がんばる。がらぴん+。

甲状腺機能亢進症と診断された猫(ネコ)ガラちょぴんの闘病日記とチビニャンズの成長記録

今日もここがお気に入り

2006年02月28日 23時59分20秒 | 闘病日記
がらぴんは今日も窓の側、チェストの下がお気に入り。すっかり隠れ家。
頭をつっこんでみたら、確かに涼しい。我が家は24時間エアコン31度の加湿器付きでウォームビズとはなんの事やら状態です。がらぴんの涼しい所を探し出す力はただ者ではないと感心しちゃった。

朝は自らナチュバラを食べてくれた。でも1/8だけど。。。少ない。。。
けど自らごはんを食べたので通院はお休み。
11:15がメルカゾールの時間。
その前に、今日も嫌われッコの強制給仕。ホントに嫌われるし、その後メルカゾールの影響もあるんでしょう、どんなにゴマをすっても許してはくれない。本当に哀しい。けど心を鬼にしなくてはいけない時もあると自分に言い聞かせた。
昨日はそんなに抵抗しなかったのに、今日はなかなか激しく抵抗した。a/d 1/4まであと少しというところでもう終了。
きのう「明日お刺身食べようねぇ~」って強制給仕したから、夜ごはんは約束守ってお刺身定食よ。
近所のスーパーは三軒。一軒は高級系でペット関係なし。もう一軒は中流系でペット用品もあるけどほとんどプロパー、最後の一軒は庶民派なんだけど、肉類はあんまり買いたくない。(うっかり賞味期限切れてもお肉の色がきれいなんですのよ。って今時だれがそんな肉を喜ぶんだろう。。。激しく疑問。)精肉コーナーとお肉コーナーはどうも担当者とか違うっぽいのとペット用品はここが一番安いし、庶民派スーパーへお刺身を見にいったらマグロの赤身がない。。中トロしかない。。まっいっか。中トロでがらぴんのご機嫌を取ろう!

「がらぴん。中トロだよ~ん」
とマグロを切ってたら、久々に隠れ家から出てきてくれた。
ご飯台にマグロを乗せて「どうぞ~。約束のマグロよ~」と差し出したら、甘い声で
「いやぉん」
と一声出してから、召し上がってくれました。
ごはんをあげてそんな声を出してくれたの、産まれてからはじめての事。こちらも嬉しくなっちゃった。でも、だいたいちょっと大きめの一切れの半分くらいだから、10gそこそこくらいかなぁ。。。
その後も、もうちょっと食べたそうにしてるけど、マグロを前にじーっと座って喉を鳴らし続けるがらぴん。もぉう本当にかわいくてかわいくてしかたない。でも口元までマグロを運んでもゴロゴロいい続けるだけで食べない。いや、食べたいけど食べられないんだ。

最近水を飲む時も、人間がタンタンって下をならすみたいな音がするので、気になってたし、ご機嫌なのでお口チェックさせてもらった。
上のちいちゃな前歯が以前よりも奥に倒れてる。人間も痩せれば歯茎も痩せる。そうするっていと歯が浮くようなイタイような。がらぴんもきっと歯が調子が悪いんだなぁ。。。
横の奥歯のちいちゃいのと前歯は少し減ったっぽいけど、抜けた歯をみた事はない。歯並びは悪くなってる。歳を重ねると歯はない方がまだトラブルがないらしい。歯石もちゃんとケアしてあげておけばよかった。


うんPはげりP(でも少し、みのある感じ)
食事:ナチュバラ1/8、マグロ10gくらい、イムラック0.5gくらい
水:そこそこ
体重:うちの体重計で2.4kg
熱:耳からだ冷たい。
メルカゾールを飲んだ後6時間位はやる気なし。その後6時間は惰性。寝床を変える時とトイレに行く時以外はうろつかず。
コメント

がらぴん隠れる。

2006年02月28日 00時49分22秒 | 通院記録
今日も朝から病院通い。
早朝ゲーをした緑がかってた。胆汁。。。?

