がんばる。がらぴん+。

甲状腺機能亢進症と診断された猫(ネコ)ガラちょぴんの闘病日記とチビニャンズの成長記録

ガラちゃんの誕生日

2011年03月11日 20時58分40秒 | 柄ネコがらぴん
今日はガラちゃんの誕生日。お刺身とお花を買いに行こうかなと思ったら、すごい地震。。。

うちはみんな無事です。いろんな物が落ちてきたけど。
猫たちは、ベッドの下へダッシュで潜って、危機管理能力の高さを見せてくれました。


ガラちゃん。20回目の誕生日おめでとう。
やっと買い物にでれたら、スーパーは早仕舞い。お花屋さんも早仕舞い。コンビニも棚は空っぽ...。
歩いて帰る人の群れ...。

広範囲で大変なことになってしまってるけど、みんなが無事で少しでも被害が軽い状態でありますように。





コメント

Happy Birthday GARA 19

2010年03月11日 00時35分15秒 | 柄ネコがらぴん
Happy Birthday - Sound Stevie Wonder by Rosa Viragh






今日、3.11はガラチョビンのお誕生日。
バーニャンが真夜中1時頃から朝までかかって、頑張って頑張ってがらぴん達を産んでくれた日。
あの日の事も、昨日のように憶えてる。
その大きな大きな存在は、人生が変わるキッカケを沢山くれました。
いつだって変わらず大好きだよ~。

4年前は一緒にトリノオリンピックを観戦したなぁ~。とか思いながら、感慨深くG&Bとバンクーバーオリンピックを眺めてました。

一緒にフィギュアのEXを見てた朝。



ちょいと個人的な、よんどころない、のっぴきならない事情で2月は更新を控えてました。
ネコバカさん集会に参加させてもらったり、豊川稲荷で厄払いする友人親子に便乗してご祈祷してもらったり。
あんなことやそんな事もあったけど、よんどころない事情が勃発してしまいまして...


ボニちゃんはガブちゃんに、ターッと背中をやられてギャッと飛びはね、次の日背中がハゲちゃったり、顔にパンチくらって眉毛の所が少し腫れちゃったり、鮪のお刺身食べて口の周りに赤いポチポチ作ったりしたけど元気です。
ガブちゃんはピンピン、というか相変わらずピョンピョンしてるし。

のっぴきならない事情で、しばらく更新が滞ると思いますが(あれ、いつもか)、整理がついたらまた更新したいと思います。
あたたかく見守ってくだせー。

コメント (4)

がらちょびんの誕生日

2009年03月11日 02時00分00秒 | 柄ネコがらぴん
3月11日はがらぴんの誕生日
1991年のこの日、真夜中に生まれた。

毎年確定申告の書類作りは古いwin機に入れてるソレ系のソフトで作っているので、この時期になると、ど古いwin機を年に1回電源を入れる。フォルダの中を探してみたら、少し懐かしい1999年の頃のガラちゃんの写真が出てきた。


窓から通りを観察中


見事な胴回り


ときどきポーズをキメてみる。




見事なお腹
この頃は「こんなに大きな女の子みたことなーい」って言われてた。7kg超のころ。
おっきーなー。ほんでやっぱりカワイイ。
どんなに時間が経っても、
姿を見つめることはできなくても、
3月の不安定な気候が、あの冬の記憶を呼んで胸の奥でザワザワしても
カワイイものはカワイイ。
なーんにも変わらない。

みんなみんなが、ゆったりまったり過ごせますように

おまけ
コメント (2)

がらちょびんがやって来た?

