家づくり、行ったり来たり

ヘンなコダワリを持った家づくりの記録。詳しくは「はじめに」を参照のほど。ログハウスのことやレザークラフトのことも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

子供部屋

2005年03月28日 | 我が家のスペシャルな仕様
うちの子供は現在小学生。
男子1女子1の2名からなる。
新築にあたって、子供部屋を作った。

 子供たちに部屋を与えるにあたって、はっきりさせたのは、あくまでもこの部屋の持ち主はお父さんとお母さんであるということ。
社会人になるまでは何の負担もなしに使ってもいいが、社会人になったら、相応の負担はしてもらう。負担がいやだったら、どこかに自力で部屋を借りればいいと言うつもり。
 社会の中で自分の家(居場所)を持つということの意味を教える狙いがある。学校では教えてくれないから親が教えなければならない。
そういうことを徐々に教えておかないと、平気な顔で当然のようにパラサイト生活するような大人になってしまうのではないかと危惧している。

 居場所のあることのありがたさがわからない人間は、家族に感謝するということもできないのではないかと思う。
「衣食足りて礼節を知る」という言葉があるが、衣食住の「住」が抜けているのは住が足りても礼節とは関係がないからだろうか。
子供部屋が与えられるのがあたりまえのようになって、感謝の心を失った子どもたちが増えているように思えてしかたがない。


<設計・生活にあたっての大まかな決め事>

・部屋は狭くていい。勉強しやすさと寝やすさを重視して、遊びやすさは、さほど重視しない。他の場所で遊べばいい。
・カギもつけない。親である私たちの部屋にもカギなんてつけないのだから。そのくらいの信頼感がない家族などにはなりたくない。
・外から部屋に居ることを分からせる仕掛け。いわゆる「けはいを感じる間取り」というヤツである。明かりがもれれば、何をやっているかはわからないにしろ、何かをやっていることはわかる。これは欄間という形で実現。
・テレビは置かない。篭りっきりにさせないためである。たまには篭ってもいいが、ずっと篭っていれば不健康だ。別に引きこもりでなくとも、テレビがあったら、部屋の中に居続けてしまうということはありうる。ゲームも無制限にできてしまうし・・・。
ちゃんと家族共有の場所にテレビを複数台置くのでそこで見ればいいのだ。
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 吊り収納 | トップ | 普請道楽をしやすい時代かも―... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
親の責任 (ノアノア)
2005-03-29 16:52:33
子供部屋が一番アタマを悩ませました。

うちは三人、女・男・女、年齢差もあるし。

先をよんで設計したつもりでも、こればっかりは、ある程度の年月が経ってみないことには何とも言えないのかな。



各個室もあって、ファミリールームという遊び場もあって。これは贅沢なことなんだと、もっとキチンと教えておく必要があるなと考えさせられました。

パラサイトされちゃ大変ですから。
ノアノアさん (garaika)
2005-03-30 01:14:41
ここで言うのもなんですが、「ノアノアさん、お疲れ様」っていいたくなります(笑)。

そちらで言うと、また蒸し返しみたいになってしまいそうで、ねぎらいの言葉を発するタイミングも失っていました。



かの件については、ホント言いたいことは結構あるのですが、結局、「家(か)」の問題になってしまったな、という感でした。

「建築家」の多数が(自分の「作品」づくりに邁進すると)誤解されたままになってしまったのは残念ですが、ノアノアさん自身の「建築家」との家づくりはうまくいったという事実はゆるぎないわけで、そのことこそ最も重要なことだと思っています。



さて、子供部屋のこと。

女・男・女の3人というのは確かに悩みそうですね。

ウチだったらどうしただろう、と考えると、家づくりの構想時期に立ち返ったような感じを味わえそうな感じがします(笑)。

何が正しいかなんて結局誰も答えは出せませんが、その時の自分の考えの最良で勝負するしかないのですよ。

今回のは、ウチはこんな思想でやってます、という紹介でした。

ここで言うのもなんですが・2 (ノアノア)
2005-03-30 18:04:20
garaikaさん、ありがとうございます。

他の皆さんからも、ねぎらいの言葉をたくさんいただきました。

今考えると色々やり方もあったのに、という感じもします。

大変でしたけど、のど元過ぎれば...ということで、アレはアレで面白かったと思います。



熟成させて...というコメントを付けた気がしますが、様子を見て小出しで、また書いていこうかなとか思ったりもしてます。

(結局、懲りないヤツ)
勉強させていただきました (LaLaLa)
2005-06-17 14:44:59
はじめまして。

ちょっと敷居が高くて躊躇いもしたのですが、あまりに自分にとってタイムリーな話題に書き込むことにしました。



現在、新居設計段階で、まだ見ぬ子供の姿に思いを馳せて家の仕様を考えています。

garaikaさんの子供部屋に対する考え方を読みうなづくばかりです。

物質が溢れ、困らない時代にどういう教育をさせたらいいのかということまで考えさせられました。

大変勉強になりました。



勝手ではありますが是非リンクさせてください。

宜しくお願いします。
高いですか (garaika)
2005-06-17 23:08:44
LaLaLaさん、コメントありがとうございます。

敷居高いですか? ココ。

おかしいなぁ、バリアフリーの家なのに(笑)。

お気軽に立ち寄ってください。



リンクはぜんぜん問題ないです。



さて、子供部屋なんですが、最近の家ではあって当たり前のような存在ですが、ほんのちょっと昔まではなくて当たり前でした。

経済が豊かになったからそれでいいのですが、子供部屋をつくるということの意味を考えないまま、このような状況になってしまったことでいろいろな弊害が起きているような気がします。

そんなことも考えながら家を建てました。

考えること多いですよ、家づくりは。

だから、面白いともいえるのですけどね。

コメントを投稿

我が家のスペシャルな仕様」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

親の家 (ノアノア)
「ヨーロッパの子供たちは、親の家を私の家とはいわないのだそうです」 「男と女の家」 宮脇 檀/著より 私は一人が平気なタイプだ。 今でも、ふらっと一人になりたいと思うことがあるし。 初めて親元を離れて一人暮らしをすることになった時も 家事も何もできなくてもさし