家づくり、行ったり来たり

ヘンなコダワリを持った家づくりの記録。詳しくは「はじめに」を参照のほど。ログハウスのことやレザークラフトのことも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ロールブレイドケース 

2009年05月23日 | レザークラフト


筆箱採集帳」を見て、今度自分が作る筆箱は文具の収納場所を固定する仕組みにしたいと思った。使うとき、探しやすいし、収納された姿が美しいからだ。

収納場所の固定という用件を満たす筆箱としてはロールペンケースというのがある。巻物のようにぐるっと巻いて使うアレだ。筆箱採集帳でもいくつか紹介されていて興味を引いた。
しかし、ロールペンケースは収納場所が固定されるものの、出し入れが機動的ではないのが玉にキズ。1本だけ使って戻すような時は別に問題はないが、複数の道具を使うときは出したり戻したりするのが面倒なので、出しっぱなしになる。
出しっぱなしにしている場合、こんどは出した文具が他の道具類や机上の小物、ノートの陰に隠れてしまったりして、探さなければならなくなったりすることが往々にしてある。
そのため、使用中の複数の文具をいったん置いておくためのペントレーのような機能があればいいと考えた。

こうして「ペントレー機能つきロールペンケース」という基本構想が形作られた。しかし、具体的な収納物を考えはじめてすぐに壁にぶつかった。
ひととおりの文具を欲張ってひとまとめに入れようとすると、収納物が多すぎるのだ。そのままではすごい太さのロールペンケースになってしまう。
ロールの幅より直径の方が太い「ガムテープのような形状のロールペンケース」というあほらしい図が思い浮かぶ。
それはそれで面白いではないかという考えと、使いにくくて実用的でないという貧乏性気質が頭の中で葛藤する状況に陥った。
実は私のもの作りにおいては、このような脳内のバカな葛藤に時間を費やすことが多いのだ。

結局、貧乏性気質が勝利したのだが、「ペントレー機能つきロールペンケース」というアイディアの実現はあきらめきれなかった。
そこで用途を絞ったペンケースにすれば、収納物は限られ、適度な大きさになるだろうと考えた。

私はレザークラフトの型紙作りなど、普通の人よりは刃物を使うことが多いので、カッター類を一括して収納するのがいいと思いついた。ロールペンケースならぬ、ロールブレイドケースというわけだ。
まあこれも「筆箱採集帳」的に言えば、「筆箱」の部類に入れていいのかもしれない。

で、このたび完成したというわけ。

収納形状は以下のとおり。

   

収納しているのは右から
・NT円カッター(C600G)
・Tajimaツール カーブカッター
・OLFAカッター(Limitedシリーズ FA) ただし搭載刃は貝印刃物の職専刃
・NT細工用カッター(AD2)
・ペナントナイフ
・マイクロカッター4種

普通のロールペンケースとあきらかに違う部分が2箇所ある。
一箇所は写真の右上方にある透明なケース、もう一箇所は左にあるスナップである。

透明なケースの正体は使用済みの刃を入れるケース。これはカッターナイフ用のケースなので、折った刃の保管場所が必要なのである。理科実験用製品を売っているところで購入したキャップ付きミニ試験管を転用している。

  

スナップがあるのはマイクロカッターをスムーズに収納するためである。
マイクロカッターは非常に細かい切断作業用なので、ほとんど針といっていいほどの太さ。
先端からケースに突っ込むと革に刺さる可能性が高い。それで横から入れられるような構造にした。

  



  

トレーは以下のように使うことになる。

  

 


 

コメント (7)   この記事についてブログを書く
« エコポイントへの疑問とエコ... | トップ | 「スムストック」的なやり方... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです (chiezokun)
2009-05-26 19:43:33
中々お邪魔できませんでしたが、今回も良いものを見せていただきました♪

なるほど~~~、ふむふむ。。。と。
男性ならではですね。
こんなペンケースを持っていたら、『できる男』ですね。

トレーも良い感じです。
いい仕事してますね~ (aiai)
2009-05-26 21:51:24
アイデアもさることながら、出来映えが素晴らしいです。

バックスキンに包まれたツールを眺めているだけで30分くらい経過してしまいそうです。

さあ、何をつくっていただこうかな(笑)
どうも (garaika)
2009-05-27 23:40:39
>chiezokunさん、ご無沙汰です。

「できる男」なんてとんでもない。
しいて言えば「手切る男」かも。工作をやっていると、いい歳して手を切ってしまうことがたまにあるし(笑)。


>aiaiさん

創作意欲のわく面白い注文お待ちしております(笑)。
Unknown (スターアニス)
2009-06-01 21:13:53
見事な出来栄えですね。
コレと同じような仕様を親戚の大工さんが、ノミ入れとして使っていました。
5本のノミを入れて巻いていました。
トレーこそ無かったですが・・・。
それにしても、使い易すそうですね。
ありがとうございます (garaika)
2009-06-02 23:05:59
スターアニスさん、ほめていただきましてうれしいです。
職人さんの道具入れの風格はあこがれです。少しでもそのようなムードをかもしだしていたとしたら大成功です。
はじめまして (原田(カイタッチ・プロジェクト!))
2009-06-29 17:02:35
突然のコメント投稿で失礼いたします。
貝印 カイタッチ・プロジェクト!担当者の原田と申します。

現在貝印では、貝印についてブログで取り上げていただいたお客様に、直接コミュニケーションをとらせていただく「カイタッチ・プロジェクト!」という活動を行っており、勝手ながら、コメントをさせていただきに参りました。

▼カイタッチ・プロジェクト!について、詳しくはこちらをご参照下さい。
http://www.kai-group.com/jp/kaitouch/

弊社のカッター職専刃をお使い下さり、誠にありがとうございます!
弊社のカッターの刃は一般向け商品ではなく、専門の方が使われているのですが、こうしてブログにて職専刃をお使いくださっている方にカイタッチ(コメント)することができて、とても嬉しく思います。
刃の使い心地はいかがでしょうか?
ご満足いただけていましたら幸いです。

手作りのロールブレイドケース、とっても素敵ですね!
皮製品のことは分からないのですが、外の色合いと、内側の素材感が素敵だなぁーと感じました。
素敵なブレイドケースと一緒に、貝印の刃も末永くご愛用いただけましたら幸いです。

これからも、貝印を、どうぞよろしくお願いいたします。

※弊社サイトにリンクを貼らせていただきますが、不都合等ありましたら、ご連絡下さい。
光栄です (garaika)
2009-06-29 23:08:49
原田さん、はじめまして。
カイタッチプロジェクト知ってましたよ。
道具としての刃物はもともと好きなもので。
刃物メーカーさんの中でも御社には好印象持っています。
私のブログにコメントしてくれるとは思っていなかったので光栄です。
職専刃、いいですよ。切れ味抜群です。愛用しています。
これで、刃先30度の細工刃もあったらいいなあと思っているのですが、どうでしょう作れませんかね。

リンクはまったく問題ありません。むしろうれしいです。インターネットとはそういうものですから。

コメントを投稿

レザークラフト」カテゴリの最新記事