家づくり、行ったり来たり

ヘンなコダワリを持った家づくりの記録。詳しくは「はじめに」を参照のほど。ログハウスのことやレザークラフトのことも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

わらしべ露天風呂

2007年06月26日 | 山小屋・ログハウス
 
6月26日は語呂合わせで「露天風呂の日」だそうである。

そこで我が山小屋の露天風呂を紹介する。
露天風呂というと、岩を配置した姿を想像するだろうが、我が家のは風呂桶(バスタブ)ごと地面に置いてある形式である。
大人4人くらい苦もなく入れる大きさがある。そんな風呂桶ならさぞかし値段も、と思われるかもしれないが、驚くほど安く手に入れている。

そもそもこんなに大きな風呂桶ってどこで売っているんだという話になる。
どこから手に入れたかというと地元の農家からである。
農家から手に入れたといっても、もともとは港にあったものである。
実は風呂桶ではなく、マグロの解凍用の桶だったものだ。使わなくなったその桶を農家が手に入れて、農作業用の貯水桶につかおうとしていたようだ。両親が車で移動中、農地にこれが2つ転がっているのを発見し、持ち主の農家に頼んで1つを譲ってもらった。
それを近所の塗装屋に出して表面処理してもらい、外側を発砲スチロールで包んで、山林で間伐したヒノキの樹皮を巻いて、さらにヒノキで作った木枠をのせて出来上がりである。桧皮葺の屋根状の蓋も作ってある。
土台につかったブロック、湯を引っ張るホースを含め総コストで約10万円にとどまる。

投資額から考えたらそのパフォーマンスはすこぶる高い。
これまでこの風呂で、蛍風呂、雪見風呂、星見風呂を楽しんだ。今年は両親が知人家族などを招待し蛍風呂を堪能してもらった。いいもてなしができたことだと思う。
今年はもみじが育ってきたので紅葉風呂を楽しむつもり。

モノが交換されていったわけではないが、粗大ゴミになりかかっていた出発点から考えると、価値の膨らみ方が、わらしべ長者のような風呂なのである。
一人で入ったときはまさに「長者気分」だ(笑)。



<補足>
このエントリを読めば、先日のエントリ「家が含む『無形資産』」でいいたいことがイメージしやすいかも。
この風呂の価値はバランスシートにあらわれない部分のほうがはるかに大きい。けっこうばかにならない「無形資産」が付随しているというわけである。
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« ぶらり途中下車の旅――東海道... | トップ | 脳内は… »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
粋です! (aiai)
2007-06-27 19:56:04
わらしべ露天風呂、これぞ究極の人生贅沢メニューのような気がします。お父様も相当なロマンチストとお見受けいたしました。素敵なお風呂に至る過程がとてもしなやかで尊敬します。
ロマンチスト (garaika)
2007-06-28 23:43:39
aiaiさん、父はロマンチストというよりは、永遠のガキ大将といった風かもしれません。

一度この風呂にご家族で入りに来ませんか。
おおっ! (aiai)
2007-06-29 06:17:00
それはぜひお言葉に甘えて素敵な露天風呂を堪能させて頂きたいと思います!
都合をつけて必ずや参りますのよろしくお願いいたします!
じゃあ・・・ (ノアノア)
2007-06-29 09:44:31
私は水着持参でw
千客万来 (garaika)
2007-06-30 09:04:30
お待ちしております。

コメントを投稿

山小屋・ログハウス」カテゴリの最新記事