2008年10月14日 22時20分24秒 | 柄ネコがらぴん
それは、体育の日の出来事。


※写真は別の時、ヒザの上で手枕にグルルルルーなガブちゃんデスヨ



人間ベットの上で、くつろいでたG&B。
突然ガブちゃんだけが、眠っていたのにムクっと首を上げ玄関へ続く廊下の方を警戒しはじめた。
わたしはお休みだし、ケーブルで録画してた東野圭吾特集の映画『手紙』を見てたので、
「ガブちゃん、どしたの~?」
なんて、あんまり気にしてなかったんだけど、ガブちゃんは頻りに廊下を気にしてる。


そのうち、人間ベットの下に隠れちゃったりして。
「大丈夫だよ~」と廊下に誘っても出て来ない。

その頃ボニちゃんと言えば・・・。

ちょっと寝場所を移動したけど、とっても気持ち良さそうに、そらもう気持ち良さそうに眠り続けてた。



ガブちゃんだけが敏感に気配を感じとったらしい。

ボニちゃんなんか、たまに薄目を開けるけど、
まーーーーーーったくなんにも感じないんだって。


そんなガブちゃんを見て、すぐにピーンと来たさ。
「なにやってるのかな?」って気まぐれにやってきたカワイコちゃんの事。
ボニちゃんは、気付いてないんじゃなくて、がらぴんだから安心してたんだよね?きっと。
だって虫とかだったら一番最初に騒ぎ立てるのはボニちゃんなんだもん。

ガブちゃんが落ち着きを取り戻すまで、その後1時間くらい。
その間ボニちゃんは落ち着きはらったまま。

ガブちゃん、そーんなに警戒しなくったっていいんだよ。
行動はジャイアンなのに気は小さいのう。
そして、ボニちゃんは行動は慎重なのにねぇ。おかしいねぇ。
映画『手紙』も泣ける話だったけど、わたしはそれ以上に泣き笑いの体育の日でした。


ガブちゃんだけでもボニちゃんだけでも気付けなかったであろう、愛しい可愛いがらぴんが遊びに来た嬉しい体育の日だったのでした。
コメント (4)

Happy Birthday 愛しのがらぴん

2008年03月11日 23時12分21秒 | 柄ネコがらぴん
ガラちゃん、ガラちゃん、ガラコぴん

今日はがらぴんとわたしが出会った日。

がらぴんがこの世に生まれた日。

なんとメデタイ。日でありましょう。


「もしもし、ガラちゃん?聞こえますか?」




「今も、これからも変わらず、がらぴんはスペシャルなニャンコさんですのよ。
 今も、これからも変わらず、わたしの大好きなお師匠さんなんですのよ。
 知ってる?」



「知ってる」ガラ




バーニャンが、ベットでがらぴん達を産んだ時、
ビックリしたし、なんにもできなかった。
たぶん初産だったのに、バーニャン最初は「なんか変!ニャダコ助けてっ」って助けを求め人間ベットに登ってきたけど、その後は、元気なベイベを5ニャン産んでしっかり育てた。

その時、たぶんバーニャンが

「この女、信用してもよくってよ。なーんにも出来ないけどね」バーニャン
とか、教えてくれたのかな。
とか、思っちゃう。


あれから17年。

がらぴんと、いっつも一緒に居たくって、その為にがんばって、フリーになって家で仕事もするようになった。
今のわたしがあるのは、ホーントがらぴんが居てくれたからなのよ。

++++++

Stevie Wonder - As(←YouTube)

(Songs In The Key Of Life. 対訳:小倉ゆう子)

That I'll be loving you always
僕はずっと君を愛していこう

Until the rainbow burns the stars out in the sky
虹が空の星を燃やし尽くすまで
ALWAYS
ずっと

Until the ocean covers every mountain high
海が全ての山々を覆うまで
ALWAYS
ずっと

Until the dolphin flies and parrots live at sea
イルカが飛び、オウムが海に住むまで
ALWAYS
ずっと

Until we dream of life and life becomes a dream
人生を夢見て、人生が夢になるまで




Lyrics All
コメント (14)

予約した『なるフェイ』ですが

2007年10月08日 23時59分59秒 | 柄ネコがらぴん
体育の日にフェイちゃん&なるとちゃんとご主人様達のおかげでフェイママとなるままさん3人でランチを食べにいきました。

場所は青山のセレブ・デ・トマト
なにからなにまでトマトなレストラン。
予約する時「はて、なんて名前で予約しよう...」と、ふと思っちゃってガラピニャーダで?
いやぁ、それは恥ずかしい。
ホントの名前でもいいんだけど、それもなんだか照れちゃうし、
そうだ、みんなの名前を合体させよう!

