眼力Blog

反日国の動向をウォッチしています。
自滅する韓国を看取るブログです。
政治、時事問題なども扱います。

弁護士さん 所属する弁護士会の会長さんらを提訴

2015年07月03日 | 民主主義

 >「政治的な声明は違法だ」 弁護士が日弁連などを提訴
2015.7.1 17:22 産経ニュース

 日本弁護士連合会や弁護士会による特定の政治的な主張について「弁護士自治とは全く無縁な『目的外行為』であり違法だ」などとして、南出喜久治弁護士が1日、

 問題となったのは今年6月の「安全保障法制改定法案に反対する意見書」や平成26年7月の「集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明」など計15本。

 原告側は訴状で、弁護士法で弁護士は日弁連と弁護士会への強制加入が義務づけられているとした上で、「(声明として出される)文書は正規の機関決議を経たものではなく、文章を作成して発信する権限は日弁連や京都弁護士会にはない」と主張している。

 提訴後に会見した南出弁護士は「日弁連は特定の意見を表明する政治団体になっている。主張したいならば強制加入の団体ではなく、賛同者を集めて任意団体を作ってやるべきだ」と訴えた。

 日弁連は「訴状は届いていないが、受領したら内容をよく検討して適切に対応したい」とコメント。京都弁護士会も「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。

http://www.sankei.com/affairs/news/150701/afr1507010030-n1.html



 弁護士を生業とする者は、弁護士法で日弁連と弁護士会への強制加入が義務づけられている。

訴えたの南出喜久治弁護士、日本弁護士連合会や弁護士会による特定の政治的な主張について「弁護士自治とは全く無縁な『目的外行為』であり違法だ」として、日弁連や所属する京都弁護士会、それぞれの会長などを相手取り、ホームページ上の意見書や会長談話の削除と100万円の慰謝料を求める訴訟を東京地裁に起こした。

弁護士さんは弁護士会に所属することが義務付けられてるんです。

しかし、日本弁護士会や全国の弁護士会は日教組と構造やイデオロギーが、とてもよく似ているんです。

ですから極左化している弁護士会に、保守系弁護士さんたちは我慢できない不満が募っているわけです。

脱原発や北朝鮮問題、日米安保、沖縄米軍問題などなど、ことごとく政府のやることにたて突くことをしているのが、弁護士会であり日教組ということになります。

こんな状況にたまりかねて、南出喜久治氏が所属する会の会長さん等を提訴したわけです。

提訴理由が面白いんです。
さすが弁護士です、イデオロギーや政治信条の違い等おくびにも出しません。

会長名で出されている声明が「弁護士自治とは全く無縁な『目的外行為』であり違法だ」というわけです。

俺たちには一言の相談もなしに勝手な声明出すんじゃあないよ!ということしょうね。

訴状見て、会長さんもどうするか考えなくちゃいけません。

弁護士さんは法律の専門家ですからね、特に会長さんともなれば、法律の表も裏も知り抜いているんでしょう。

やり手と思われる弁護士さんは表技や裏技に精通してますから、法律の抜け穴をご存知なんです。


 訴え起こした南出喜久治弁護士と言えば、改憲・護憲共に反対されていて、現憲法の無効を主張されている有名な方です。

   「占領憲法は憲法として無効である!」南出喜久治弁護士


 動画を見た方はお気づきになると思いますが、南出喜久治弁護士は大日本帝国憲法現存論を主張されているのです。

ごく一部ですが、その動画をもう一つアップして置きます。

   8-1 大日本帝国憲法現存論講義 弁護士 南出喜久治



コメント   この記事についてブログを書く
« 上海株式市場 明日は魔の金曜日 | トップ | 3度目の正直 魔の金曜日 »

コメントを投稿