家づくり、行ったり来たり

ヘンなコダワリを持った家づくりの記録。詳しくは「はじめに」を参照のほど。ログハウスのことやレザークラフトのことも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダンボールとの戦い

2005年03月24日 | 建築現場記録

目の前にあるのは、何の表情も見せないダンボール箱。
中に入っているものを知らなければ、そのままケトバしたい存在。
今思えば、この形になる前、もっと慎重に詰め込むべきだったと悔やむ。
大切なものと、どうでもいいものが混在している。
開けたとたん、どうやって片付けたらいいものか、途方にくれる。
なかば投げやりになりながら、ひとつの箱を片付ける。
すると、その背後には次の箱が無表情に鎮座する。
開けてみると、今度はどこに収納したらよいのかわからないモノが顔を出す。
それもなんとかねじ伏せる。
するとまた、別の無表情な箱が平然と居座っている。
次から次へとそうした相手が対峙する。
地獄の百本組手なのか、これは。

ひとつの真理にいたる。
施主適齢期はある。あと10年後では私は施主はやれそうにない。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« m-louisさんに感謝 | トップ | 吊り収納 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
73 (m-louis)
2005-03-24 23:37:52
>施主適齢期はある。あと10年後では私は施主はやれそうにない。



笑えました。

でも、うちの父は73歳でそれ相応に関与しましたよ!

ま、私のブログの「4ヶ月ぶりの対面」というエントリーでも書いた通り、何喰わぬ顔して三鷹に置いてあったチャリを谷中まで自力で濃いでっちゃうような人ですが(笑)



それとこれを機会に多少面倒ではあっても、収納メモを付けながら収納されることをオススメします。
ねじふせられない。。 (finzi)
2005-03-25 08:30:27
どこに収納したらよいものかわからないのが。。。う~ん我が家の場合ねじ伏せられずにいまだに山積みだったりします。



施主適齢期・・「引越し」がある限り僕には適齢期はないような気がします(汗)
お疲れ様です (ゆかり)
2005-03-25 10:19:17
施主適齢期はある、とおっしゃるのを聞いて、出産適齢期というのはある、とよくママ友と話すのを思い出しました。

産後の夜中の授乳による睡眠不足など出産から子育ては体力勝負だという話なのですが、体力気力と言う面では確かに施主適齢期もあるんでしょうね~

私も夫の転勤による引越しが目前に迫っています。

ダンボールとの戦いは他人事ではありません。
Unknown (garaika)
2005-03-25 22:39:14
>m-louisさん

 半ば意識朦朧の私と違って、うちの老人たちも元気です。

69歳の父は74歳の庭師の方と二人で庭づくりをやってます。土を掘り起こし、石を動かし・・・。



>finziさん

 そうですか、まだ積まれていますか(笑)。

 我が家も私ががんばらないとそうなりかねない。この土日が勝負です。



引越しに関しては適齢期というより、性格や、そのときの気力もかなり影響するんでしょうね。



>ゆかりさん

 私は単身赴任から脱出したついこの間、小規模な引越しをしました。

これも転勤にともなう引越し、なんでしょうね。

 引越し前哨戦としてとらえて、要領をつかもうと考えたのですが、単に2倍疲れたという感です。

ゆかりさんとこは、私のようにならないように、来るべき新居への引越しのプレ体験として、計画的にやってくださいね。

コメントを投稿

建築現場記録」カテゴリの最新記事

トラックバック

[転勤に伴う引越し] (木の家建築日誌)
夫の転勤が決まり、それにともなって引越しをする。 まだ引越し先や引越し業者が決まらないので、荷物の箱詰めも出来ず、ぼちぼち掃除をしている程度。 3ヶ月前に年末の大掃除をしたが、それももう過去の話で、3ヶ月もすりゃあ電気の傘やカーテンレールはホコリ山積み、