朝ご飯はクンクンするけど、×××。オーマイガ。

9時に日課の病院コール。
ゲーが緑だったこと。クンクンするけどどれも食べない。食べたいけどそれじゃない状態。。。こうなったらパカパカ缶に手をかける。ササミもゆでる。けどどれも撃沈。。。かろうじてカルカンの汁は舐めた。ムース系じゃなくて白身っぽい魚が食べたいのかな。。。診察して点滴するか決めましょうって事になったんで、病院へ。

熱を測ったら平熱に戻ってた。夕べはちょっと熱っぽかった。朝下痢してたけど体温計のうんP固まりかけてたから、今日は点滴はなし。
とにかく下痢を止めようって事で、対処療法だけどと整腸剤と吐き気止めを出してもらった。白い液体のやつ。じいやさんに聞いたラクトフェリの話をしてたら、それと同じ成分のだって言ってた。
こないだカロリーアップを強制給仕した時、右は普通に嫌がってたけど左はしみるみたいだったから、左の歯石の所の口内炎が痛いみたいって話をしてたら、自力で食べられない時は、強制給仕でa/dをあげてみましょうと強制給仕用シリンジを2本くれた。(内服薬代に含まれてそうな気もするけど)お皿にお湯を少し入れて、その上に茶こしを置いてa/dを裏ごしするやり方を教えてもらった。

家に帰ってきてもやっぱり食欲ナシ。うぅぅ。。。
メルカも飲ませなくちゃならない時間だし。10:30強制給仕決行。
「ガラちゃ~ん。頑張っちゃって~。明日は何食べるぅ~。なんでも好きなものあげるよ~。」
ってa/dを1/4あげて、白い液体飲ませて、メルカ飲ませて。

月末なので、クライアントさんに請求書を渡しに昼からでかけた。今月2月なんだよねぇ。28日しかないんだよねぇ。それに気がついたの昨日だったんだよねぇ。。郵便じゃまにあわなーい!1ヶ月あっという間だったなぁ。。。

結局あれこれ打ち合わせしたりして17:30に家に戻るとピーはしてたけどゲーはなし。なんか食べたがったんで、またアレコレ見せて反応みながら缶をあけたりカリカリだしたりしたけど、これまた撃沈。かろうじて猫公爵はふた舐めくらいと、ナチュラルチョイスのドライ アダルトフィッシュフレーバーは2,3粒口に含むけどこぼれちゃって本猫あきらめムード。しゃぁない。もっかいシリンジの出番がやってきた。再びa/dを1/4弱。お昼の時より緩すぎた。

激しく嫌がらないものの、やっぱり嫌らしく、チェストの下に隠れてしまった。。明日お刺身買ってくるから許してくれよ~。がらぴーん。

夜になってやっぱりなんか食べたそうにするし、夜のメルカと白い液体を飲ませる時間。もう少しだけなんか食べてくれないかなぁと本日3度目の強制給仕。20分かけて褒めちぎりながら食べてくれたa/dをわたくしのしっぱい給仕のせいで、ゲポッといってしまった。。。。ガックシ。ごめんよごめんよ。この時だけはがらぴんにごめんよと真剣にあやまりました。そんなに避けないでー。さみしーじゃんかー。

2回までにしておくんだった。強制給仕。

体重:2.3kg 明日いい日になぁれ。
緑のゲーは激しく気になる。。。うんぴは見事に黄色。トイレの砂をブルーノから獣医さん推奨白いカタピーに変えてみた。
明日も朝から病院に電話。少しでも上向きになってくれたらなぁ。。。

仕事仲間がSTUDIO 8を買ったと聞いた。うぇーーーん。あたしだってあたしだって、買いたいさぁー。確定申告して還付金が帰ってきたら、、、、、と夢をみてみる。
コメント

少し食欲が出てくれた

2006年02月26日 18時12分06秒 | 通院記録
昨日の夜はメルカゾールを中止した。朝はイミューンサポート1/4、ササミ一口、ナチュラルチョイス汁。ダメだよ全然。。
昨日から先生とは決めてたけど、朝から点滴へ。
今日は学会と言っていた先生と朝会う事ができた。
昨日の嘔吐は、2回の食後(強制給仕も)3時間経って食事の色の吐瀉物だったから、薬を飲んで吐いたという事ではない気がするとを話したら、やっぱり膵臓・・・?という空気になった。まだ調べてないけど。
体重:2.3kg, 熱37.8度。
体重の減りが普通より早いと言われた。これは亢進症の影響なのでしょう。

