ガメラ医師のBlog

「小さき勇者たち~GAMERA~」名古屋ロケにエキストラで参加
 ガメラ情報なんでも紹介Blog、ネタばれ満載!

ガメラ:平成(金子)版視聴記など 2013/12/31

2013-12-31 16:00:00 | ガメラ
 前回更新分の、「 /12/21 」に続いて
http://blog.goo.ne.jp/gameraishi/e/595f44cf4c63ca7b195f22124646ff71
「大怪獣空中戦」から「邪神<イリス>覚醒」まで、平成(金子版)ガメラ三部作の鑑賞記事などを、まとめてご紹介しております。


 前回の「湯浅版視聴記 /05/09 」では、「大怪獣決闘の詳細レビュー」をご紹介。
久々の再鑑賞:
超おすすめ+カルト☆特撮演劇映画サントラ ITOYA_ONILINE_SUPER
http://ameblo.jp/itoya009/
さん、12月22日の更新。
映画『ガメラ2 レギオン襲来』1996年 主の問いに答えて曰く"我はレギオン,我ら... 【写真あり】
http://ameblo.jp/itoya009/entry-11733859330.html
 LD購入済によりDVD-BOXの購入は見送ったので、今回BD-BOXで観直し。
DVD、BDのカバー写真などを掲載されてます。
作品自体は、何度見ても感涙必至の名作に違いないのですが…、
「 比較的最近の作品だからか、モニタの性能の限界か、際立って高画質になったような感じは受けませんでした。
BOXケース裏のコピーで「永久完全保存版」とありますが、映像特典が大不満!
特典映像は、各作品の「現在での」スタッフインタビューと特報・予告編・TVスポットのみです。 」
 LD-BOXの映像特典だけでも何故再録しないの!?


 お孫さんにGⅡ見せてみた: 
シネマと虎とグルメたち
http://blog.goo.ne.jp/sunamoto/
さん、12月24日の更新。
ガメラ2 レギオン襲来 【写真あり】
http://blog.goo.ne.jp/sunamoto/e/14b965305a07c9ca4bd169c32d25fae0
 年末でお孫さん達が帰省。
「 2週間ほどの滞在となるが、彼らの迫力は来るたびに増している。
少しおとなしくさせるために録画してあった「ガメラ2 レギオン襲来」を見せると期待通りに喰いついた。
必死でガメラを応援し、自衛隊にも声援を送っていた。 」
 大人も十分に楽しめる、大人にとっての怪獣映画がもう登場しないかもしれないというのが残念。


 年末年始のお勧め映画でGⅡ:
影郎デザインワークス
http://kagero-dw.jugem.jp/
さん、12月27日の更新。
お正月は怪獣映画を見よう! 【動画あり】
http://kagero-dw.jugem.jp/?eid=4061
 お正月に見たいお勧め怪獣映画5本を動画付きでレビュー。
最初の一本目が、「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」です。
ただしここでお勧めされてるのは映画全体ではなく冒頭の一部分のみ。
「 内容はそれほど面白くなくてガメラのシリーズ展開を打ち切りにしてしまった作品なのだが、、、
ガメラが逃げ惑う敵のギャオスを追って渋谷の街に降り立つシーンだけでいいので見てほしい。これはすごい! 」
YouTube経由で動画「The battle of Shibuya (Gamera 3) /ガメラ3 渋谷(07:40) 」を転載。
一面の真理ではありますね。^^;)


 イラストレータ、大矢正和さんのBlogから、
イラストレーター大矢正和のblog
http://oya.blog.so-net.ne.jp/
さん、12月29日の更新。
パシフィック・リムを見て気に入った人にオススメの作品 【写真あり】
http://oya.blog.so-net.ne.jp/2013-12-29
 「巨大ロボットと怪獣のどつき合い」を2百億円かけて作った映画、が面白かった人向け、
大矢さまがお勧めする映像作品のご紹介です。一番最初が「平成三部作」。
「 ストーリー的には1、2作目が面白いけど映像的には3作目がいい。ラストの京都駅の戦いは着ぐるみ怪獣映画の到達点といっても過言ではない。ちなみに特撮シーンを担当した樋口監督が実写版「進撃の巨人」を撮ります。また脚本はパトレイバーThe Movie1、2、攻殻機動隊パート1の伊藤和典氏。 」
 その後は、「ジャイアントロボ 地球が静止する日」、機動戦士ガンダム「0083の後半&第08小隊の後半」、「パトレイバーThe Movie1,2とさらば愛しのルパン」、「エヴァンゲリオン」、「PS3ソフト、アーマードコア フォーアンサーのオープニングムービー」。


 「 サンサン劇場でガメラ /12/26 」でのご紹介に続き、
GⅢレビュー:
映画じゃなくても語れるよ?(木村晶彦の雑食系ブログ)
http://blog.livedoor.jp/basedonfacts/
さん、12月30日の更新。
古都決戦・玄武VS朱雀『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』:A+ 三部作総評:A 【写真あり】
http://blog.livedoor.jp/basedonfacts/archives/68063986.html
 塚口サンサン劇場での平成三部作も第3弾。
映画のレビュー、というより「GⅢの背景解説:京都論議」となっております。
「 ガメラとイリスが京の都で対峙する。この構図のベースは中国思想にある。
イリスの別名は「柳星張(りゅうせいちょう)」。中国星座二十八宿のうち、西洋のうみへび座に相当する南方三宿を占めるのが「柳星張」。これも中国の伝説上の神獣で、南方を守護する朱雀(すざく)に対応している。都の南方を守る翼獣というわけですな。
一方のガメラは、都の北方を守護する玄武(げんぶ)になぞらえられる。京都を南から脅かす朱雀を、北側に降り立った玄武が押し留める。北の亀と南の鳥の戦い。ね?大阪じゃダメでしょ?歴史的な裏付けがない。
戦いの舞台は、市街地南部の東寺から京都駅にかけて。ここが選ばれたのにも理由がある。 」
 平安京の設計思想を忠実にトレースするならもうちょっと西側、朱雀大路のスタート地点である羅城門近辺に出現するのが筋なんだそうだ。


 本日は、あと4本更新の予定です。
『その他生命体』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ガメラ:映画の中のガメラた... | トップ | ガメラ:「京都怪獣映画祭ナ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガメラ」カテゴリの最新記事