家づくり、行ったり来たり

ヘンなコダワリを持った家づくりの記録。詳しくは「はじめに」を参照のほど。ログハウスのことやレザークラフトのことも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「建てずに死ねるか! 建築家住宅」

2005年01月06日 | 家について思ったことなど
建築家と一口に言っても、その信条・形態・仕事ぶりは様々だ。
一方、建築家を探す施主の方も要望が多様である。そのため、ミスマッチが時に悲劇を呼ぶ。
ゆえに依頼先選びは慎重にやらなければならないが、困ったことに建築に関して素人の施主は、自分にあった建築家を選ぶ確たる自信はない。まさに暗中模索といった感がある。
 施主にとってのそんな暗闇に薄明かりをもたらす本がある。
 それが、「建てずに死ねるか! 建築家住宅」(大島健二著 エクスナレッジ社)である。

もっとも、この本を読んだ時は、逆に徒手空拳で建築家探しをするリスクを思い知らされた。
私にとっては恐ろしい建築家、「家」に関する考え方が相当な角度で違っている建築家、スキルが不安な建築家がごろごろいる。暗闇で全然見えない怖さもあるが、うっすら見えるゆえに怖い、ということもあるのである。
前進するのであればリスクは見えた方がいい。リスクを避ける手段を考えることができるからだ。そういう意味で有用な本である。そしてリスクに抗しきれない人は違う手段で家を建てることになるのだろう。

 この本では、「絶対に『建築家』に頼んではいけない人」なる章がある。そこを読んで、幸いにして私はおおまかに「頼んでもいい人」の範疇にあるらしいと判断できた。建築家を探すという自分の行為に変な安心感も得た。

 建築家をいろいろなジャンルに区分けしているのが、この本のいいところ。しかし・・・。
建築家を決めた後、どのあたりにカテゴライズされるのか、改めて見てみたが、なんとなくここかなと思えるジャンルはあるものの、しっくりこない。経歴パターンもかなり違う。
それだけ建築家の分類は難しいのだ。「薄明かり」という認識をそのときにしたのだった。

私はこの本、税金を払って読んだ(図書館で借りた)のだが、蔵書にしてもおかしくはないくらいためになった。未読の施主のために目次の大見出しのみ以下に紹介。
・これが「建築家住宅」だ!
・「建築家」とは何ぞや?
・建築家住宅の謎
・「建築家」にもいろいろいる
・「建築家」はどこにいる?
・建築雑誌の読み方
・絶対に「建築家」に頼んではいけない人
・建築家、その使用上の注意
・建築家住宅に住む覚悟
・「建築家住宅」の未来

コメント (7)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 「気配(けはい)」の考え方 | トップ | 家族と道具の関係 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ちょっと一言 (gisei asazuma)
2005-01-07 18:59:50
この本はおもしろかった!

しかし、私はあまり一般の方には読んでほしくないように思いました。

なぜなら、あまり偏見を持ってほしくないからです。



『建築家の分類は難しいのだ。・・・』

確かのそのとおりです。

そもそもが、独立して設計事務所をやっている人たちは『自分』がものすごく強い。

だから独立するべくしてしていると思います。



私があえて建築家を分類するとしたら、



“血”かもしれない。



ちなみに私の知る建築家には“ラテン系の血”が多い気がします。

(医学的にはわかりませんが)



建築家の分類以上に施主の分類もかなり難しいですよ。



所詮は、人は一人ひとり違う考え、好みがあるということでしょうか?

特に、ハウスメーカーへは頼まずに建築家や私へ依頼しようと思う方はやっぱり『自分』をしっかり持っている事が多いと感じます。



取り止めなくてすみません。
確かに (garaika)
2005-01-07 23:19:34
朝妻さん、コメントありがとうございます。



施主の分類、確かに建築家の分類より多岐に渡るように思います。

ただ、あくまで私見ですが、パターン数が多い割には施主の分布は似通った分類に偏っているように思います。しかも、はやりすたりによってその分布があっさりと動く感があります。

ここ最近でちょっと考えなければならないと感じているのは、建築家を交えた家づくりがブームのようになっていることです。流行りに踊らされた施主がハウスメーカーに対するような取り組み方で建築家との家づくりに臨めば、トラブルの元になりますよね。釈迦に説法ですけど。



 あの本を読んで、施主に偏見が生じることを懸念されてらっしゃいますが、建築家をひとくくりにまとめてばっさりと切り捨てるような住宅業界関係者の乱暴な発言が多い中では、むしろあのような本は必要だと思っております。

 なに、大丈夫ですよ。冷静に考える施主だって多いです。情報はたくさん開示した方がその業界や会社はまっとうに伸びていくものです。

 施主の立場としたら、もっと建築家の情報がほしい。建築家の格付け機関などの出現すら要望したいところです。

 朝妻さんの「血」の分類も興味あります。いずれ講義してください。
読んでみたいです (T.F)
2005-01-08 01:22:43
garaikaさんの、コメントでよんでみたくなりました。



早速探してみます。税金を払って取り寄せようかな。
一応 (garaika)
2005-01-08 08:53:40
T.Fさん、どうも。

読んでみて損はない本だと思います。1年以上前に読んだ記憶を元に書いたのであやしい書評であることにご注意ください。

脱力系のイラストが載った軽く読もうと思えば軽く読める本です。

真っ赤な装丁なので、置いてあれば見つけやすいでしょう。
追随! (rattlehead)
2005-01-08 11:43:59
『絶対に「建築家」に頼んではいけない人』

の項目に非常に不安を覚えながら

朝妻さんのコメントにも不安になりながら

net注文しました.



恐れおののきながら到着待ち中です.
成功 (garaika)
2005-01-09 07:49:25
rattleheadさん、どうも。



実はこのエントリ、前から一度書いておこうと思っていたのですが、このタイミングでだしたのはrattleheadさんに読んでいただきたいということを意識したからでした。

 未読なら紹介するために、既読ならrattleheadさんの書評を聞きたいために。

 そういう意味では今回の試みは成功です。



 ぜひ、感想をエントリしてくださいね。
Unknown (rattlehead)
2005-01-13 13:49:46
面白かったです.

正直言うと,いまだ工務店さんで建てるという目が残っていなくも無い気弱さですが,

建築家と建てるという事に弾みがついた感です.



ちなみにgaraikaさんは「ナニ系」の建築家と組んだ感ですか?

コメントを投稿

家について思ったことなど」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

「建てずに死ねるか!建築家住宅」 (ノアノア)
午前中、家族揃って、新しく出来た市内で一番大きい図書館に行った。 ここは利用者数が多いからか、雑誌類は、ほとんど出払ってしまってるのが欠点。でも、新しくて広い館内は、気持ちいい。 今年もやっぱり一番興味のあるのは、建築関係のコーナー。 あるかなぁ、と探して
今日の読書進行 (家の記録の妄想)
「建てずに死ねるか」読みました
立ち読み (Barrier-full)
『 建築ツウに訊け!』 大島 健二著(2006/02) エクスナレッジ 前から気になっていた大島健二さんの本を一気に立ち読み。(買わなくてごめんなんさい) 他にも 『建てずに死ねるか!建築家住宅』大島 健二著(2002/12) 『建築ツウ的普請道楽のススメ』渡辺 慎一