくれる。そんな時ガブちゃんは三歩さがって見物です。

さて、そろそろ掃除しよっと思ってスイッチ入れたら、脱兎のごとく逃げてくG&B。
やっぱり掃除機、好きになれないのね。なーんて思いながら、スーイスーイと掃除機をかけはじめたら、
ブォーンって音の後、メインのブレーカーが落ちた。

ぬぬぬ?Macはついてたけど、エアコンだってレンジだって、使ってなかったよ。
スイッチ入れてなかったとはいえ、ボニちゃんと闘ったからか?
とりあえず、電源切れるものは電源切って、ブレーカーをonにしようとしたけど、上がらない。
およよ?WHY?
メインのブレーカーだから冷蔵庫なんかにも電源は供給されないわけで...。

東京電力に「ブレーカーがあがらないんですぅ」と電話。
「掃除機のコンセントを抜いてブレーカーをあげてみてください。」と、なれた様子のお姉さん。
掃除機のコンセント抜いて、ブレーカーをonにしたら、onに出来た。

「たぶん掃除機だと思いますよ。また掃除機使おうとするときっとブレーカー落ちますよ」って言われて電話を切った。
ボニちゃん、ガブちゃんの毛を部屋にばらまいちゃったし、掃除機かけないとぉ...と思ってもう一度コンセントを入れたら、再びブォーン...ブレーカーが落ちた。。。

なんでぇ~~~???
しかもこのブォーンって音、すっごい不気味なんですけど。なんどやっても同じ状況。

うちの掃除機はダ●ソンのDC12アニマルプロってやつなんだけど、保証は2年なの。
たぶんそろそろ保証期間、切れてる気もするけどそのままにも出来ないし、とりあえず掃除機本体に書かれたフリーダイヤルに電話して状況を説明したら、ダ●ソンさんったら、ものすごい好感触のご対応。
ユーザー登録してなかったんで、まずユーザー登録をして、シリアル番号を伝えて、購入時期と購入場所を聞かれた。
「えっとぉ、一昨年の夏頃だと思うんですけどぉ。。。秋葉原のぉ・・・」って買ったのどこだっけって思い出しながら、保証書も見ないで伝えたら、
「じゃぁ秋葉原の量販店で8月31日にしましょう。」って。ものすごくスムーズ。(ほんとはちょっとオーバーしてたのに)ちょっと感激した。
さらに、
「引き取りの宅配を手配しますので、掃除機を渡してください。調査します。」って、宅配便の手配もしてくれた。
おまけに、
「お使いのクリンエアタービン(吸い込み口)は古いタイプのようですので、新しいものに交換します」って購入したら6300円もする吸い込み口をタダで新しいのに変えてくれるって言うのよ。
こんなに親切なメーカーはじめて!
連絡したのが金曜だったんだけど、その日その後出かけなくちゃならなくて、引き取りの宅配がやってきたのが月曜日、そして翌日にはもう修理完了の掃除機と新しい吸い込み口が戻ってきた。
とっても親切な上に、なんてスピーディなの。ニャダコ感激♪
買ってすぐ3回もぶっ壊れた加湿器のデザイン家電メーカーとは大違い~~。さすがダ●ソン!!
と、ひとしきり感激した後、ちょっとネットで検索してみたら、同じ機種で同じ状況になって、同じ対応してもらってる人がいらっしゃいましたよ。そしてその人も同じように感激してた。
むむむ?ってことはさ、ひょっとして急な故障ってんじゃなくて、そうなる運命なナニカがあったのかもね。

けど、それにしてもパーフェクトな対応に、戻ってきたダ●ソンクリーナーで、G&Bが逃げ回る中、鼻歌交じりに掃除機をかけました。
あぁ~スッキリさわやか~~ん。


「鼻歌歌ってるけどさ、ガブちゃん好きじゃない。」ガブ


「戻って来ない方が平和だったのに・・・」ガブ
なんかちょっとヤサグレた座り方の、掃除機が好きじゃないガブちゃんなのでした。
コメント (13)

伸びたり、縮んだり

2007年06月18日 14時56分27秒 | GABRIELA & BONITA
最近微妙にムッチリしてきたボニちゃんPCデスクのココがお気に入り。
仕事してようが、してまいが、
「どいて、どいて」とやって来てはノビ~~~る。

