家づくり、行ったり来たり

ヘンなコダワリを持った家づくりの記録。詳しくは「はじめに」を参照のほど。ログハウスのことやレザークラフトのことも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バッグが完成

2005年07月02日 | レザークラフト
ワークショップ稼動第一号となった妻のバッグがようやっと完成した。
ヌメ革を手縫いしたモノ。
前面と後面に大きくポケットをとってある。スナップで開閉する。
本体はファスナーで開閉する。
ヌメ革なので最初はデリケートだが、日焼けさせるとだんだんあめ色になって表面も丈夫になる。

私の「作品」(笑)のコンセプトはだいたい
「素朴」「愛嬌」「丈夫」「便利」
である。
使う人にいろいろな意味で安心感を持ってもらいたいと考えながら作る。


次の作成予定は
免許証ケースである。



コメント (15)   この記事についてブログを書く
« 家の寿命 | トップ | 「センセイ」もアリ »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うさぎあれるぎ)
2005-07-02 19:44:28
こんにちは、はじめまして。



mixiから足跡たどってきました~!!



かばんすごい!!

ものすごいきれいだし洒落てます。

すごい~

僕も頑張らないと…。



次回作も出来たら、ぜひアップ希望です。

お願いします。



突然ですいません。

おじゃましました
いらっしゃいませ (garaika)
2005-07-03 13:19:59
うさぎあれるぎさん、こんにちは。

コメントいただいて、さらにおほめいただき、光栄です。



うさぎあれるぎさんのmixiのページは何回か覗かせてもらってます。カッコいい作品作っているなあ、と思ってました。



レザークラフトって、面白いですよね。

私の場合、装飾的な要素より、全体の造形の方により興味を持っています。

そのせいか、構想を練って型紙を作り終えるまでに時間がかかる(笑)。

だけど、その時間が楽しかったりします。



次回作は小さなものなので構想が固まれば、案外早くアップできるかも知れません。



また、おいでくださいませ。



テクニックについて情報交換できるとうれしいです。何せこの世界、教科書が不足してますので・・・。



Unknown (うさぎあれるぎ~)
2005-07-03 22:43:49
こんばんは。



僕もおほめにいただきありがとうございます。



教科書少ないですよね…。

しかも、妙に値段高いですし…。



プロのかばん屋さんの開催してる教室なんかに行くとすごい上達しますよ…。

でも、がらいかさん忙しそうですね…。(笑

新幹線通勤…(すごい!!)



次回のものも楽しみにしております。

それでは、おじゃましました。
うほっ!! (chiezokun)
2005-07-05 09:21:39
出来ましたね~♪もろ好みだったりします!!

まちの部分がたまらないわ。

ああっ、出来ることなら手にとって見てみたい。



コンセプトの「素朴」「愛嬌」「丈夫」「便利」は私の目指しているものです。



免許証ケースって物自体シンプルだけに、どんな感じになるのか、興味深々です。

私がダンナに作ってあげたものとは、比べ物にはならないんだろうな。又ぜひアップしてくださいね。



garaikaさんにオーダーする為に?ダイエットがんばってます。

少しずつ、成果は出ているようですがまだまだです。

ヒップはちびっとアップしてきたかな。

早くオーダーできるようにがんばります。

そうそう・・・お金も為とかないとね。





ありがとうございます (garaika)
2005-07-06 00:04:11
chiezokunさん、コメントありがとうございます。



考えるコンセプトが似ていることが評価につながったのでしょうか。

単純にいえば好みが似ているのかもしれません。



免許証ケース、まだ構想が固まっていませんが、やはりヌメ革主体で考えています。ただし、今回は染めるかも。
プロ! (ノアノア)
2005-07-07 09:51:17
完成品の画像を見て、スゴイなぁと思ってましたが、chiezokunさんが言われてる「出来ることなら手にとって見てみたい」という感じですね。



>ただし、今回は染めるかも。



染めまでされるとは思いませんでした。

ホントに一通り全て自分でされてるんですね。

お見逸れしました!
お見逸れに加え (m-louis)
2005-07-07 19:59:58
ノアノアさん、これでさらに garaikaさんと直接お会いすると尚更なるほど~ってなると思いますよ。

私には鞄そのものが garaikaさんに見えてしまってしょうがない(笑)

garaikaさんのお人柄がそのまま現れている鞄だと思います。
どうもです (garaika)
2005-07-07 22:15:38
ノアノアさん、

革製品って触るほどに愛着がわいてくるところが私は好きです。

革の染めは私の場合、単調なのでそんなに難しいことはやってません。



m-louisさん、

この四角っぽい、ぼてっとしたところが私の風貌に似ているのかも(朝妻さんほどではないですけど)。

だけど、時にはシャープなものも作るのですよ(笑)。

Unknown (semi166)
2007-02-15 12:50:04
以前の作品にもコメントを、というリクエスト?を真に受けて。(笑)
こんな素敵なバッグをだんな様に作ってもらえる奥様は幸せですね。
コンセプトに「愛情」も含まれていそうです。

昔母がレザークラフトにものすごく凝っていたことがありました。とても素人っぽくてgaraikaさんの作品の足元にも及びませんが。
そんな母も今は父の介護でおちおち寝ていられないみたいです。
そんな母が昔使っていた道具を拝借して私が始めようかと考えている親不孝な娘です。(汗)

でもこの頃、何か作りたい!そんな創作意欲に燃えていまして。
garaikaさんはレザークラフトを始めて何年くらい経つのでしょうか?
 (garaika)
2007-02-15 23:56:36
そうか、これにコメントつけますか。ちょっと照れるなあ。

愛情、たしかにそれは重要です。ものづくりは愛こそがなくてはならないと言ってもいいです。
妻の喜ぶ顔をイメージすれば作るのにも力が入ります。力が入るということは妻を愛しているということでして…。
貧乏性なんで、高価なブランド品はもったいないと思う、そんなせこい愛だったりするのですけど。

創作意欲、いいですね。
なんでもいいから作りましょう。ものづくりは楽しいですよ。

レザークラフト暦は内緒です。腕の割に恥ずかしいくらい長いです。
参考書がほとんどないころからやったので、初期はとんでもないやりかたをしておりました。
レザークラフト人口はまだそんなに多くはありませんが、昔と比べればとてつもなく広がっている感があります。

コメントを投稿

レザークラフト」カテゴリの最新記事