家づくり、行ったり来たり

ヘンなコダワリを持った家づくりの記録。詳しくは「はじめに」を参照のほど。ログハウスのことやレザークラフトのことも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

引っ越し前哨戦

2005年03月02日 | 我が家のスペシャルな事情
前回、報告したとおり単身赴任生活に別れを告げた。
と、それに伴って「引越し」というイベントが自然発生。
この前の週末はそれに忙殺された。

人事異動によるものなので、当然、オフィスの資料・道具も引越しで、週明けで月末でもある月曜日はその作業も否応なく、やらざるをえなかった。

もう当分、ダンボール箱は見たくない気分だが、東京から届いたダンボール箱が仮住まいにうずたかく積まれている。
半分以上はダンボール箱のまま、新居に移動するわけだが、一部は開梱しなければならない。

かんべんしてほしい、と愚痴りたいところだが、これから最後の一番大掛かりな引越しが控えている。
愚痴っているとパワーが減退しそうなので、今回の引越しで、次回に備えた予行演習ができた、と思うことにする。
手順など、いくばくかの段取りは予習できたはずである。

とはいいつつ、このへとへと状態のなか、ポジティブシンキングの力も衰えている。そう簡単に割り切れそうにない。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 報告 | トップ | 足場撤去--インパクトの大... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どうも!朝妻です。 (朝妻)
2005-03-02 22:40:21
gairaikaさん、お疲れ様です。



そこで家づくり成功のために必要不可欠なもの。

その際たるものは、ズバリ 『体力』 である。



“本”の件、m-louisさんのとこのコメントをご覧ください。

お疲れ様とはまだ言えないのでしょうが、、 (m-louis)
2005-03-02 23:59:39
色んなことがいっぺんに重なって大変そうですね。

何となくこれを読んでて自分が引越作業してたときのことが読みたくなって、ついでにこちらにトラックバックまでしてしまいました。もう半年以上前になるんですが、懐かしいです。っていうか、うちは計3回にわたって引越屋に来て貰ったんですが、当時忙殺されてたこともあって、2回目と3回目の引越についてはブログで何か触れる余裕もありませんでした。これからでもちょこっと書こうかな。



くれぐれも家族の皆様含め腰を痛められないよう、、



それと一応引越終わった者の視点でポジティブシンキング出来そうなことを一つ付け加えますと、極限状態に追い込まれる引越時のドタバタはあとあと家族で笑い話にするネタがたっぷり生まれるってことでしょうか?(笑)



あ、レスは大変そうですので、なくてOKです。
わかります (yudo)
2005-03-03 11:04:32
自慢じゃありませんが、うちも引越しがおおかったです。10回以上転々と。お陰で引越し貧乏になりました。



あ、いえ、おたくは、ますます繁栄します。

わかります。
Unknown (Unknown)
2005-03-05 20:07:42
>朝妻さん、

まさに「体力」勝負ですね。

しかし、歳を思い知らされるこのごろで・・・(笑)。



本の件、メールしました。よろしくおねがいします。



>m-louisさん

その、ポジティブシンキングネタを励みにがんばります。



m-louisさんの引っ越し、読ませていただきました。

楽しそうで、ほほえましく思いました。



>yudoさん

なんと引っ越しの達人だったのですね。

ウチの引っ越しの手伝いに来ませんか(笑)。

ログのゲストハウス用意してますよ。



達人ではなくて/// (yudo)
2005-03-07 18:38:38
Unknownさんに招待されれば・・・

行かずば・・・



でも、ほんと今度はビル建替えの立ち退き通告を受けましたから、あと2回は引越ししないと・・・

もう、どうにでもしてくれって開き直ってますよ。
yudoさん (garaika)
2005-03-08 08:38:16
あんまり、いじめないでください。

Unknownは疲れ果てたgaraikaの別ハンドルネームです(笑)。



ビルの立ち退き、大変そうですね。浅草橋へは趣味の関係でたまに行くことがあるのですが、yudoさんとすれ違ったりしてたかも。

コメントを投稿

我が家のスペシャルな事情」カテゴリの最新記事

トラックバック

引越1回目前日 (谷中M類栖)
引越を翌日に控え、この日はデジカメで何か撮ってる余裕など全くなかろうと、谷中に置いて行ってしまったのだが、今にして思えばちょっとした休憩中でも撮ることはできたのだから、作業時刻の記録装置という意味でもやはり持参すべきだった。 ともあれ、この日の作業は我ら夫