家づくり、行ったり来たり

ヘンなコダワリを持った家づくりの記録。詳しくは「はじめに」を参照のほど。ログハウスのことやレザークラフトのことも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

屋上――花火を見る展望台か、宴会場か

2004年11月12日 | 我が家のスペシャルな仕様
 以前から、屋上がほしかった。
 我が家の位置から、年に4回くらい花火を見るチャンスがあるためである。前の家では2階の窓際に立って背伸びする感じで見ていたが、屋上があればゆったりと見ることができる。
はっきりいって必需品ではないので、贅沢な要望。だが、私は遠くを眺めることも好きだし、月見のようなイベントが好きな一家でもあるので、あきらめずにずっとプランに残して実現にこぎつけた。

 最初の設計プランでは陸屋根の上にあって、まさに屋上だったが、いろいろな要件を考えていくうち、ガレージの上に屋上を作るような形になっていった。
ガレージの上にはベランダないしテラスというべきスペースがあるのだが、そこにもちゃんと柱と梁はあって、家の骨組みだけは作ってある。その周囲を「すのこ」状に木で覆って壁を作り、梁の上に6畳ほどの広さの屋上を作ることになった。そこに上るためのらせん階段も設置する。

 「すのこ」の壁があるため、外からは分かりにくいが、中からみると屋上というよりは、展望台のようになる(はず)。
花火を見ることがきっかけになっただけに、展望台のような風貌にも納得してしまう。

人を呼んで宴会場として使うのも一興かと思う。赤白の提灯を3つ4つぶら下げればビアガーデン気分が味わえそう。

設計者は最初、「花火見台」(はなびみだい)と名付けたのだが、発音しにくいので「涼み台」に変えてもらった。

できあがるのがなんとも待ち遠しい。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 素手での実力 | トップ | モノを飾る場所 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
涼み台 (chiezokun)
2004-11-12 22:10:47
いいですね。来年の夏が楽しみですね。

我が家が今住んでいるアパートからも、夏の間は毎週末、近くの遊園地で打ち上げられる花火が良い具合に見えました。(近くといっても駅2つ、3つ分先なのですが)

今年の夏の終わりには、ここの場所から見る花火も最後だわ。。。なんてちょっぴりセンチな気分になっていました。

建築中の家も方角的には見える予定です。

屋上は無いですが、ビール片手にベランダから見たいと思っています。
花火 (garaika)
2004-11-13 19:21:42
ウチは田舎ですから、駅の数で測れないのですが、花火の距離はchiezokunさんのところと似たり寄ったりでしょうか。

ただ、海、川、山の上、山のふもとといった感じに4箇所から上げるのが見えることが強み(笑)です。海と川自体は見えないんですけどね。

それに遠くの花火というのも趣があっていいですよ。

しみじみお酒が飲めたりします。結局酒飲みの論理。

コメントを投稿

我が家のスペシャルな仕様」カテゴリの最新記事