家づくり、行ったり来たり

ヘンなコダワリを持った家づくりの記録。詳しくは「はじめに」を参照のほど。ログハウスのことやレザークラフトのことも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「作品」という呼び方

2005年06月26日 | 家について思ったことなど
 建築家が設計した家のことを作品という言い方をすることを気に入らないという人は多いようだ。自分の家ではないような表現に感じられてカチンとくるらしい。
しかし、私はそんなには気にしていない。家というものは、ハウスメーカーでは「商品」「製品」と呼んでいるし、不動産屋では「物件」なんて呼び名になっている。「作品」という言葉にだけ過敏に反応する人はだれかに刷り込まれた変な思い込みがあるのではないかと思ってしまう。
「作品」であれ、「商品」であれ、「物件」であれ、その家に住む施主からみればしっくりこない表現だ。建築家が「あの作品は・・・」って会話をするのと、ハウスメーカーの営業マンが「あの商品は・・・」って会話をするのを比べて、施主の「しっくりこなさ」加減に違いはないように思う。

「作品」も、「商品」も、実は施主のいない場面で使われている言葉だと思う。建築家だって、施主がいる目の前でその施主の家を「私の作品」なんて言いやしないだろう。営業マンがその家の施主を目の前に「わが社の製品」などとは言わないように・・・。
それらの言葉は主に第三者に提示するときに出てくる言葉ではないだろうか。

「作品」はもろ手を上げて賛成とはいいにくい言葉とはいえ、建築家・設計事務所が何がしかの呼び方を考えれば「作品」というのは妥当な線だと思っている。他に置き換える言葉が思いつかないのだ。
ある工務店では自分のところでやった案件を「施工作品」として紹介していた。それから考えると「設計作品」というべきであろうか。事務的に「設計案件」でも間違いではなかろう。ただ、これらは言葉としては収まりが悪い。「作品」でも許してしまう。

以前私は「建てたのは誰か」というエントリを書いた。それは、建築物に関わったそれぞれの人間が所属するカテゴリによって、建てたのは誰かということがさまざまな言われ方をするだろうというような内容だった。
同じように、家を「作品」とか「商品」とか「物件」とか呼ぶのは、それぞれの人間の集合で使い分けられているのではないか。
そうであれば、さほど気にすることもないように思う。
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« これは何だろう | トップ | エアコン »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
尊敬します。 (asazuma)
2005-06-27 19:38:17
garaikaさん!



あなたはすごい。

尊敬します。



私の現在進行形のクライアントにも

ご自分の意思をしっかりとお持ちの方が多いです。



その方たちは、ご自分の考えを述べた後



「私はここのところを大事にしたと思います。

 それについて、設計者としてはどうですか?」



と建築家の意思も尊重してくれる方が多いです。



度量が大きいというのでしょうか。

そういう方と家づくりをするのはとても楽しいですし、とても幸せだと感じます。

Unknown (おかっぱー)
2005-06-28 12:10:06
garaikaさん、こんにちわ。



「作品」って言ってしまうと、絵画や造形等々の芸術・美術性を強く感じてしまうんでしょうか、嫌がられる方が多いですね。



「建築は芸術か?」という議論はよく耳にしますが、私はやはりその部類に入ると思います。

ただ建築は一人では完結しません。色んな人との共同作業ですし完成してからは家族をはじめ一般社会にまでも影響を与えるものだとも思います。そこが難しく、また面白いところなのでしょうが・・・・。



そういった意味では「私たちの作品」・・・・と言うのがしっくりくるように感じるのですが、変ですかね???
自分の意思 (garaika)
2005-06-28 21:53:53
朝妻さん、どうも。



もしかしたら、家づくりの出発点って、自分の意思をしっかり持つことなのかもしれません。

そうすれば、どんなパートナーを選んでも軸がブレずに失敗しにくい。そして過程も楽しい。
私たちの作品 (garaika)
2005-06-28 22:02:11
おかっぱーさん、コメントどうもです。

家はたしかに「私たちの作品」だと思います。変ではないです。

だけど「作品」ってのはどうも口にするのは照れくささもあります(笑)。

言葉はいろいろ難しいものです。

コメントを投稿

家について思ったことなど」カテゴリの最新記事

トラックバック

基本理念 (建築プロデューサー 朝妻 義征)
またしても、garaikaさんにTBします。 (たて続けにすみません。) garaikaさんの『作品という呼び方』のコメントに共感。 いや、むしろ驚愕と言ったほうがいいかもしれない。 以前よりBLOGを通してのお付き合いはさせて頂いているが ここまで考える方向