眼力Blog

反日国の動向をウォッチしています。
自滅する韓国を看取るブログです。
政治、時事問題なども扱います。

有事でも朝鮮半島へ自衛隊は出動しません=安倍首相

2015年08月28日 | 安全保障

 これほどキッパリと言っちゃっていいんですかと、心配になるほど専守防衛に専心する安倍首相です。

韓国は日帝に再び半島の土は踏ませないと言ってましたから大喜びでしょう。

一方中国は世紀の軍事パレードで最新の弾道ミサイル、最新兵器を惜しげもなく公開して、世界を恫喝することに嬉々としています。

戦争を欲しているのどちらか、誰が見ても一目瞭然ではありませんか。

安保法制に反対している人たちの目はやぶにらみか節穴ではないんでしょうか。


【阿比留瑠比の極言御免】
もはや健全な批判というより憎悪や悪意に…「安倍嫌い」の感情論と焦燥
2015.8.27  産経ニュース

 郵便ポストが赤いのも、電信柱が高いのも、みんな安倍晋三首相が悪いのよ~とばかりに、一部のメディアや学者、文化人、野党議員らの安倍首相たたきが過熱している。もはや健全な批判というより、憎悪や悪意をぶつけているとしか思えないほどである。

 この現象について、雑誌『新潮45』9月号の特集「『安倍嫌い』を考える」が興味深い視点を提供していた。例えば、著述家の古谷経衡氏は、5月の憲法記念日のトークイベントで繰り返された「呪詛(じゅそ)の言葉」を紹介する。

 「安倍以外なら誰でも良い」「安倍は史上最悪の独裁者である」「安倍のせいで日本は破滅する」…。

◆批判の裏に嫉妬

 古谷氏は、「安倍総理をヒトラーになぞらえ、それを支持する人々を右翼、社会を右傾化していると批判的に捉える人々は、『極右内閣にもかかわらず、国民的支持を受けている』という事実に狼狽(ろうばい)」し、嫉妬していると説く。

 それは「戦後左派勢力は、もはや自分たちが大衆から離反しているのではないかという事実を薄々(うすうす)感じているから」だという。うなずける指摘だ。

 確かに嫉妬という要素はあるのだろう。古谷氏の文脈とは異なるが、第1次安倍政権が倒れた直後、ある省庁幹部はメディアの姿勢についてこう語っていた。

 「各社の編集局長らは、自分たちより若い首相の存在が我慢ならなかったのだろうね」

 また、この特集でコラムニストの小田嶋隆氏は「安倍さんという政治家は、人を感情的にする」と分析し、こう述べている。

 「私に限らず、安倍さんについて何かを言う人たちは、おしなべて、感情的になっている。(中略)安倍さんの政治手法や、安倍さんが掲げている政策ならびに理念には、人を感情的にする何かが含まれている」

 確かに今国会の安全保障関連法案の審議を見ても、国際情勢や安全保障環境にかかわる冷静な議論とはほど遠い。むしろ、憲法という「聖典」の解釈をめぐり自らを一方的に「正」「善」と位置づけた野党が、政府・与党に「邪」「悪」とのレッテルを貼って責め立てる場と化している。

 特集でも、著述家の神山仁吾氏は安倍首相に対し、感情的に「あの面の皮がいかにも厚そうなブヨブヨの顔にも虫唾(むしず)が走る」と記し、「暗愚総理」と嫌悪感を隠さない。だが、普通は首相の容姿をここまでけなすことはしない。

◆大衆は同調せず

 ともあれ、安倍首相ほど好き嫌い、評価するしないがはっきり二分している首相は珍しい。左派勢力は、自分たちが寄りかかってきた戦後の価値観と既得権益が壊されることに焦燥感にかられ、批判のボルテージを上げるが、大衆はなかなかついてこない。そこで、さらに焦りを募らせ、いよいよ感情的になっていく。

 戦後70年の安倍首相談話が発表された翌15日の朝日新聞社説は、談話を「極めて不十分な内容」と書き、こう決め付けた。

 「この談話は出す必要がなかった。いや、出すべきではなかった」

 逆上したかのような論説だったが、やはり大衆はついてこなかったことが数字に表れている。朝日が22、23両日に実施した世論調査では、安倍談話を「評価する」が40%で「評価しない」の31%を上回り、内閣支持率も1ポイント上がっていた。朝日は、民意にはしごを外されたのである。(論説委員兼政治部編集委員)

http://www.sankei.com/politics/news/150827/plt1508270009-n1.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 国会では民主党や共産党が安保法制そっちのけで安倍叩きばかりしていれば、外ではこれらに呼応して、

