【刻字の樹】ブログ

「遊び心」で、【作者の心根】を想い臨刻し、木肌の持つ美しいさを生かした作品の紹介させて頂いています。  

【 一期一会 】

2018-06-16 07:59:30 | 刻字と俳句、詩

        一 期 一 会 

        

   先日、弓道部OB会に併せ、51年ぶりに同期7名が集まった。

  9名の同期全員が元気であり、まだ職場を持ち現役で活躍の者もいる。

   しばらく話に、名前と顔が合い口調にも懐かしさを感じた。

      梓弓/ 引きて静かに/ 淑気立つ

  「 友達と梅干は  古いほどよい 」 

  宇多喜代子さんの言葉だが、本当に古き良き友を得たと感じる同窓会

  であった。  

   〔追記〕  

   我がさぬき市の春を詠った、毎日新聞投稿句の一つ

     『 若嫁の/ 里へ鰆の/ 押鮨を 』

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【 杏 (莫山書) 】 | トップ | 【刻字‥「秋宿驛館」 (橘直... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

刻字と俳句、詩」カテゴリの最新記事