伸びてたかと思ったら、縮んだり。

ガブちゃんは暑くなってきたってのにやっぱり誰かの近くにいつもいる。


「ガブちゃんは、面倒見のヨイコだからね。」ガブ
それはちょっと違う気がするけど...。

去年の夏はまだ、暑いも寒いもな~~~んにも気付かず、ただはしゃいでるって感じだったけど、今年は結構ノビはじめてるG&Bなのでした。
ちょっと大人になったんだね。きっと。
コメント (10)

はじめての一泊お留守番

2007年06月12日 14時03分39秒 | GABRIELA & BONITA
6月8日朝、おばあちゃんが突然天国へ飛び立った。
よしのちゃん・93歳。
この歳だもの、目もあんまり見えにくかったり、耳もあんまり聞こえなかったり、足腰だって弱ってたし、ご飯もほんの少しカレースプーン一杯くらいの量が毎度の食事で、ほんのチョッピリしか食べなかったけど、何かの病気ってわけでもないし、寝たきりでもなかったのよね。
ご老人のデイサービスっていうのに出かけては、お仲間とおしゃべりしたり、お料理したり、折り紙したり、着物を縫ったり、ゆっくりゆっくり時間を過ごしてた。
いつかはそういう日が来るんだろうって思ってたけど、知らせを聞いた時はあまりに突然で正直呆然とした。
前の日普通に眠りについてそのまま起きてはこなかったけど、布団も乱れてなかったから眠るように旅立ったんだろうって。
おじいちゃんの月命日に、よしのちゃん・93歳は永い眠りについたの。

そんなことがあったから、急遽エアチケットを取ってお通夜とお葬式に行ってきた。
飛行機の都合で日帰りは無理、仕事もあるし最短で帰ってこなくちゃならないけど、34時間家を空けることになった。

G&Bのはじめての一泊お留守番。
G&Bのお世話を同じマンションのお友達にお願いしたら、快く引き受けてくれた。
34時間だし、大丈夫だろうとは思うけどはじめての離ればなれだから、もんのすごく心配で。。。
ごはんの事、おトイレの事、お水のこと、遊びのこと、あれこれ細かく手紙を書いて残して行った。
同じマンションだし、毎日何度も様子を見に来てくれて、遊んでくれて、まめにギャルズ日記をメールで様子を教えてくれた。
ゆうちゃん、本当にありがとう~~~!

8日朝8時、家を出発。この日東京は大雨が降った。(わたしはまったく雨にあたらなかったけど)
部屋の窓はいつも横なぐりの雨じゃないかぎり基本的に開けっぱなし、ゆうちゃんが見に来てくれてオモチャで遊んでくれようとした。

けど呆然とするふたり


「雨、あがったね」ボニ
「うん。。。」ガブ
外を眺めて、確認するG&B

一番心配してたのは、水飲みのこと、うちのコ達は置き水を飲んでる所をみたことがない。
いつも洗面所で「蛇口から新鮮な水を出して~」って催促する。
その事もお願いしてたから、何回かG&Bを洗面所に誘ってくれた。けどなかなかどうして警戒してたらしい。


夕方、玄関を開けたらその奥のガラスのドアの所でふたり揃って出迎えてくれたんだそう。

そしてやっと3回目のお誘いに応じてくれたボニータと、まだ警戒してるガブリエラ。
おトイレに、ガブちゃんのと思われるうんこちゃん。

20時頃、夜ご飯を出してくれて、ちょこちょこ食べてくれた。

深夜、様子を見に来て、激しい運動を。そしてボニちゃんがうんこちゃん。
ボニちゃんてば、普段もわたしが外から帰るとすぐうんこしたりするし、誰かに見られるのが好きなのかもね

そして、机と椅子でまったり休憩。
この日は、結局ガブちゃんは洗面所で一度も水を飲まなかったんだって。
意外と警戒心強い?


朝10時、玄関あけたらガブちゃんがなにやらキャーキャー訴えかけるから、部屋に入ってみたら、カリカリとウェット缶の混ざったゲボが3箇所に落ちてたんだそう。
ガブちゃんは吐かないし、その形状を聞いたらボニちゃんのものみたい。
きっと「はやくはやくぅ~。ボニコがゲボした~~ガブ」って、知らせてくれてるみたいだったって。
ゲボを片づけたら、信頼してくれたのか、

