ボチボチいこう!

屋号、戻します(苦笑)

床瀬そばツーリング その1

2006年11月06日 | ツーリング

兵庫県には 出石 という蕎麦の有名観光地があります。
最近では観光地化してしまって昔ながらの皿蕎麦の味を守っている店も少なく
なってきているな~と個人的におもっておりました。

で、もう一箇所、有名どころがあるらしくYUUさんに案内してもらって
行ってきました。
YUUさん&カタナは、もう有名ですので説明の必要はありませんね。

朝早くに目が覚めて洗車してしまいました(苦笑) 出発前です。AM8:30

洗車をさっさとすませ312号線の集合場所に出発です。
朝の山の中は寒くて9℃表示天気は快晴なんですが寒い
ちょっと集合時間より早めについてしまいました。集合場所は 
ドライブインあさごやま です。

寒いのであったかいコーヒーを飲みます。旨いです。
そうこうしているうちに予想の反対方向からYUUさんが登場です。
相変わらずの男前です。 バイクはもちろん998カタナ
良くみたらどっちもカラーリングが同じ赤/黒ですやん YUUさんの赤は目の
さめるような鮮やかな赤です。画像では伝わらないのがおしい

この後、しばらくウダウダして本日のツーリングの目的?床瀬蕎麦に向い
ました。絶好のツーリング日和なのにバイク少ないです。
みんな何処を走っているんでしょうね~とYUUさんと言っていました。
後ろから見る998カタナは迫力満点です。空冷の音も最高ですね♪
やっぱりバイクは油冷&空冷だと忍者の水冷音を聞きながら後ろについて
走ってました。
二台で気持ち良いペースで流します。二台とも古いですがたまの三桁巡航でも
平和な物です。気持ち良い道を気持ち良いペースで流していきます。
これがほんとのツーリングですよね。
いつもは一人で休憩もあまりとらずセカセカ走ってしまいます。
ソロもいいかげんに飽きてきました。やっぱりツーリングはこういったスタイルが
良いですね。かといってあまり台数が多くなるのも歓迎できませんが
2台~5台くらいがベストでしょうか

さて床瀬に近づいてきました。 


新男の蕎麦打ち!―蕎麦の達人が教える失敗しない「打ち」と「つゆ」

学研

このアイテムの詳細を見る

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« さてどこに行こうかな? | トップ | 床瀬そばツーリング その2 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yuu)
2006-11-06 18:12:31
YAMAさん号は、走ってて音も聞こえて、気持ちいいですねぇ。うちのは、いささか静か過ぎの気がしますが、どーでしょーか?
こんばんは (Yama)
2006-11-06 20:48:04
毎度です。
忍者はあれでかなり静かになりました。
バッフル口径は30mmです。
998R号は加速体制に入ると音が良く聞こえてきましたが確かに流していると相当静かです。
もうちょっと下品で良いではないでしょうか(笑)

コメントを投稿

ツーリング」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事