がんばる。がらぴん+。

甲状腺機能亢進症と診断された猫(ネコ)ガラちょぴんの闘病日記とチビニャンズの成長記録

デス・プルーフ

2011年08月11日 23時18分37秒 | ニャダコのニャダ考
Death Proof - Chick Habit / Jungle Boogie


2007年の映画だけど、前にCATVで見たことあったんだけど、
なんだかすっごく見たくなってDVDを買った。

QTは好きだ。血もドビャーっとでるし、残酷なカットも出てくるし、
無駄話の場面がダラダラと続くんだけど、それでも好きだ。
特にこの映画はラストがすっごい好き。

カート・ラッセル演じるスタントマン変態ストーカーおやじ VS テキサス州オースティンGIRLS
カート・ラッセル演じるスタントマン変態ストーカーおやじ VS テネシー州レバノンGIRLS

カート・ラッセルがタイトルにもなってるデス・プルーフ(耐死仕様)の車で女の子達を事故に見せかけて殺す悪いヤツなんだ。
テキサスの女の子達の殺され方ったら、そりゃもう酷い。そこだけは画面が見れん。女の子達の乗る車にすごいスピードで正面衝突。いくら耐死仕様の車でもスタントマンでも自分も大けがをするんだけど、この男、懲りない。怪我が治った後、新しいデス・プルーフカーで別の女の子達を襲うのよね。でもこのテキサスの女の子達、強いのよねー。反撃されちゃうの。徹底的に。
カートが情けない泣きべそかくまで許さない。とどめに踵落としをお見舞いしちゃう。
あぁ~スッキリ。

そんなにバイオレンスな映画は好きな方ではないけど、たまにはね。

この映画自体がB級映画へのオマージュって企画で作られたも。
エンディングの曲 Chick Habit もフランス・ギャルの『娘たちにかまわないで』の英語カヴァー。ゲンズブールの曲ですよ。
France Gall - Laisse tomber les filles (1964)

コメント   この記事についてブログを書く
« ガブちゃんのあごニキビ -か... | トップ | ボニたんのお食事ルール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニャダコのニャダ考」カテゴリの最新記事