眼力Blog

反日国の動向をウォッチしています。
自滅する韓国を看取るブログです。
政治、時事問題なども扱います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

報道の自由=米国と日本

2018年12月31日 | ニュース・報道

 報道の自由を主張すれば、全てがひれ伏す日本のそんな風潮は困りものです。

>米超党派の14議員、AP通信に中国新華社との連携について説明を求める

 米国の連邦議会上院と下院の超党派14人の議員は、AP通信に対し、中国の国営メディア・新華社通信と最近の提携についての説明を求めた。 超党派14人の議員は、AP通信ゲイリー・プルートCEOに宛てた12月19日付の書簡で「新華社の中核的な使命は、中国共産党を支持する世論を形成することだ。これは、独立したジャーナリズムと全く異なる」と指摘した。

書簡には「新華社は、中国の問題行動を正当なものとして描写する。米国の外交政策やメッセージ性を弱体化させる恐れがある」と書いた。

米司法省と連邦政府は9月、中国官製メディア・新華社通信および中国中央テレビ(CCTV)、同傘下のチャイナ・グローバル・テレビネットワーク(CGTN)を外国代理人として登録した。
中国外交部によると、この認定通知を米国から受けている。 新華社11月25日の報道によれば、AP通信と「相互に有益な協力」を強化する覚書に署名した。2社はAIによる報道などで提携するという。AP通信は非営利の報道組合で、世界の1万5000以上ものメディアに記事を提供している。 議員たちは、新華社を国営宣伝機関と説明したうえで、AP通信がパートナーと見なせば「知らないうちに報道を色づける宣伝に染まるかもしれない」と懸念を示した。

2社の交わした取り決めの詳細は公開されていない。議員たちは、AP通信に対して覚書の全文公開を求めている。「中国政府との財政的取り決めが交わされているならば、独立したジャーナリズムに影響を及ぼす可能性もある」と指摘する。

APのメディア広報担当ディレクター、ローレン・イーストン氏は、ワシントン・ポストの取材に対して「AP通信のジャーナリズム、社説、その他に影響を与えることはない」と電子メールで回答した。加えて、新華社は、AP通信が所有する独自情報にアクセスすることはできないと述べた。

覚書は、AP通信が中国国内で活動するために、1972年に中国国営メディアとの間で交わされた契約の更新だという。2018年初め、AP通信は中国国営CCTVとの提携も開始し、同社の映像提供サービスの顧客は、CCTVで制作された映像を入手できるようになった。

中国の王毅外相や報道官は海外メディアに対して、中国報道に関しては新華社を引用し、「中国について良い話を伝える」よう何度も求めている。ニュージーランド拠点の中国専門家アンマリー・ブレディ氏は、これを「メディア市場の独裁」と形容する。

ブレディ氏によると、新華社の海外特派員は単なる記者ではなく、諜報員であり、政府高官や共産党幹部のために海外の最新情報を提供しているという。同氏によると、中国政府はここ数カ月、国際世論の形成により力を入れている。

2018年12月28日 00時45分 大紀元時報
https://www.epochtimes.jp/2018/12/38955.html


 新華社イコール国営宣伝機関と米国の議員たちは指摘し、AP通信へ新華社との提携することに警告とも取れる書簡を送りつけている。

 一方日本では
新華社が、NHKが中国語番組 来年1月15日からネット配信」をはじめると予告している。

 こうした事実を見る限り、NHKと新華社は提携関係にあると疑われても仕方ない。

 NHKは中国共産党の喉と口と言われる中央電信台(CCTV)とも、ズブズブの関係にあります。
NHKが中央電信台とかかわりを持つようになったのは38年も前の、
1980年代前半と1988年から1989年に、NHK総合テレビの『NHK特集』で、毎月1回放送されたシリーズ・ドキュメンタリー『NHK特集 シルクロード』からです。

 『NHK特集 シルクロード』の撮影が出来たのはCCTVの尽力の賜物なです。
当初、中国はNHKのシルクロードの撮影を頑として受け入れなかった。
そのわけはこの地域が原爆実験場だったからである。
CCTVと人民軍との度重なる折衝の結果、現場を人民軍が付き添う形で安全は守られると言うことで撮影は許可された。
ただし一部分は中国側だけで撮影することが条件でもあった。

 毎月一回放映された『NHK特集 シルクロード』は大人気を博し、その雄大なロマンに憧れ、シルクロード紀行に多くの日本人が観光に行った。
しかし、NHKはここが原爆実験場であったことは一言も触れず放映をし続けたため、シルクロードを訪れた数十万人が、放射能被爆の被害に晒されていた事が後に明らかになる。

 NHKにとっては大成功だった『NHK特集 シルクロード』は、CCTVとの業務提携の始まりであり、これをきっかけに双方が相手局内に支局を置くようになった。

 このようにNHKは中国共産党の喉と口の新華社とCCTVとがっちりスクラムを組むまでになっている。

 米国の議員たちがAP通信へ書簡を送って諌めたことを考えると、中国共産党の宣伝にあまりに無頓着で、あまりに野放図なNHKの振る舞いを許している日本はどうかしている。

 そして現在はより強い絆でNHKとCCTVは結ばれている。

 これ放送法に触れないのであろうか・・・


ここ何年かは不安定な体調に悩まされて来ましたが、今年も無事年を越せます。

来年は良い年になるよう祈願して、今年の年越しそばをご馳走になります。

では 良いお年を


コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 12月29日(土)のつぶやき | トップ | 日韓友好関係維持など有り得... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今年もあと少し、どうぞ良き新年をお迎えください。 (gannrikiさまへ)
2018-12-31 18:06:02
コメントを書かない日でも毎日来ていました。ブログの内容が密であり内容が濃いので大変勉強になり、ありがとうございます。来年は可愛い犬からイノシシだなんて。
日本が心配で過ごした一年でしたが、来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。ワンちゃんによろしく♫
ありがとうございました。 (一都民)
2018-12-31 18:15:45
眼力さん、

分かりませんでしたが体調不良にもかかわらず明るく楽天的な眼力ブログは私達の救いでした。

どうか年越しソバで気分一新来年もご指導の程よろしくお願い申し上げます。

親しさの余りぶしつけなコメントを致しましたがお許しください。

あなたの笑いは天下一品です。
ベッラ様にも心豊かなコメントありがとうございました。
返信 (gannriki)
2018-12-31 20:14:28
一都民さんへ

つたないブログですが、お付き合い下さり有り難うございました。
一都民さんにも、ベッラさんにもお世話になりました。
感謝、感謝で一杯でございます。
来年は良い年でありますよう、皆様の分も祈願したいと思います。

コメントを投稿