やぁぁぁっと、ガブちゃんが洗面所でお水を飲んでくれたんだって。ホッ。

そしてやっと、18時頃東京へ。鍵を預けてるゆうちゃんと一緒に部屋に入ったら、G&Bともにゆうちゃんの元へ

けど、すぐ「あぅニャダコ!」って気が付いてくれました。
しばらく動く所動く所ふたりで着いてきて、喉を鳴らしながら「イイコでお留守番できたよ」って色々報告してくれました

面倒を見てくれたゆうちゃんいわく、
神経質だったのはガブちゃんの方で、ボニちゃんはあの・・・まったく普段通りのようだったよ
ですって。
やっぱりボニちゃんはお姉ちゃんで、ガブちゃんは末っ子なのかもね。

帰ってきて、G&Bの顔みたらどっと疲れがでた。
お通夜の寝ずの番もしてたから、脳みそなんてち~~さくなっちゃって、今日が何日で何曜日なのかってイマイチまだわからん。全身コリコリなのでまずはこれからマッサージに行ってプラセンタでも注射してこよっと。

親の気持ち、子の気持ち、孫の気持ち、ひ孫の気持ち、みんなそれぞれの思いはあるよね。
親は子供達に迷惑かけたくないって思うだろうし、子は世話させてもらいたいって思うし。
生前、
「おばばが寝たきりになっておむつになったら、おむつ変えてあげるからね」ってみんなが言うと、
「そんなのいやだよ。」って、笑いながら話してた。大正の女は芯が強いね。おばばの望み通りになった。
沢山の人に見送られて、よしのちゃんはもう專治に会えたかなぁ~。もうちょっとかなぁ~。
また天国でケンカしながら仲良くやっていくんだろうなぁ。
コメント (9)

なるとちゃん・クロベエちゃんに会いに♪

2007年06月05日 23時59分59秒 | 甲状腺機能亢進症のこと
06年1月に亢進症が発覚したがらぴんより半年前に亢進症とわかり治療を始めていたなるとちゃんとなるままさん
なるままさんには、いろんなことを教えてもらい、助けてもらい、共にこの病気と闘った同志。
がらぴんは、駆け抜けるように旅立ってしまったけど、なるとちゃんとなるままさんにはいつか必ずお会いしたいなって思ってた。会ってちゃんとお礼とエールを伝えたいって思ってた。

そしてそして今日やっと会いに行ってきた。


なるとちゃん、只今12歳。亢進症の治療も2年。体重も5.2kgから6.8kgに増えたのだそう!
がらぴんとわたしの恩人ならぬ恩猫さん。


持参したオモチャを確認。


次男・クロベエちゃんが猫の手じゃらしをとっても気に入ったよう。


がらぴんとなるとちゃんの病気、甲状腺機能亢進症は今の所、完治する病気ではない。
だからなにを優先して大事な猫のQOLを守るかってことをなるとちゃんとなるままさんは教えてくれた。

わたし達が人間で彼らが猫であるのだから、必ずわたし達人間は愛しい家族で相棒の猫を必ず見送る日はやってくる。
病気になったとか病気でないとかそういうのも抜きにして、わたし達が猫を迎え入れたその時から、そのコのQuality of Life(生活の質)を守ってあげなくちゃならない。

甲状腺機能亢進症の治療は、極端にいうと外科手術か抗甲状腺薬での甲状腺ホルモンのコントロールのふたつにひとつ。
けど、治療前は肝臓の数値が高くでちゃうから、肝臓疾患と間違えられることもある。
(他にも腎疾患とか糖尿とかいろいろな病気と間違えられることも多い。)
がらぴんも最初肝臓の数値は悪かった。
経験の薄い獣医だと、メルカゾールは途中でやめることが出来ない薬だし、メルカでの治療に踏み切る前に肝臓とか数値的に悪い所の治療に踏み切りがちだと思うけど、治療の道はひとつじゃない。それをわたしに教えてくれた。

レストランでなるまま邸で、亢進症のことQOLのこと、いろんなことをお話しした。
一番大切なのは、病気をやっつけるって事ともちょっと違う。
そのコが心地よく過ごしてくれること。やっぱりそれが大事。

なるとちゃんは福福としてるけど、もちろん今も亢進症の治療を続けてる。
なんでも一番で真ん中が好きななるとちゃん。
いろんな症状に折り合いをつけながら、その時々で優先順位をつけながら「自慢の息子だもんね」ってママに毎日ささやかれ、病気ともお付き合いしながら健やかにすごしてる。

