風をうけて vol.3

お引越ししてまいりました。
拙いブログですがよろしくお願いします。

「安政遠足侍マラソン」を走ってきました。

2018-05-14 04:29:52 | マラソン
昨日、あの仮装ランナーの多さで有名な「安政遠足侍マラソン」を走ってきました。

朝からぽつぽつと降り出した雨。

仮装ランナーにとって雨と風は大敵。

不安の中でのスタートでした。(最後は土砂降りになりました)

しかし、今年(?)の仮装のトレンドは大きさ。



もう普通の衣装じゃ目立たない。

だから大きさでアピールするという図式なのでしょう。

でもなぁ、なんかちがうようなきがするよ。



これでゴールまでたどり着けるのかな。

一部すごく狭い歩道を走るから、う~んどうなんでしょう。

高さにしてもトンネルを二か所くぐらなければならないし。

最後まで同じ形を維持して、走り切ってこそ仮装ランナーだよね。



まあ、それはそれとして、私自身、前回のかすみがうらマラソンで手術箇所の異常な痛みと足の感覚が完全に狂ってしまい、もしも今回同じような不具合が生じたらもう走れないなと、そんな危機感をもってのスタートだったのです。

でも、結果的に幸運にも痛みをまったく感じず走り切れたのです。

普段の生活でも痛みを感じていたというのに、何故なんでしょう。

今でも不思議で仕方ありません。

モーラステープで湿布をし、消炎剤を塗りまくったのが良かったのかな。

ともかく、仮装でのランでゆっくりを心掛けたのが結果的にはそれが良かったのでしょう。

その状態が、山道に入っても変わらず、これなら次回の「奥武蔵ウルトラマラソン」もいけるかなという感触をつかむことができました。



しかし考えてみれば、もうダメ、まだいける、そんな稜線の上をまるでやじろべえみたいにフラフラしながらのランニングライフ。

何だか辛いですわ。

色々な障害を乗り越え、それなのに次から次へとまた形を変えて現れてくる障害の数々。

順調にいかない、それが私に与えられた運命なのでしょうかね。

記憶に残すのにはもってこいの出来事だけど、辛いの7割、楽しいの3割。

辛いことの方が圧倒的に多いのです。

でも、野球のバッターだって3割打てれば一流。

そう思えば上出来かな。。。(笑)


(ライオン忍者が私です)

さて、来年は私も大型のモノに挑戦!・・・しないなぁ。
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 忘れられないけど忘れます。 | トップ | ランナーでいられるという喜び »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様 (げたのうら)
2018-05-14 17:07:42
「安政遠足侍マラソン」土砂降りの中お疲れ様でした。
様々な仮装ランナーがいてとっても楽しそうですね。
でも年々大きくなって巨大化してますか・・・
周りのランナーの迷惑にならない範囲でお願いしたいところですよね。

この調子で「奥武蔵ウルトラマラソン」も痛みがなく完走されますよう祈っています。頑張って楽しんでください。

げたのうらさん (i一路)
2018-05-15 05:34:57
ありがとうございます。

実はひとがひとりだけしか通れないような歩道も走るのですが、横幅のある仮装だと無理じゃないかなと思われます。
もちろん後方のランナーは追い抜くこともできませんからね。
少し考えさせられることですね。
「奥武蔵ウルトラマラソン」頑張ります。
ふかやらいふとして最後のレースですから何としても完走したいです。
これから大会の日まで頑張って練習をしようと思っています。

コメントを投稿

マラソン」カテゴリの最新記事