がらぴんを病院に残して一人で帰ってくると、家の玄関を開ける時が一番淋しい。いつも家にがらぴんが居てくれるから、外から帰ると(特にスーパーの袋を持ってると)どこで寝ててもすっ飛んで来て、激しいお帰りコールをしてくれる。「いやーん!やっと帰ってきたー!」としっぽの付け根をふるわせながら大声出しながらゴロゴロ喉を鳴らせて、爪研ぎをバリバリバリバリ。スーパーの袋の中身に興味津々なわけだけど。。。それでも嬉しかったりするんだよね。
がらぴんのお迎えのない家に帰るのはなんだか張り合いがない。

昼ごろ、カテーテルを入れてるわけだから、そこから血液検査の血抜けないのかなと思って一回電話かけてみた。検査は別の所から採血しなくちゃいけないからだめなんですって。なんだぁ...痛くなく採血できるのかと思ったのに。そしたら今日検査してもらおうと思ったのに。。。明日先生と相談してみよう。

夕方、がらぴんを迎えに行ってきた。10:30にメルカゾール1/4飲ませてくれたようだ。(院内内服1,050円って高いなぁ...)嘔吐もなかったそうで。家路に向かう。今日は雨なのでタクシー帰り。
玄関でキャリーからがらぴんを出してあげたら部屋まですっ飛んで行き、バリバリバリバリと爪研ぎ。出しっぱなしの腎サポを食べ始めた。よかった。食べたい気持ちが出てくれて。ササミをモクモク食べた。でも1/2本だったけど。でも自分からお腹空かせて食べてくれたからそれでいいのだ。夜またメルカゾールをあげる。

明日は今日よりいい日でありますよう。
コメント

横顔がかわいいから

2006年02月25日 18時29分12秒 | 闘病日記
正面にカメラを回したら、



変な顔してました。

朝ごはんにササミゆでてみたり、アレコレそれこれ開けてみたりしたけれど、結局腎サポ5g。だけ。
相変わらずピー。
9時に先生と電話。
昨日帰って来た時から少し疲れてるようだったから、今日はあんまり点滴に連れて行きたくなかった。今日は様子を見ましょうということにした。ただ、夕べメルカゾールを1/4飲ませたので、今日も飲ませた方がいいけど、もう少しごはんを食べてくれたら・・・でも食べなくても夕べが21時に飲ませてるから遅くても11時くらいには飲ませる事にした。
10:30ごはんを食べる気配はない。メルカゾール1/4を飲ませた。
3時間後ゲーピー。食欲なし。
リトルの贈り物でわけてもらったカロリーアップを少しお湯で溶いて液状にしたものを、100均で買ってきたプラスチックの先っぽを切って使う調味料入れに入れて口の横から与えてみた。容器は煮沸してみた。30分くらいかけてゆっくりと。特に嫌がるそぶりはない。飲んでくれた。ケド、、、、これまた3時間後にゲーピー。×××。。。でもピーのにおいがきつくなくなってきている気がする。

今のところ食欲が出る気配がない。
17:45先生に電話。明日は点滴確定。夜と朝のメルカは中止。
ゲーはいつも3時間前に食べたものの色をしてる。本当に消化がすごく悪そうだ。
体重はあきらかに落ちてる。けど今は寝てるし、計るとショックを受けそうなので今は計らない。でも食べてないわけだし、目もくぼんでる。間違いなく最小記録更新してる。

ごはん食べて欲しいなぁ。。。なんでもいいから食べてくれないかなぁ。。。
コメント (2)

点滴二日目

2006年02月24日 20時25分43秒 | 通院記録
顔はそんなに疲れてない。相変わらずがらぴんはきれいな顔してる。
昨日の夜はごはん食べたのに、今日はダメだった。朝病院に電話して今日も点滴。ちょっと熱があった。
がらぴんのいない家の中はつまらない。暖房もガンガンかける気もしなくなる。最近ずーっと家の中はポッカポカなので、昨日の夜なんてタンクトップで布団も掛けずに寝てた。わたしはどちらかというと冬の寒い空気の中首まですっぽり布団に潜るのが好きだ。
朝、先生とメルカゾール1/4を今夜からという話しになっていた。
そしてその夜が来たわけだけど。。。

さっきまたゲーピーしてた。それもトイレに入ってゲー。(うちのトイレはドーム型屋根付きタイプです。)
向きを変えてピー(大量!臭いなし。)。
もう少し食欲あれば、メルカゾールを決断できるけど、やっぱり今夜は決断できない。
少し熱もある。いつもより体の表面が熱い。迷う。迷う。迷う。。。でも今夜はきっと決断できない。
今夜は「いこたんいこたんがらぴんは世界で一番いいこた~ん」をメルカゾールの代わりに。

