家づくり、行ったり来たり

ヘンなコダワリを持った家づくりの記録。詳しくは「はじめに」を参照のほど。ログハウスのことやレザークラフトのことも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

吊り収納

2005年03月27日 | 我が家のスペシャルな仕様
 我が家では、いろいろなところに吊り収納がある。
キッチンにあるのは普通の家と同じだが、居間と、夫婦の部屋、子供部屋にも据え付けられている。
 なぜ、吊り収納になっているかというと、地窓があるからだ。収納を床につけてしまうと地窓をふさいでしまい、地窓にした理由がなくなってしまう。
 だから、吊り収納といってもキッチンのそれとは違って、天井から床上50cmくらいまでの縦長の収納になっている。

 吊り収納は地窓のリスクを抑える効果もある。
 我が家のように2階の部屋に地窓をつける場合、高所恐怖症の気がある人は多分、地窓の際に立つと足がすくむ。
 また女性の場合、高所恐怖症でなくともスカートをはいている場合など、2階の地窓の際に立つのを躊躇することもあるだろう。
しかし吊り収納がバリアーとなって、窓際に立つこと自体がありえなくなるのである。

 いろいろなパーツが絡み合って役割を増幅するなどということがあるから、建築とは面白い。
コメント   この記事についてブログを書く
« ダンボールとの戦い | トップ | 子供部屋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

我が家のスペシャルな仕様」カテゴリの最新記事