ボチボチいこう!

屋号、戻します(苦笑)

PENTAXの特徴 (PENTAXで撮る星空、その1)

2018年08月06日 | 新しい趣味

今頃わかりましたがPENTAXってGPSユニットがオプションであって
それを使うと簡易赤道儀機能がついています。



アストロトレーサーっていう機能のようで星空を大げさな赤道儀を用いないで星空を線描ではなく
点描で写せるようで小学校低学年の作文で将来は。。。。「天文学者になりたい!」っしょっちゅう書いていた
あたしの何かに火がついてしまいました。

歴代PENTAXに搭載されてきた機能で光学センサーを動かせるモーションシステムが搭載されていて
手振れや光学補正などに使われていた物をGPSと組み合わせて地球の自転で線描になる星の軌跡を
光学センサーをずれ分動かして点描にすることができる仕組みです。

最新型のK-1やKPにはGPSも搭載されているそうです。



そんなこんなで

まずは丈夫な三脚を注文しましたがこの休みには間に合わずしょうがなしに親父に借りました。
GPSユニットとリモートシャッターユニットを注文、こちらは直ぐに届いたので繁忙期で日曜しか休みが無い中
日曜日の夕方から近くの峰山高原リゾートの駐車場に上がってみました。

もちろん誰もいなくてあたし、一人やろなと思っていましたが駐車場に行ってびっくり仰天・・・
でかい天体望遠鏡や赤道儀のついたどでかい望遠付カメラを構えた神戸ナンバーや大阪ナンバーの
車が数台、すでにすたんばっておりました・・・
甘く見ていてほんとにびっくり!ビギナー感満載のおっさんがいそいそと駐車場の端っこで明るいライトを照らして
準備していると周りはみんな赤いライトを使っているのでその場でスマホで調査!

大変失礼をしました!
次回は赤いセロハン買ってきてこなければと。。。・・・


そんなこんなで。。。


雲の様子がよくわかるアプリと星座アプリをつかってなんとか夕立ちをさけてほんの一瞬、雲がなくなったんで
慣れない作業でばたばたしましたがなんとか星空を撮影できました。



雲がおおくて苦労しましたが天の川も写せました。。。
露出や露光時間や感度をいろいろと試してみたかったのですが雲が多くて・・・

で、ちょっと調べてみたら。。。
超望遠を使えばこのアストロトレーサーでオリオン座の星雲やアンドロメダ星雲なんかもうまくやれば
撮影できるようで、先日の鈴鹿でも「望遠いるな!・・・」などと考えていたので・・・
。。。・・・超望遠・・・・ぽちってしまいました

今回は生データーのRAWデーターでは無くJPEGのデーター写真ですが
RAW現像も色々とやってみたらもっと見えていない星も浮かび上がってくるみたいです。
お盆休みにまた現像ソフトぽちるとおもいます・・・


それからアナグリ市、隣の鳥取は星取県というキャッチフレーズで絶賛!アピール中です!


鳥取砂丘や大山の周辺などはかなり有名な星空撮影スポットのようです!

日本一、人口の少ない鳥取県


当分の間、天気とにらめっこな週末が続きそうです。


まだまだ満足な星空撮影できませんが田舎の特権で車を走らせればすぐに条件のいい場所にいけるので遊んでみようと思います。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 鈴鹿から一週間 | トップ | RAW現像やってみた(汗 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (step11)
2018-08-06 23:54:25
あっ!
スイッチが入った音がこちらにも聞こえました♪

光のない山の上に行くと沢山の星が見えすぎてどの星がどの星座?って素人のおいらにはわからなくなります。

星座表プレゼンしましょうか?
Unknown (Yama)
2018-08-07 12:24:32
step11さん>

きこえちゃいました?(笑

とうとう禁断の500円貯金箱を昨日開けて
嫁さんに献上いたしました。。。

あれやこれやで30万円には届きませんでしたが・・・

今のレンズと今回、買ってしまったレンズで止まる
わけも無く・・・(大汗

どうしましょう(汗

コメントを投稿

新しい趣味」カテゴリの最新記事