メルカゾールチョッキン用にでっかいハサミを貸してくれた。

体重:2.5kg
食べ慣れてて好きなものがいいかなぁとナチュラルチョイスシニア ポーチ1/2を半分残してるから1/4。
後でササミをゆでてスリスリしてあげてみよう。
ごはん用のシリンジも買ってあげよう。



つづき。22:00
ササミをゆでたら食べなかった。食べなかったからわたしが食べた。そしたら食べたがった。手のひらに食べかけのササミをあげたら食べた。スリスリしたササミを手に乗せたら食べない。と思ってわたしが食べた。そうすると食べたがる。また食べかけのササミをあげると食べた。
あたしが美味しい~って食べるものが食べたいらしい。でも仲良くササミを食べられてメデタシメデタシ。
メルカゾール1/4(かけてしまった糖衣の部分を除く)を飲ませてみた。1時間たって状態変わらず。このまま落ち着いてくれますように。
コメント (4)

はじめての静脈点滴と今後の方針

2006年02月23日 23時13分41秒 | 通院記録
今日がらぴんは初めての静脈点滴をした。今年に入って初めてづくしだなぁ。
でも、ご心配いただいたみなさま。がらぴんは今ぐっすり寝ています。落ち着いてます。大丈夫です。
右手には静脈点滴用のカテーテルがまだついてますけど、ぐっすり眠ってます。
「血管がカテーテルの針よりも細いから、なんども抜き差しすると血管が傷ついてしまうし、足は4本あるし他にも場所はあるにはあるけど、傷つけたくないからこれはこの子の命の綱。」先生がそう説明してくれた。

朝病院に置いてきたとき、「この裏切り者ぉーってがらぴんに言われちゃう。。」って言ったら先生はじめスタッフの人達が笑ってたけど、迎えに行った時、がらぴんはそんな事言わなかった。よかった。

家に帰って来て、ナチュラルチョイスのコンプリートケアポーチ、アダルトオーシャンフィッシュ&ツナを1/2袋(41.3kcal, 脂肪分5%)食べました。
そしてぐっすり眠ってます。

今日は、静脈点滴できてよかったと思ってる。
もともと脱水はずっとしていたけど、昨日セブンイー・Pでゲーピーで絶食してるし、なによりも怪我の功名、6時間ばかり病院で点滴をうけていたので、先生ががらぴんをその間観察することができたこと。これすごく大きなことだった。

お迎えに行ったら、
「やっぱり甲状腺機能亢進症が、ガラちゃんの一番の原因みたいですね。」
と言われた。
カテーテルを刺す時は嫌がったけど点滴は静かに受けてたらしい。でもその落ち着きのなさ、寝てると思ったらピキーンと突然起き出すこととか、先生がらぴんを観察していてくれた。嬉しかった。嘔吐はしなかったけど下痢はしたみたい。
亢進症があちこちに影響していて、下痢と嘔吐をしてしまってる。今は本当に胃腸が弱ってるけど、どこかでメルカゾールの治療の時期を決断しなくちゃならない。まるで先生が自分に言い聞かせてるようだった。
でもセブンイー・Pでこんな症状になったのは初めてだと言ってた。そしてメルカゾールの開始時期については、今日は止めて起きましょう。でも明日また朝状態を聞かせてくださいと言ってくれた。
だから、メルカゾールを途中でピタっと止めてしまっていることも悪影響を及ぼしてるんじゃないかと思ってる事、メルカゾールを飲ませていた時は、朝9:30に飲ませて夕方まではおとなしいけど、夕方過ぎに猫が変わったようにごはんごはんとハイテンションになってたから絶対1日1回1錠ではアップダウンが激しすぎると思う事を話し合った。
1日5mlという量自体は決して多い量ではないみたいだけど、がらぴんはその量で具合が悪くなったんだから、一般的な話じゃなくてがらぴんの話をしなくちゃならない。がらぴんは、他の子が副作用をあんまり起こさないセブンイー・Pで具合悪くなっちゃったんだから。
しばらく静脈点滴(電解質、抗生物質、ビタミン剤、強肝剤)が続くと思う。でも絶対大丈夫。皮下輸液の時よりあきらかにがらぴんのグッタリ度は低い。静脈点滴怖かったけど(あたしが)この子にはこの方が良かったのかもしれない。