なるとちゃんの"なる"とフェイちゃんの"フェイ"合体して「なるフェイ」!ですが

口ごもった感じで言えば「ナルヘイ」に聞こえる。なんか名字っぽーい!
そんな予約の名前なんてなんでもいいと思うけど、そういうちっちゃなどうでも良さそうな事を、あたくし日がな一日考えておりますの。
入口でみんながそれぞれ「予約したナルヘイですが」って言ってから入るなんて、なんだか楽しいわぁ~。
ちょっとくだらない事にワクワクしたりしながら予約をいれた。

お料理はやっぱりトマトがセレブで美味しかった~。
でもしゃべったり話したりに大忙しですっかり写真は忘れちゃった。
時間が経つのがものすごい早く感じちゃうくらい、みんなニャンの話や甲状腺機能亢進症についておふたりとお話しさせてもらった。

がらぴんが甲状腺機能亢進症という病気とわかった時、同じ病気のフェイちゃん&フェイママとなるとちゃん&なるままさんのおふたりにはいろんな事を教えてもらい「一緒にがんばりましょう!」と励ましてもらった。

その言葉にどんだけ勇気と希望をもらったことでしょう。

なるままさんがこのブログを見つけてくれて、わたしが知らない病気のことを教えてくれた。
メルカの飲み始め、肝臓の数値が高いがらぴんを心配していた時になるとちゃんの飲み始めから半年間のT4とGPT/ALTの数値を抜き出してメールで教えてくれた。「T4が落ち着けばきっと肝臓も落ち着いてくる」と。

フェイママは老猫会の甲状腺スレッドでもお名前を拝見してて、この病気を理解している獣医さんが少ない中、愛しのフェイちゃんの為、ネットを屈指して病気に対する理解を深め分析してる。病気の事ももちろんだけど、フェイちゃんをすっごい愛してるフェイママて、すごい!と憧れてた。今も憧れよ。

そんなお二方の大きく共通してる所は、本当にフェイちゃん、なるとちゃんを愛していて、どちらのお宅でもNo1の座に君臨してるのは言わずもがな猫ちゃん達なのだ。
そしてお二方ともに聡明で奢りがなくて、猫が好き。
がらぴんの事も本当に可愛いって誉めてくれる。(がらちゃんは本当に可愛いんだけどね。)

可愛い♪可愛すぎる


なるとちゃんとは念願のご対面も叶ったし、フェイママには小さくなったがらぴんを抱いてもらった。
がらぴんと今は心の中でしか会えないけど、今も闘病中のフェイちゃん&なるとちゃん。
がらぴんのおかげで素敵なおふたりに知り合う事ができた。
ありがとうね。キラキラカワイコちゃん。

甲状腺機能亢進症。
人にも同じ病気はある。
人の場合はわりと若い時から甲状腺機能亢進症とわかって治療をされてる方もいたりするから緩解する例も少なくない。
けれど猫の場合は高齢になってからなる場合が多いので、猫さんのカラダに与える影響は人の場合とは大きく異なる。

全身に影響を及ぼす病気だから、体内の甲状腺ホルモン量の目安になるT4検査をして抗甲状腺薬の量だけを調整していれば大丈夫というわけでもない。
それまでT4が安定していた量の抗甲状腺薬を続けていても突然数値が跳ね上がってしまう場合もある。
T4が高くなってしまうということは、心臓や肝臓、他へも影響を与えてしまうということで、ごはんの量や体重の増減、全身の状態を細やかに見守ってあげなくちゃならない。
T4が安定していても、PLTが低くなりすぎてしまったり、ごはんを食べなくなってしまったり下痢や嘔吐がひどくなればお薬を止めなくちゃならないような事にもなる。
ホルモン調整ってのは本当に難しく、休薬することで下がってしまったPLTや食欲などが戻ってくると今度はT4が跳ね上がる。

