徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”

タイガース、水彩画、鉄道などの、僕の気ままな”独り言”

トラ、エラーで自滅、実力差ありあり・・・完敗

2012年06月27日 21時48分56秒 | 野球・タイガース

初回からエラーなどで大きくリードされ、その後もミス等で加点され、追いかけても追いかけても、突き放されます
そつのない攻めをする中日に対して、ことごとく中途半端な攻撃に終始し、実力の差がはっきりと出た試合となったのではないでしょうか?


先発岩田は、いきなり荒木にヒット、大島にはデッドボール、和田はセカンドゴロでゲッツーと思ったのですが、平野が鳥谷に悪送球、ノーアウトで2点を入れられます。
その後も、四球やパスボールと堂上直のタイムリー等で2点を追加され、初回から4点のビハインドとなります。
これで、それを反発する力がないのが、今年のトラなのです。

昨日と同じような負けパターンでしたが、昨日と違うのは、後、早い回に追いかけるのですが、中日は、それをあざ笑うように、その度に加点してゆき、トラに追いかける意欲をなくしてゆきます。

ゲッツーの取れないトラに対して、1,4回のチャンスにゲッツーに終わり、その差が、試合の勢いとなりました。

  

これで対中日6連敗、ナゴヤでは、今季勝てません。
首位中日を破ってこそ、追撃が可能なのですが、そこにコロコロ負けるようでは、優勝どころか、Aクラスも難しいのではないでしょうか?

ナゴヤドームが鬼門と言われていますが、ただ勝てないだけと言うのではなく、勝とうとしないように思われます。
鬼門というのを言い訳にしないで、単純に、試合巧者に、太刀打ちできないということではないでしょうか・・・・

  今日の新井は4打数4安打、この調子は何時まで・・・

実力差は、選手起用にもでているようです。

岩田の投球間隔が開き過ぎているための調整が出来ていないのでは・・・・
そのことを首脳陣が分かっているのなら、キャッチャーは藤井が当然なのですが、如何に若手を育てると言っても、日替わりキャッチャーでは・・・・・・

結果論かも知れませんが、キャッチャーの仕事の差も、見逃せない勝負どころです。

でも、唯一、昨日と同様、久保田がしっかり投げたことぐらいです。 
この試合、始めての三者凡退にしたのが久保田だったのですから・・・・

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« トラ、好不調激しく、初回3... | トップ | トラ、策なく、元気なく、勝... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

野球・タイガース」カテゴリの最新記事