がらぴんは、本当にいい子なんだ。本当に本当にかわいい子なの。今までどんな人でも、猫は苦手っていう人でもがらぴんは好きって言ってもらえるがらぴんなんだから。
昔、お外に出してた時、向かいの一軒家の結構厳しい大学生の娘のいる奥さん(ゴミ出す日間違えたら玄関の前にゴミ袋が返された。)と、がらぴんが行方不明になった時に初めて話したら、
「あらーあの子いなくなっちゃったの?私猫嫌いなのよ。猫は庭荒らすし、庭でうんちするし、庭に置いてある金魚捕まえて殺すし、でもあの子はいい子よね。庭に入ってくるけど悪さしないし、人の顔見ても逃げないで、ごろんごろ~んなんてしちゃって、なんか猫じゃないみたいって思ってたのよぉ。あら~」
なんて言ってたもの。
どんないたずらしても、怒る事なんかなかったがらぴんだもの。ずっと元気ながらぴんだもの。大丈夫。
きっと大丈夫。

小腸性の下痢で消化酵素が少ないなら、脂肪分の少ないごはんがいいですよねと先生に聞いたら、
療法食にこだわらなくても、ササミをゆでてさいてあげたりでも食べればそれでいいと思うと。
CoQ10をあげてみたいと聞いたら、それもいいかもしれないと言っていた。
密かに、セブンイー・Pが薬だからダメなのか、なんでも口から放りこまれるのがダメなのか、私的に切り分けたいともおもっているけど、きっと出来ない、CoQ10買ってみよう。少しでもストレスに強い免疫力の強い可愛いがらぴんでいてほしいのだ。
コメント (4)

予想通りといえば予想どおり

2006年02月23日 11時02分15秒 | 通院記録
昨日の14時からピーもゲーもおさまっていた。
けど朝6時、再びピーとゲー。ピーに血は混じってなかった。
9時に病院に電話して、まずa/dを1/4あげてみようという事に。

缶を見せるとごはんの所までやってきた。けど食べない。
においをかごうともしない。指にごはんをつけて妙に明るく「ガーちゃんどうでしょう?」って口に近づけても、喉を鳴らして少し口をクチュクチュするだけ。胃液の出過ぎ?そして「やっぱりいらない」と、ごはんの所から少し遠ざかって鳥みたいに座って、喉を鳴らしながらジーッとしてる。
ニュートロも試したけどダメ。同じ。喉はゴロゴロ鳴らしてる。

予想通りといえば予想通り。当然脱水は進んでる。
今は、病院で点滴を受けている。
「抗生物質に対するアレルギーは?」....ないと思う。
「ガラちゃんは検査結果には出てこないけど、複雑な状況だから慎重に対処します。」
17時にお迎えに行く。

体重:2.5kg
体温:38.7度(いつも低い低い言われてたけど、そうでもないじゃん。。。どういう事?)
しばらく点滴通いは続く事になりそうだ。
コメント

消化酵素の薬でゲーピーピーピー

2006年02月22日 16時13分47秒 | 闘病日記
ウソでしょ。。。ほとんど副作用のないというセブンイー・P錠で嘔吐と下痢。

昨日の夜食後に消化酵素のセブンイー・Pを飲ませてみた。そして朝ニュートロシニア缶1/4をあげたら、その後ゲボっと食べたもの&PPうんP。ゲーした後にも食べたがったので、ちょっと時間をおいてニュートロアダルトポーチを1/3あげて、どうしようかと迷ったけれどセブンイー・Pを飲ませた。するっと飲んでくれた。
ケド。マタ、ゲボットピーピー。。。
まじかよ。。。

病院に電話。わたしはかなりの電話魔だ。
Dr.「うーん。消化酵素で吐きましたか、、、。たまーに飲み薬全部ダメって猫ちゃんいるんですよね。。。。。うーーん。かわいそうだけど、、、、」

今日は絶食指導が出てしまった。(あくまでもこれ、がらぴんの場合ですよ。)
ガラちゃんは色々状況が複雑な事になってるから、下痢したからといって下痢止めって出来ないし、通院ストレスもあるだろうし、今日はゆっくりおうちで様子をみる。下痢がひどく続くようならお水もダメ。元気なようなら少しだけごはんあげてもいいけど、時間はあける。

がらぴんは、そのたまーにいる飲み薬が全部ダメっていう猫なの?
そしたらそしたらやっぱりメルカゾールで亢進症の治療もできないの?

