走る車屋のメンテナンスダイアリー

マラソンとバイク+柴犬をこよなく愛する車屋が日々思った事、
つぶやきを日記にしてみました。

姫路城マラソン2019

2019-02-26 19:35:41 | 日記

皆さん こんばんは!

岡田でございます。

今回も仕事ネタではなくマラソンねたでございます。申し訳ありません

さて2月24日(日)姫路城マラソン2019に出場してきました

まず前日の23日夕方4時に店を閉めさせていただきイーグレ姫路に受付へ。

その前に茨城県から参加されるランニングコミュニティの関東支部の会長さんを迎えに姫路駅まで迎えに行きます。

この時すでに会長さんには大変な事が起こっているのですがそれは会長さんの威厳に関わりますのでここでは割愛させていただきます

途中姫路チームのS谷さんと合流し受付へ。

その後京都、岡山、岐阜、愛知からの参加ランナーさんと前夜祭

 

真剣に走っているランナーさんなどは1週間前からとか1か月前からアルコール断ちをしているのをよく聞きますが

私たちの場合あまりそんな事を気にする訳でもなく前夜祭だと言って普通に呑みます。

ただ量は少し減らすのがいつもなのですがこの日は珍しいメンバー大集合で盛りあがってしまい

結局生ビール3杯を皮切りに各種アルコールがんがんいってしまい・・・完全に飲み過ぎ

やってしまいました

10時過ぎに家に帰りあつーいお風呂に入っては出てを繰り返し汗を出そうするがわりと寒い夜だったのでほとんど意味なし

まあ何とかなるやろと安易に考えるネガティブな私

11時過ぎに就寝(明日起こる地獄を知らずに記録更新を夢見てスヤスヤ

翌日朝6時すぎの電車に乗り姫路へ。

7時に男子更衣室が開き急いで着替える。その後ラングループの集合写真場所へ

全国各地からラン友さんが集まり総勢約60名。

7時45分から約10分ほどかけて同日開催の各地のマラソン大会のランナーさんにエールを送り

そして姫路城マラソンを走る自分たちにもエールを送り記念撮影

(西は九州、東は千葉から集まってくれました

その後解散し各自アップする人、スタート地点の各ブロックに並ぶ人、残って記念写真を撮り続ける人等々

スタート時間まで自由に過ごします。

                  

(ガチラン姫路RCの皆さんと記念撮影)   (関東の有名ランナーを中心に記念撮影、あ 指が入ってしまっています

私はというとラン友さんと4周ほど軽くアップをしてBブロックのわりと前の方に並ぶことが出来ました。

約40分ほどスタートまでうだうだ言いながら並んでましたがこの日はわりと暖かく

リラックスしてスタートを待つことが出来ました。

そして間寛平さん、高橋尚子さんなどゲストの方の挨拶がありいよいよ9時 号砲

スタート

で、少し長くなりましたのでこの続きはまた次回にしたいと思います

本日も読んでいただきありがとうございます。

ではでは

 

 

 

 

 

コメント

今日は雨です☂

2019-02-19 17:48:12 | 日記

皆さん お元気ですか

本日は我が家のマメスケのお話から

マメスケが我が家にやってきて3週間が経ちました。

来た時は1キロもなかったマメもようやく1.4キロになりました。

しかし相変わらず手乗りマメが出来るほど小さくこの子はホントに大きくなるのか思ってしまうほどです。

家族全員が愛情と厳しさでしつけて「お座り」「待て」が何とか出来るようになってきました。

まだ「お手」は出来ませんが出来るようになったらまたご紹介しますね。

 

続きまして今度は仕事ネタでございます。

2月も中頃を過ぎましたがまだまだ寒いですねー

そんな時はトラックのクラッチオーバーホール付き車検が一番ですね温まります

外に出る用事はカミさんにお任せして私はただひたすらトラックの廻りをウロウロと

あまり金額はかけれないので車検に通り安全に運転が出来る最低限の車検整備を行います。

前のブレーキパッドの残量はOK。

後ろブレーキもブレーキ液の漏れなし、ブレーキシューの残量あり。

という事でハブを組みなおして次はいよいよクラッチオーバーホールです。

最近はトラックもオートマが増えてきましてクラッチオーバーホールをする機会もめっきり減りました。

以前勤めていた会社ではよくクラッチオーバーホールをしていたものです。

むかーしむかしのイスズのエルフNKR58 のクラッチはエキゾーストフロントパイプを外さなくてならず

マニホールドのナットが緩まずよく苦戦したものです。

あまりにみんなやりたくないのでジャンケンして負けた者がクラッチってよく勝ったや負けたで大騒ぎしてたなぁ

それを考えると今のトラックは楽チンだなぁなんのストレスなく作業が進む。

で、はい完成(スイマセン、簡単すぎて完成写真を撮るのを忘れました

という事で今回は昔話も交えて仕事ネタをご紹介致しました。

あ、そうそうこの前の日曜日に私の朝ランコースで西播高校新人駅伝大会がありました。

西播地区の高校プラス神戸、豊岡、淡路の高校及び全国高校駅伝優勝校の倉敷高校がオープン参加で来ておりました。

倉敷高校のBチームと言えども姫路地区の実力校姫路商業となかなかのレース運びで凄く楽しめました。

高校生の躍動する走りを間近で見ることが出来、今度の週末に開催される姫路城マラソンでの目標達成に向けて誓いを新たにする

私でありました

 

また姫路城マラソンの結果はこちらでご報告させていただきますね

今回もご覧いただきありがとうございました

 

コメント

姫路リレーマラソンでサブエガ達成!! 