>8/27国会前で学生たちがハンガーストライキ実施
http://www.webdice.jp/topics/detail/4833/
安保関連法案制定を阻止するために、現役の大学生たちが8月27日(木)より国会正門前でハンガーストライキを決行することを発表。webDICE編集部は、主催する「学生ハンスト実行委員会」の上智大学2年・井田敬さん(19歳)に電話で話を聞いた。

「安倍政権は今回、民意を無視して強行採決し、安保関連法案を通しました。いざ戦争となれば、殺し殺される関係に置かれてしまいます。この法案を止めるのはもう議会の力ではありません。これに対して僕らは、日常の生活を犠牲にしてでも抗議しなければいけないと思い、ハンストを行うことにしました」

 
   お昼ごはんとお菓子を抜く命懸けのハンストが本日スタートしたようです。


      安保法案反対の学生4人「無期限ハンスト」開始

ところでさ、君たちどこへ座ってるん? そこ点字ブロックの上じゃないか。

安倍叩きもハンストもいいけどさ、やる前に社会のモラルぐらいちゃんと守れる人間でないとな。

今、気付いたので追加した。

 ニュース記事ご提供は 弁護士ドットコムでした。

弁護士と言えば、日弁連のこんな記事も有りました。

>法曹と学者そろって安保法案ノー 違憲、廃案訴え
2015/08/26 21:00   【共同通信】

 法曹関係者と学者がそろって安全保障関連法案にノー。元最高裁判事や元内閣法制局長官、日弁連会長と憲法学者が26日、東京・霞が関で記者会見し「法案は憲法違反」と成立阻止を訴えた。

 日弁連主催で全国の弁護士や大学教員ら計約300人も参加。一斉に「違憲」「廃案」とのプラカードを掲げた。村越進日弁連会長は「これだけの人が結集するのはかつてないこと。立憲主義の破壊だけは認めることができない」と強調した。

 会見後、日比谷野外音楽堂で集会も開き、日弁連によると約4千人が参加。大学生らのグループ「SEALDs(シールズ)」などのメンバーも駆け付け、法案反対をアピールした。

http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015082601001819.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 元共同通信の政治記者だった青山繁晴氏が、この共同通信の記事に次のように批判しておりました。

青山氏が読むと、一見普通に書いている記事のようですが、記者として真摯じゃありませんよと、読者を馬鹿にしていると憤慨していました。

日弁連は安保法制反対で、この記事でもわかるとおり違憲だから廃案にすべきなんて叫んでいる常識はずれな団体なんですが。

青山氏の憤慨は、この団体を批判しているわけではありません。

共同の元記者として許せないのは、
        >日弁連によると約4千人が参加。

 普通参加者人数の発表は、警察とか警備当局が発表すものを用いるのに、この記者は日弁連の言うがままに4千人と書いている。

中立公正を旨とする報道の共同通信としては、当事者の一方的数字を鵜呑みにして、それだけ書くことはしてはいけない。

編集する立場の人も、それを見逃しているとしたら報道に携わるものとして失格だと。

こういうことをしていては、報道の自殺行為だと断罪しておりますよ、共同通信様ww。

青山氏のお怒りご尤もなんですが、小生など偏向報道の常習社は共同正犯だと最初から認識しているせいか、気にもせず読みもせずで知りませんでしたww

自国の安全保障を蔑ろにして、マスコミ上に安倍たたきばかりが跋扈している現状を一般国民はどう見ているんでしょうか。

こんなことに現を抜かすのは中国を喜ばせるだけではありませんか。

本当に戦争したがっているファシズム国家とは、9月3日に世紀の軍事パレードを開催し力を誇示する習近平さんじゃないんですか。

安倍たたきばかりしてる小池のおっちゃん一言頼みますよ。

 




コメント   この記事についてブログを書く
« 木更津をオスプレイ整備拠点に | トップ | 潘基文事務総長 抗日戦争70... »

コメントを投稿