がらぴんにも今日はごはん抜きだって事を説明して、飲み薬ダメなのか聞いてみた。
「・・・・」
答えてくれない。
飲ませ方がいやなの?飲まされるのがいやなの?薬を飲ませられた後のほめ方が足らないの?
それともキミは「薬なんて飲んでられるか~、自力で直すんじゃー。」って思ってるの?

PPゲリPは続く。ものすごいくしゃい。また電話した。

もしかしたらPPに血が混じるかもしれない。と先生に言われた。下血と血が混じるの違いも聞いた。脱水は、既に慢性的なものだから1日ならば大丈夫とは言われたけど、心配せずにはいられない。

どこかが炎症してるから白血球が上昇して、それなのに通院ストレスとかお薬飲ませられたりストレスがかかってって事はない?
確かにそういう可能性はあると思いますけど、白血球は一度上がるとなかなか下がらない。逆にどこかで炎症をおこしているのに白血球があがらない方が問題だと。。。確かに便のフィルム検査で消化酵素は少なかったし、消化管の炎症もあるでしょう。けど、今は食事を抜いて胃腸を休ませた方がいい。明日の朝9時に電話してください。状態によって点滴。。。

わたしがキシリトールのボトル缶を空けるたびに「ぅふぅん?」とカワイイ声で近づいてくる。お腹すいてきたみたいだ。

ねえ。がらぴんはどうしたい?本気で自力で直すつもり?
ほんとにほんとに協力してもらえませんかね?ガラコさん。
飲み薬飲まないと、ごはんも食べらんなくなっちゃうよ。

ごはんをあげちゃいけないなんて嫌だ。モリモリ食べて欲しいといつも思ってる。また痩せちゃうじゃないかぁ。それでさらに元気なくなったらどうするんだよぉ。「ごはんもくれない意地悪な人」って思われちゃうじゃんかー。だから今日はわたしもいろんな事をがまんする。

具合が悪くなると、その状態にあわせてがらぴんは寝床を変える。今はまたメルカゾール飲んでた時と同じ所で寝てる。投薬ストレスはベットの上なの?




<追記 17:15>
なるままさん。キュリオスソファーベッドがうちも届きました。さっきブログ書いた後、見てみたらベットで寝てくれてました~。確かにこの低反発は猫ちゃん気持ちよさそうです。肌触りも気持ちよしですね。がらぴんは情熱系なので赤が本当にお似合です。
コメント (4)

X線に心電図

2006年02月21日 20時00分44秒 | 通院記録
夕べわたしの帰りが遅かったからか、朝ご飯食べてからずーっといい子に寝てた。出かける準備を始めたら、起きてきた。
通院記録用の用紙(たまちゃんありがとう!)に、質問事項を入れて夕べの立派なうんP片手に、いざ病院へ。

■まず心電図。
念のためがらぴんがすやすや眠ってる時の心拍数と呼吸数をカウントしてあった。
<<心拍数>>
リラックス時(20/10秒 120/1分)
検査時   (213/分)

<<呼吸数>>
リラックス時(3~4/10秒)


心電図の表を貰ったけど見方がわからん。でも
QRS幅 29ms(正常範囲30ms)
QT/QTc間隔 179/210ms(QTc280ms)
QRS/P/T軸  -31/ ※/ 138度 (QRS軸:0~180度)
RII/SII値    0.12/0.13 mv

・ワンダリングペースメーカー(頻脈性)が見つからない。心拍数は180/分より早い
・左軸偏位[QRS軸が0度~-90度]

不整脈はなし。
心拍数早いけど、家にいる時は120/1分だから心電図はクリア。

■続いてX線。
がらぴんは小部屋に連れていかれた。ものすごい嫌がってた。
5分くらいで終わって、できあがりを待つ。
がらぴんのレントゲンを見せてもらった。横からと上から。
上からのレントゲンでは、とても小さいんでたぶん収縮時だと思うけど、心肥大だと厚みがあったりするので収縮時でも大きいですからとのことで異常なし。
横からのレントゲンも肋骨2~3本の間に写るのでそれも異常なし。

