家づくり、行ったり来たり

ヘンなコダワリを持った家づくりの記録。詳しくは「はじめに」を参照のほど。ログハウスのことやレザークラフトのことも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

家のデザイン

2006年03月08日 | 家について思ったことなど
靴選びの専門家であるシューフィッターという職業がある。
履く人の足の形状に合う最適な靴を選んでくれるのだが、あるシューフィッターがこんな発言をしていた。
「靴はデザインで選ぶのではなく、足に合ったものにすべきです」
理解はできる。
しかし、である。
気に入らないデザインの靴しか自分の足にフィットしなかったとき、その靴を買うだろうか。私は買わない。許容できるデザインの靴のなかから選ぶだろう。だからその発言をすんなりと受け入れられなかった。
いい靴とは足にフィットして、かつ、その人にマッチしたデザインであるべきだ。

家というものは靴よりかなり長い年月に渡って使うものだから、自分にフィットしてマッチしたものにすべきという切実度合いはさらに強いのではないだろうか。

私はデザインだって家の性能の一つだと思っている。流行のオシャレなデザインが必ずしもいいとは限らず、その家族に合ったデザインというのがあるはずだ。

私は古屋を残すという事情があったこともあるが、流行の出来合いのデザインでよしとすることはできなかった。

「普通の人間だから普通の家でいい」とかいって、外観にこだわることを揶揄するような人々がいるが、そういう人がデザイン以外の性能には妙にこだわっていたりするとなんだかなあと思う。
デザインも含め、それぞれの性能は良いにこしたことはない。しかし、すべての性能を最高級にしたら資金がかかりすぎる。だから、こだわりと妥協のバランスを探る。その均衡点は人それぞれで違っていいと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« きょうはミシンの日 | トップ | 非本格的な花粉症対策 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
デザインと機能 (asazuma)
2006-03-11 08:26:09
どうも!朝妻です。



TBさせていただきました。
デザインも家の性能 (LaLaLa)
2006-03-15 08:10:23
と言う言葉、理解できますよ。



どんなに使いやすくても、見るたびに気分が滅入るようでは、せっかくの機能も台無しですもんね。

性能を優先させるとデザイン面が落ちてしまう事があり、妥協点に迷う場面がありました。

そこを上手く切り抜ける提案をするのが建築家の腕の見せ所でしょうか?



こちらに伺うのは久々になってしまいましたよね。

実はBLOGを引っ越ししたんです。

良かったら遊びに来てください!

もう (garaika)
2006-03-15 21:49:59
LaLaLaさん、どうも。



blogの引越し、知ってましたよ。

引越し後、数回覗いてますし、bookmarkも更新済みです。

今度はサクサク開いて良いではないですか。前のは正直重かった(笑)。



また、コメントしますね。

コメントを投稿

家について思ったことなど」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

デザイン と 機能(性能) (建築プロデューサー 朝妻 義征)
garaikaさんの『家のデザイン』にTB 今回は『靴』選びを例えに出してのエン...