2019-02-07 19:12:27 | 日記

皆さま お疲れ様です。

今回も仕事ネタではありません

腰痛を押して出場した昨年11月の岡山マラソンで連続サブ4が途絶え体調管理の重要さを改めて思い知らされ

少しの脛痛を押して出場した12月の奈良マラソンで痛みに耐えて何とかサブ4に返り咲きました。

この経験を踏まえさらに体調の重要さ(何回言うねん)を痛感しましたので2月24日に開催される姫路城マラソンでは

何とか不安な所がなく走りたい

その思いが神様に届いたのか今のところ右脛に違和感があるぐらいでいい感じ

調子がいいならガンガン走ろうということで1月20日(日)に姫路リレーマラソン2019にチーム6人で出場してきました。

今回のメンバーはリレマラのリーダーR平、アイアンマンにして100キロウルトラマラソンサブ10のHENTAIランナーYさん

姫路の弾丸女子A子さん、相生が誇る最速女性ランナーY子さん。

そして今回のリレマラで上位入賞を狙うための最終兵器リーサルウェポン君ことR平の次男坊T樹

大きい声では言えませんが彼は現役の実業団の陸上選手(少しずっこい気がしますが

1走はアイアンマンYさん。

 

2走はわたくし岡田。

3走はY子さん。

4走はリーサルウエポンT樹。

5走は弾丸女子A子さん。

アンカーはリレマラリーダーR平。

神戸マラソン女子優勝の選手がいる大学陸上競技部から2チームが出場するまあまあハイペースな大会

6人がんばって襷をつなぎ見事2時間48分20秒(サブエガ達成)の好タイムで8位入賞しました

 

小雨の降る中懸命に襷をつなぐリレーマラソン めちゃくちゃ面白かった~

またどこかでリレーマラソンがあればまたみんなで走りたいなあと思えるいい1日でした。

さあこれでスピードもついてきた

姫路城マラソンで目標の3時間40分を切りたいと思います。

応援よろしくお願いいたします

 

 

 

コメント

たまには仕事ネタをひとつ(笑)

2019-02-07 18:12:52 | 日記

皆さん お疲れ様です。

本当に仕事をしているのかと思われてもいけないので本日は珍しく仕事ネタを

当店のホームページのお問い合わせから「トラックのブレーキの効きが悪いので見ていただけないでしょうか」

とのメールがありました。

早速こちらからメールを差し上げ日程調整をし預かって点検してみることに。

昼前にトラックをお持ちいただき症状をお聞きするとどうやらブレーキペダルを踏むのだが奥の方でないとブレーキが利かない感じ。

よく言う「ブレーキが深い状態」である。

お客様はブレーキフルードにエアがかんでいるような気がするとの事。

 

早速調べてみます。

まずブレーキフルードは規定量か、各ホイール内側を覗いてブレーキフルードが漏れていないか。

異常なしです

お客様曰く「2年ぐらい前から気になりだしていて車検の時にも診てもらえるよう依頼したのですが」

でも状況は変わらなかったそうで不安に思いながら使用されていたようです。

今までの車検時の点検整備記録簿を確認するとブレーキフルードの抜き替えはしているよう。

という事はエア噛みは考えにくい。

初度登録年平成18年で現在走行距離103000キロ。

平成30年の記録簿から遡って平成20年まで確認するも一度もリアドラムブレーキのホイールシリンダーのオーバーホールを

していない

まあ漏れていないなら自動調整式のリアドラムブレーキをバラしてまでわざわざややこしく

また技術料のかかる作業はしなくてもよいという気持ちは分かります

私もデイーラー勤めの時には出来ればしたくない作業でした

おそらくトラックの整備経験があまりない工場さんが車検をされていたのでしょう。

ホイールシリンダーオーバーホールをしない=自動調整式ドラムブレーキのブレーキ調整をしなくていい又は出来ない・・・かな

(画像左上あたりにブレーキ調整をするための穴があり通常はふたがされています)

確かに自動調整式だから調整なんてしなくても・・とはお思いでしょうがそうではないのです。

そんな完全な自動調整ドラムブレーキは実はないのです

それは乗用車でも同じなのです。

今回はドラムブレーキの調整を一から行い試運転をし作業完了としました。

取りにこられたお客様も修理代がそんなにかからなかったので喜んで帰っていただけました。

 

小型トラックの修理は平成12年イスズ自動車技能コンテスト全国第4位(この中途半端さがまた)の私岡田がいる

オートガレージオカダまでよろしくお願い致します

 

 

 

 

コメント

1年ぶりのご無沙汰でございます。

2019-02-05 16:41:29 | 日記

1年ぶりにブログに帰ってまいりました

2019年も年が明けてはや1か月

気が付けばもう2月

お話したい事はたくさんあるのですが(ならばもっとこまめに更新しろよのお声もありましょうが)今回は仕事の話は無しで。

まず一番にお話したいのが…

1月の末に我が家に豆柴のマメスケ(通称マメ)がやってきました

12月2日生まれでまだ2か月のマメ

これからどんどん登場させますのでよろしくお願いいたします。

 

次はと言いますと…これまたマラソンの話で申し訳ございません

昨年12月にありました奈良マラソン2018では今までのコースタイムを少し上回り今年もサブ4にてゴール出来ました

すいません、横向きで

そして次の目標 そう今月24日に行われる姫路城マラソン

日々一人で週末は仲間と共に練習がんばってます

またよいご報告が出来ますように

コメント