ということで、今はエコーはしなくていいと思いますという事だった。

エコーやってもらったら胆嚢・胆管も調べてもらおうと思ってたのに。。
で、胆嚢の話を切り出してみた。
ガ「あのう胆嚢って大丈夫でしょうか?」
Dr.「血液検査でALPが147だったから今は大丈夫。調べなくてもいいと思いますよ。あと便のフィルム検査がまだなのでもう少し待っててください。」
ガ「あのじゃぁこの間膵臓の消化酵素の事電話でおっしゃられてましたけど、アミラーゼ、リパーゼは?」
Dr.検査表を見て、「調べてないですね。。。」
ガ「あのそれじゃぁ、アンモニアは?」
これも調べてなかった。何か簡単な説明をされたけど、あんまり聞こえなかった。わたしの心が少しフタをした。

血液検査の表をもらって受付で便のフィルム検査の結果を待っていたら、少し意気消沈してしまった。。
心の声『なんで、前回異常値だったNH3、TBIL検査してくれてないんだろう。その前の血液検査の結果のコピーあげたし、一生懸命説明したのに。。。がんばれガラピニャーダ。これは自分の為じゃなくてがらぴんの為なんだから!』誰もいない受付でブツブツ言いながら通院記録の紙に今日の結果を書きながら待ってたら。
「ガラピニャーダさん、やっぱり酵素少なかったですよ」と診察室から先生が出てきた。
便のフィルム検査で、酵素が正常ならすぐそのフィルムが透明になるらしいんだけど、抜けが悪いので消化酵素が弱い。という事らしい。
明け方のうんPはものすごい立派だったけど、その前は軟便混じりだった。
Dr.「お薬飲めます?消化酵素のお薬で様子をみてみましょう」
[セブンイー・P]カプセル。人間用のだ。カプセルが胃で溶けないで小腸まで届かなくてはならないから、ごはんに混ぜたりできないんだって。
消化酵素のが弱いという事がわかったので、下痢は大腸性じゃなくて小腸性。大腸性の下痢は、食物繊維を取ったりした方がよくて小腸性の下痢ですよとの事。
3月1日頃に白血球をまた調べましょうって事になってるから、その時にアミラーゼ、リパーゼ、2/14にやってくれなかった検査をして貰おう。

帰り道、途中の児童公園で少しボーッとして、ミョーチキリンな即興の歌を歌いながら帰ってきた。

おくすり110番で早速お薬を調べてみた。
セブンイー・P
このお薬は消化薬です。脂肪やたん白、炭水化物を分解するいろいろな消化酵素が含まれます。胃腸や膵臓の不調による消化不良に広く用いられています。
副作用はまずありません。でも滅多にないらしいけど、重い副作用もあるみたいだ。
病院に電話した。
「消化酵素なんで副作用はないですよ」と。本当ぉ~?執拗にがらぴんを観察しておこう。飲み薬恐怖症なわたし。
食後に飲んだ方がいいみたいなんで、夜ごはんの後に飲ませてみよう。でっかいんだよなー。このカプセル。普通の人間のだもんなぁ。

■小腸性の下痢急性か慢性かによっても原因は異なるようだけど、慢性の場合の原因『炎症性腸疾患 腫瘍 食事性(体質に合わない糖分) 感染性(ジアルジア) 細菌過剰(長期間の抗生物質投与) 腸閉塞 リンパ管拡張症 消化吸収不良 甲状腺機能亢進症 肝臓病』絶対これだ。慢性だと確信してしまった。次の時このこと先生に言わなくちゃ。

体重:2.7kg 家にかえって軟うんP。病院、小部屋でレントゲン、嫌だったんだろうなぁ。
亢進症の治療はもう少しPending....

コメント (2)

絶不調後のはじめての長期外出

2006年02月21日 19時58分33秒 | 闘病日記
今年に入って始めて、つまりがらぴんが絶不調になってから始めてわたしが長時間外出。撮影の立ち会い。終わりが見えない...この撮影、毎回12時間近くかかる。
不安だ不安だ。不安だった。
撮影日が決まってからすこーしずつごはんの間隔をあけて空腹に耐えてもらうようにしていた。
そして、がらぴんはしっかり耐えててくれました。いつものごはんの所にごはんを少し出して置いてあげて、お腹がすくと知ってるごはんのありかを片っ端から探すから、キッチンの上に腎サポ10gも隠しておいた。
ずーっと「がらぴん、がんばってー」とテレパシーを送り続けた。
おうちに帰ってきたのは深夜。ものすごい勢いでごはんコールだったけど、ゲーもピーもなし。隠しごはんもしっかり食べてあった。トイレを確認したらうんPはいなかった。3時AM頃にものすごい立派なうんP。ホッ。そして明日は、こないだ予約してあった心臓の検査で通院。
コメント