はちの家造りドタバタ奮闘記(・ω・)

私のちょっとした日常や住宅にかかわるニュースなどをつらつらと…

住宅を現金一括購入することのデメリット

2017-03-03 13:11:48 | 日記
みなさんこんにちは。

休日をひどい二日酔いで過ごしたと書きました。

休日明けが一番疲れているはちですだめじゃん

さて、こんなリッチな方にはなかなかお目にかかれませんが、まれにある現金一括購入で住宅を取得されるお客様。

ローンを組まないとどのようなメリット、デメリットがあるのか見ていきましょう。

現金で一括購入するメリット

諸費用を節約できることが一番のメリットです。

現金で一括購入する場合にも不動産取得税や登記費用などの諸費用が掛かりますが、住宅ローンを組むとその他に、融資手数料やローン保証料、抵当権設定費用なども予算に含める必要があります。

例として、販売価格3000万円の住宅を頭金1000万円、返済期間35年(ボーナス払いなし)金利1.400%(超長期固定金利型30年超~35年以内)で2000万円を借り入れしたとして、シュミュレーションをしてみました。


*選択した金利が借入全期間変動しなかった場合の新規借り入れ

この場合、利息と諸経費の合計約590万円が余分にかかる費用です。

登記費用は現金での購入時にもかかる費用なので、約577万円が現金一括購入との差額となります。

引っ越し費用や新居に合う家具や家電をそろえたとしても、おつりがきそうな金額ですね。

また、住宅ローンの申込みにかかる時間と書類を集める手間が省けることも、忙しい人にはメリットだと感じることでしょう。

現金で一括購入することのデメリット

利用できる制度や低金利のメリットを活かせないことがデメリットです。

まず、一定の住宅ローンを組むことで利用できる「住宅借入金等特別控除」の対象外ということ。

この控除は、住宅ローンの年末残高の1%(平成31年6月30日までの期間。上限40万円)を10年間所得税等から控除できるところが魅力です。

年末の住宅ローン残高が2500万円だとすると、1%の25万円が控除できる限度額となります。

次に、一括購入すると住宅ローンはない代わりに貯蓄も減るということ。

足りないお金を教育ローンやカードローンに頼ってしまうと、住宅ローンに比べ高い金利を支払うことになりかねません。

また、住宅ローンを組むと一般的に団体信用生命保険に加入でき、死亡保障だけでなく高度障害になった場合は住宅ローンの残債が保険金で完済されます。

団信生命保険は一般の生命保険よりも保険料が割安な事が多いため、万が一に備えることもできます。

さらに、住宅ローン金利の水準よりも高い運用利回りが可能であれば、手元資金を支払いにあてず運用することで、得られる利益を住宅ローンの支払いに充当していくことができます。

できれば住宅ローンを組まず現金一括購入するに越したことはありませんが、このように意外とデメリットもあることがわかります。

おすすめは、ある程度余裕資金を残しつつ、有利な住宅ローンを組むということ。

返済計画を立てるときにはファイナンシャルプランナーなど、住宅購入に詳しい専門家を頼ってみるのもひとつの手でしょう。

もちろんはちに相談いただいてもいいですよ

余談ではありますが、元本保証で利回り1%の商品を見つけました。

JAの組合員になるのです。

引き出せるタイミングが年に一度なので定期預金の感覚なのですが、銀行に預けておく100倍の利息が付きます。

どうしても元金を減らしたくない人にはお勧めですよ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今月の住宅ローン金利 | トップ | 我が家の大黒柱と出会う旅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事