ガメラ医師のBlog

「小さき勇者たち~GAMERA~」名古屋ロケにエキストラで参加
 ガメラ情報なんでも紹介Blog、ネタばれ満載!

ガメラ:16年4月前半の日本全国ガメラだらけ

2016-04-15 16:00:00 | ガメラ
 本項では、平成版ガメラのモデルとされる「ワニガメ」「カミツキガメ」についての目撃情報を、まとめてご紹介しております。
前回1日更新の、「 3月のガメラだらけ 」はこちら


 TBS動画で、カミツキガメ関連ニュース:
TBS News i
http://news.tbs.co.jp/
4月1日付け動画ニュース より、
千葉・印旛沼にカミツキガメ1万6000匹、対策強化へ 【動画あり】
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2739044.html
 千葉県がこれまでの捕獲数を元に生息数を推計したところ、印旛沼周辺のカミツキガメは現在、およそ16,000匹が生息しているものと推計された、と発表。
去年は雄雌を合わせて900匹余りを捕獲したが、捕獲数は年々増え続けている、との事で。
「 今後カミツキガメの数を減らすためには、年間で1250匹以上のメスを捕獲する必要があるということで、千葉県は毎年、設置しているわなの数を増やすとともに、捕獲したメスに発信器をつけて産卵場所を調査するなど対策を強化する方針です。(01日17:40) 」
 ニュース動画の内容は、「捕獲わなにかかったカミツキガメ」です。


 上記の反応記事で、カミツキガメを詳細解説:
tenki.jpサプリ
http://www.tenki.jp/suppl/
さん、4月3日の更新。
アメリカ大陸から来た最強ガメが大増殖開始!? カミツキガメってどんなカメ? 【写真あり】
http://www.tenki.jp/suppl/kous4/2016/04/03/11371.html
 トップページを見ると、天気予報のポータルの様に見えますですが、時事問題を扱うtenki.jpサプリ
の記事中に、印旛沼水系一帯での繁殖が問題でニュースともなっているカミツキガメについての詳細解説。
原産地から外見、その生態や国内への輸入の歴史などを簡潔に説明してから、「印旛沼水系における国内繁殖の歴史と背景」、更には「原産地アメリカでのカミツキガメ食の実際」などについても解説されてます。結びの文章で、
「 日本人は、亀大好き民族。亀を吉兆福徳の象徴として親しみ、寺社の池には亀がいるのもよくみる風景。そして戦後は怪獣映画「ガメラ」が大ヒットし、男の子たちは身近な怪獣のミニチュアとして、亀に夢中になりました。祭りの縁日のミドリガメも、ヒヨコなどとともに大人気でした。
決してそれが悪いことではないのですが、こうした亀フェチの多い背景の中でカミツキガメも大量に持ち込まれて飼育され、やがて捨てられて必死に異国の環境でサバイバルしてきたのです。もとはいえば、安易に外国種を輸入し、飼育して無責任に捨てた私たち人間の身勝手によるもの。 」
 彼ら(カミツキガメ)自身も本当は被害者だということを、忘れてはならないのではないでしょうか、と提言されてます。


 浜松市でワニガメ(?)捕獲記事:
中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/
>静岡、4月9日付け記事より、
用水路に1メートル巨大カメ 浜松・南区 【写真あり】
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20160410/CK2016041002000066.html
 9日の正午前ころ、浜松市南区中田島町の水路で通行人の男性が体長約1mの巨大なカメを見つけて110番通報。現場は国道1号線の中田島交差点から西に約百メートルの田園地帯。
「 男性二人が用水路に入ってカメに網を掛け、署員ら約十人で引き上げた。作業を手伝った南区中田島町の男性会社員(46)は「捕獲しようとした時、口を大きく開けて威嚇してきた。こんなに大きなカメを見たのは初めて。子どもが見つけていたら、かまれていたかも」と話した。 」
 背甲がかなり丸くなってますが、口嘴の形態からワニガメの成体ではないでしょうか?


 ワニガメちゃんをお迎えに:
ヤフオク専門中古車屋・かわむらのブログ
http://ameblo.jp/thegoyaman2008/
さん、4月13日の更新。
新入りさんです! 【写真あり】
http://ameblo.jp/thegoyaman2008/entry-12149897418.html
 提出していた「特定動物飼養許可」がおりたので、生体を引取ってまいりました!
遂にワニガメさんをお迎え!!
特定外来生物なので移動の際にもちゃんと許可を取り、施錠できる容器で運搬しないといけないのだそうで、移動用の容器はショップからお借りしたのだそうです。
来たよ・・・ のワニガメ君お写真が3枚。
「 甲羅の形(キールと呼ばれる部分です)が刺々しくてカッコいい!
怪獣みたいですね。
実際、特撮映画に登場するガメラは、ワニガメがモデルだそうです。
   ↓
まだ慣れていないせいか、口を大きく開けて威嚇してきます(笑)
噛まれたら、痛いどころではすみません [〓]
そして意外と動きが速い!
噛む力はライオンやワニよりも強いらしく、成体になると人間の指くらい簡単に噛み切ってしまうそうですので、扱いには十分に気をつけなければいけません。 」
(文中の絵文字を、[〓] で代用しました @ガメラ医師)
 甲長は18cmほどで、この大きさだとまだ2~3歳位、なんですって。 ^^;)
上手に飼ってると、あと数十年は生きるそうで、大事に育てる! と宣言。


 本日は、あと3本更新の予定です。
コメント   この記事についてブログを書く
« ガメラ:16年4月前半のケヅ... | トップ | ガメラ:小さき勇者たち~GAM... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガメラ」カテゴリの最新記事