知れば知るほど、先手を打ちたくなるけどそのタイミングを見極めるのは素人には難しい。
だから信頼のおける獣医さんとしっかりタッグを組んで大切なコを守ってあげなくちゃならないんだよね。
だけど獣医さんがどのくらいこの病気の臨床経験を持ってるんだろう。
ネットの医療相談のあそこでは「メルカゾールの副作用はない」とか書かれてたのを目にしたこともある。
※副作用なくはないです。嘔吐や下痢、血小板の減少などあります。

なるとちゃんの先生がおっしゃっていた事を教えてくれた
「抗甲状腺薬を飲みたくても飲めないコだっている。
 下痢や嘔吐がひどかったりしてお薬を止めなくちゃならないわけじゃない。
 だからがんばりましょう」
投薬を続けていても、注意していても突然どこかの器官が良くない時、飼い主さんは自分を責めちゃう。
そんな時、こんな言葉をかけてくれる先生って素敵。
その言葉をきっちり受け止めることができて「よしっガンバロ」と背筋を伸ばすなるままさんも本当に素敵ななるとちゃんのママ。

フェイママのおうちには聖域とも呼べるコタツが1年365日あるのだそう。
大好きなコの嫌がる事はしたくない。本当にそのコが大好きなら誰もが思うこと。
けど、投薬をせずフェイちゃんをひとりぽっちでがんばらせるわけにはいかない。
それだけは、フェイちゃんにがんばってもらって、あとはなるべくストレスのかからないように工夫をされてる。
フェイちゃんが安らげる聖域。それがコタツの中。
フェイちゃんが絶対に安全で安心できる場所をきちんと作ってあげてる。
フェイママがフェイちゃんの為にしてあげてる事ってもっともっとたくさんあるんだろうね。
そしてそのどれもをフェイママは喜んでる。
お世話できる喜びを知ってる人。

がらぴんは女同士の会話にすぐ首をつっこんで参加するコだったから、きっとこの日も参加してたかな。
一緒に喜んでくれてたかな。

コントロールが難しい甲状腺機能亢進症という病気だけれど、
どうかがんばって。

お食事会楽しかったしためになった!って書こうと思ってドンドコ脱線したけど。
がらぴんとガラピニャダコから愛を込めて
Let's get together and feel all right.




「予約したナルヘイです」って言わせてゴメンナサーイ
これに懲りずに、またあんなトコやそんなトコにも行きましょうね。
コメント (8)

"ねこまつり"とクロマメさんを訪ねて

2007年03月24日 23時59分59秒 | 柄ネコがらぴん
がらぴんが『甲状腺機能亢進症』と診断された時、必死でネット検索をして同じ病気でがんばる"くろまめちゃん"の闘病記と出会った。
本当は稀な病気ではないのだと思うけど、看病しながら仕事してって中でなかなか情報が得られずに居た時にはじめて出会った闘病する猫さんと飼い主さん。その存在にどれだけ勇気をもらったか。

クロマメさんは、絵を描くお仕事をされてて、ブログ「犬・猫」絵描きのボソボソに、クロマメさんが絵を描かれた、猫にまつわる句画随筆『あちこち草紙』の原画展「ねこまつり」の告知が出ていたので、最終日におじゃましてきました。
カメラ持って行ったのに、写真撮るのも忘れて帰ってきたので、写真はないんだけどぉ・・・。
クロマメさんは、その作風から滲みでてる通りの優しい感じの方で、時間の経つのも、お茶もケーキも食べたことを覚えてないくらい病気のこと、猫たちのこと、お話しさせてもらった。

クロマメさんは今、腎不全と闘うチャーちゃん。亢進症と闘うクロマメちゃんの2ニャンの看病をされている。
2ニャン揃ってこの所あまり調子がよくないんだそう。
くろまめちゃんは、たぶん今年19歳。2年間亢進症の治療を続けてる。
今回T4とFT4の値が急に低下してしまったそうで今は薬の量を減らして様子を見ているのだそう。
チャーちゃんは、この所体重も落ちてしまってとても心配。
どうかくろまめちゃんとチャーちゃんの時計がゆっくりゆっくりと流れてくれますように。
がんばれ。

くろまめちゃんの闘病記は、森田あずみさんのホームページ犬・猫闘病記
コメント (2)

見っかっちゃった?