なるとちゃんは大きな男の子。
頭のサイズはしおんくんと同じくらいな感じかな。

ママとパパとクロベエちゃんと、いつまでもいつまでもゆったり過ごしてね。


次男・クロベエちゃんは、このじゃらしをほーんと気に入ってくれた♪
IBDの疑いがあるそうで、よくお腹も壊しちゃうし、ほっそりさん。


そして、とってもおっとーーーーーり。
とってもお上品なクルルルル~も聞かせてくれたし、膝に乗りわたしの手も沢山優しく舐めてくれた。



そしてよく ウチュウ ノ ドコカ ト コウシン してるんだって



ガブちゃんの毛はなんていうかすっごいフェルトの繊維みたいな猫毛で細いんだけど、クロベエちゃんと同じ感じだった。
やっぱり色と毛質って関係あるのかな。

なるとちゃんもクロベエちゃんもそれぞれ病気と付き合い通院だって欠かせないけど、なるままさんの愛情をいっぱいもらって、とても幸せに満ち満ちてる。
大好きな子の体も心も、なるままさんが包み込んでる。
そんななるまま一家を見てるのはとても心地いい。


四方に窓があって、心地いい風が吹く。
今日も明日も明後日も家族みんなみんな健やかに、穏やか~な日々を過ごしてね♪

なるままさん、そしてがらぴんとわたしのキラキラの希望の光・なるとちゃん、クロベエちゃん、今日もどうもありがとう!
また遊びに行くからね~。
今度は一緒に腹筋プログラムやるでありますか(笑)

そして、今日はもうひとつの希望の大きな光・フェイちゃんの21回目のお誕生日だったのだ。
フェイちゃん。お誕生日おめでとう!!
コメント (18)

ガブちゃんと力比べ

2007年06月03日 23時31分12秒 | GABRIELA & BONITA
ふむっ。おりゃっ


たぁーーー!!!

ヤンチャなガブちゃんと真昼の決闘 “腕相撲” である。

ガブちゃんてばさ、この手でさ、この爪でさ、ぐゎしっとわたしの肩を踏み切り台にしてジャンプしたり、バルセロナチェアに座ってテレビ見てたら、縞ウマ台からお腹めがけて飛び降りてきたり、女の子なのにヤンチャ小僧なので、腕相撲で決着をつけた。

そして・・・


ま、、負けた・・・。


「だって、ガブちゃん強いんだもの」ガブ


「ニャダコが腹筋と肌を鍛えれば解決」ガブ

そ、そうですわね。。。
腹筋と肌、、、鍛えれば解決ですわね。ほほほ。


+++++++++
今日はヒルズのイタリアンワイン・デー祭に行ってみた。
酒飲みは美味しく飲むためには努力は惜しまない。
ヒルズまで歩いて出かけた。
会場に着いて、乾いた喉をロゼシャンパンで潤し一周。
ワインがさ、ワインがさ、いーっぱいあってさ、次なに飲もっかな~、3本くらい買って帰りたいな~、なんて思ってる間に祭が終わってしまったわ。。。
20時までやってると思ったのに...。着いたのが遅すぎた...。
沢山ワイン売ってたのに、なにも買えずに終わっちゃったよ。
しょうがないから、帰りもお尻プリプリ競歩ばりに歩いて有り余ったエナジーをスパークさせて帰ってきました。
結局、ワイン祭りっていうか、往復1時間弱の歩け歩け大会。
またやらないかな~。ワイン祭り。
コメント (4)

またの名はジャイアン

2007年06月01日 13時16分27秒 | GABRIELA & BONITA
ボニちゃん、一番上でキョロキョロロ
片足だけぴょこんと台の下に出てる所がな~んとも可愛い♪


写真が選べないからみんな載せちゃえ~。
あっちをキョロロ。こっちをキョロロ


「あ、ガブちゃん腕枕してもらってる・・・」ボニ


「ぬっ。ボニちゃん!」ガブ


「ガブちゃん、上るのすっごい速いよ」ガブ
狙いを定めてしまった模様。。。
そして脱兎のごとく

飛び出したガブ。ジャイアンに豹変。




再度確認。


「おい。ボニ太」ガブ


「なぁなぁ、遊ぼうぜ。ボニ太」ガブ


そして意外とあっさりと、我に返る(?)ガブリエラ。
またの名はジャイアンなのでありました。

あぁ、タワーって素敵
時々ジャイアンも姿を現しますが、本日も平和な我が家でございます。

ちなみに、ボニちゃんの方からガブちゃんを襲撃することはほとんど見たことないなぁ~。
コメント (6)