goo

加納久宜没後90年(11) 立花種恭と加納家 家茂、和宮つながり

加納久宜は、 立花家の遠縁ということでの加納家の養嗣子となったが、 実兄の立花種恭と加納家の関係は、 徳川家茂時代の江戸幕府つながりが大きいと思います。 加納家の先々代藩主の加納久徴(文化10(1813)年生まれ)は、 嘉永2年(1849年)に大番頭に任じられ、 安政2年(1855年)に講武所総裁を兼任している。 安政4年(1857年)に奏者番に任じられ、 文久元年(1861年)には若年寄に任じ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )