家づくり、行ったり来たり

ヘンなコダワリを持った家づくりの記録。詳しくは「はじめに」を参照のほど。ログハウスのことやレザークラフトのことも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「解体」の違和感

2006年07月16日 | 家について思ったことなど

 ウチの近所で鉄筋コンクリート建ての事務所を解体している。
重機でバリバリ壊しているのを見ていると、「解体工事」という表現に違和感を禁じえない。
我が旧宅も同じだった。木造だったが、やはり重機でバリバリ。
「解体」という言葉にはパーツを分解していくイメージがあるが、そんな丁寧さは感じられない。
 重機のない昔は、本当の解体だったろう。人間の手だけでやるのだったら、分解していくのが合理的だ。

現代の「カイタイ」は「解体」ではなく「壊体」ではないのだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« ヤモリ発見 | トップ | 少年時代 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家について思ったことなど」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

解体中 (Life & Home)
表参道交差点近くの nakata.netカフェが解体中。 garaikaさんではないけれど http://blog.goo.ne.jp/garaika/e/341fc747bad1b0f5500b9d90a81018f2 まさに壊体・・・ ゼロ・エミッション、省資源、チームマイナス6%、LOHAS・・・ あらゆるキー ...
解体中 (Life & Home)
表参道交差点近くの nakata.netカフェが解体中。 garaikaさんではないけれど http://blog.goo.ne.jp/garaika/e/341fc747bad1b0f5500b9d90a81018f2 まさに壊体・・・ ゼロ・エミッション、省資源、チームマイナス6%、LOHAS・・・ あらゆるキー ...