ガメラ医師のBlog

「小さき勇者たち~GAMERA~」名古屋ロケにエキストラで参加
 ガメラ情報なんでも紹介Blog、ネタばれ満載!

ガメラ:昭和(湯浅)版視聴記など 2010/12/28

2010-12-28 16:00:00 | ガメラ
 昭和の大映ガメラシリーズ8作品の鑑賞記などを、まとめてご紹介しております。
CSファミリー劇場放送分の鑑賞記が含まれている可能性があります。
前回の「 湯浅版視聴記 /12/17 」はこちら


 大怪獣のレビュー:
今日の出来事
http://green.ap.teacup.com/m-goto/
さん、12月20日の更新。
湯浅憲明監督『大怪獣ガメラ』
http://green.ap.teacup.com/m-goto/1689.html
 スカパー、ファミリー劇場での視聴記事。ストーリーの概略+感想の構成です。
ドラマパートは流石に古びた部分もあるが、築地米三郎が担当している特撮パートの画面は今でも見ごたえ十分。
「傍役も充実していて、古生物学者に浜村純、ワンポイント出演のエスキモーの酋長にテレビ番組「悪魔くん」で初代メフィストを演じた吉田義夫、飛ぶガメラを最初に目撃する百姓に左卜全といった感じで、戦後世代には懐かしい顔ぶれが見てとれました。渋谷109を破壊する金子監督のガメラが現在ではメジャーになっていますが、旧作のガメラも見る価値ありです。」


 湯浅版の視聴記:
ワニ狩り連絡帳
http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/
さん、12月18日の更新。
「大怪獣ガメラ」(1965) 湯浅憲明:監督
http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/20101218/p1
「置いてきぼりにされてしまったポイントがあれこれ残るのが気になるところで、冒頭の原爆を搭載した国籍不明機とか、あれっきりでいいのだろうかとか、「ガメラはひとりぼっちでさみしいんだよ」とガメラに理解を示す少年が、ラストで宇宙へ放出されるロケットにガメラが閉じ込められて発射されても、「よかった」と不可解な納得をしているところなどは、どうかと思う次第。」
 云われてみると、二本足歩行するカメさんは確かに可愛いっすね。^^)

 12月19日の更新。
「大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン」(1967) 湯浅憲明:監督
http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/20101219/p1
「「南方への夢」というか、せんじつの維新派の舞台でも描かれたような「南へのロマン」というのは、たしかにこの1966年とかにもまだ、しっかりと日本に存在していたわけだろう。ガメラは北極圏生まれというのはゴジラを意識してのぎゃくの設定だっただろうけれど、こうして二作めで早くも「南方」が登場する。
 どうもこの「ガメラ」シリーズというのは、ぐうぜんにでもさいしょに怪獣を目撃してしまったにんげんがなぜか無条件に撃退作戦にも関わり、さいごまで活躍するということになっているようだ。 」

「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」(1967) 湯浅憲明:監督
「シリーズが進行すると特撮がチャチになっていくという法則でもあるのか、ちょっとなさけない感もただよいはじめる。高速道路建設工事にからんで村落の住民が保証金目当てに反対運動をやるという設定は、三里塚闘争の激化した当時、いくらなんでも無神経だったろう。というか、それがこの映画製作者の意見だということか。 」


 大怪獣空中戦の思い出:
今日のサカタドッグスクール
http://sakata-dogschool.at.webry.info/
さん、12月21日の更新。
僕が犬達をどれだけ好きかあなたは知らない…
http://sakata-dogschool.at.webry.info/201012/article_3.html
 動物好きのルーツは、幼稚園時代のガメラが嚆矢だそうで。
「ガメラは人間の子供が大好き!
第三作目の「大怪獣空中戦!ガメラ対ギャオス」からガメラと交流を持つポイントゲッターになる少年や少女が必ず出て来る。
ガメラに助けられ、ある時はガメラを助け、背中に乗せられて優しく飛んでくれる。
子供心に「羨ましいなぁ~」と良く思ってた…と同時に人間ではない相手との気持ちの繋がりを求めるきっかけになったのは間違いない!
動物が好きと言うよりは、自分の言う事を聞いてくれたら嬉しいなという憧れでしょうか…。 」
 そして小学校時代から、様々な昆虫や小動物との付き合いが始まったとの由。


 「 /11/12 」でご紹介した、「大怪獣空中戦の視聴記」に続きまして、
対大悪獣、対大魔獣の視聴記:
本日モ晴天ナリ
http://ameblo.jp/dai-kume/
さん、12月23日の更新。
子供の味方!! 【写真あり】
http://ameblo.jp/dai-kume/entry-10745198350.html
 対宇宙怪獣がなかったので、次の二作品をご視聴。
お写真は、DVDのカバーを二枚まとめて撮影しました。
「ギロンは頭が包丁のような怪獣で名前もギロチンから来ています 
ガメラが苦戦したギャオスをあっさり料理 
頭の刃物でおろしてしまいますw 
ジャイガーは悪魔の笛と呼ばれる石像で封印されていた怪獣で 
相手に卵を産みつけるという変わった攻撃をしてきます 
いや~ガメラは面白いよw 
バイラスも見たいなぁ~」


 本日は、あと3本更新の予定です。

コメント   この記事についてブログを書く
« ガメラ:10年12月の伊豆アン... | トップ | ガメラ:日本全国(等身大)ガ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガメラ」カテゴリの最新記事