2007年03月11日 23時59分59秒 | 柄ネコがらぴん
モニタの上で寝てたのに、突然しっぽを太くしてなにかを見つめるガブリエラ。
あんまりシッポを太くする機会なんてないからさ、
速攻でカメラをかまえてみた。



部屋から、玄関の方に向かっていく。
この時、ボニちゃんは乾燥機の上で寝てた。
ガブちゃんは、下の方を見つめながら用心深く進んでく。


あらやだ。太いしっぽも*もカワイイわぁ~。なんて思いながら、
「ガブちゃん、どしたの?」って聞いてみたら、くるりと振り返って戻ってきた。



写真、見切れてる....


もしかして、もしかすると、もしかしちゃうの?うふふふふ。



キラキラカワイコちゃんに気付いたの?

そんな我が家の祝日の出来事でした。

さぁて、がんばってお仕事しなくちゃだわぁ。
コメント (4)

潜るコ、乗せるコ、交ぜてもらうヒト

2007年03月10日 22時41分23秒 | 柄ネコがらぴん
近頃ボニちゃんは潜るのがブーム


「あぁぁ、あったかいぃぃ」

ちょこっとだけ顔を覗かせて、ちゃんとあたりを見回したりもしてます。

なんか3月は、いろんな事を考えちゃう。
確定申告の準備しなくちゃならないから、1年分の領収書の整理とかしながら、1年を振り返ってるといろんな事を思い出す。
それでつい涙が出ちゃったりする時もある。

去年の今頃、胸が押しつぶされそうな毎日だった。
去年の冬は寒かった。暖房と加湿器フル稼働の家の中でわたしはタンクトップに短パンで過ごしてた。
16年前の3月11日明け方、わたしは生涯忘れられない出会いをしたんだよね。
そしてさ、がらぴんとの出会いがあったから、いろんな事を教えてもらって考えることができて、
同じようにがんばってる猫ちゃんや飼い主さんがいることを知り、励まされ強くなった。
がらぴん以前より、わたしは少しは成長したのかな。
だからG&Bとも出会えたし、命についていろいろ考えることができた。
何がシアワセで、何がどうでもいいことなのかの基準が少し変わったかもしれない。

がらぴんと一緒にキラキラのシアワセでいっぱいの毎日を送ることができたし、今もG&Bと愉快で楽しい毎日を過ごしてる。


寝てるわたしの頭の上にアゴを乗せるガラコさん(左)
仲良くしてるG&Bに交ぜて交ぜてと首を突っ込むにゃだこ(右)

明日はがらぴんの誕生日。記念すべき日。
ガラピニャダ家の祝日。
コメント (14)

大晦日

2006年12月31日 15時06分31秒 | 柄ネコがらぴん
がらぴんのゲーゲーがひどくなったのも、急に痩せだしたのも思えば去年の12月。
お正月に一緒に実家に帰った時のがらぴんは全く眠れず、ごはんを食べても吐いてばかりだった。
そしてお正月明けに病院行って....あれから一年。
がらぴんはいろんな事を教えてくれて、ピャーっと駆け抜けてった。
いつまでも大好きだよ。キラキラのかわいこちゃん。
来年もがんばるよ。

がらぴん、G&Bは、ハタキは興味津々だけど、掃除機まだ大嫌いだってさ。
逃げ回って、疲れて笑いながら眠ってるよ。






みなさま。一年間見守ってくれてどうもありがとう~。
来年もどぞ4649ですー。
よいお年をお迎えください。
コメント (6)