ガメラ医師のBlog

「小さき勇者たち~GAMERA~」名古屋ロケにエキストラで参加
 ガメラ情報なんでも紹介Blog、ネタばれ満載!

ガメラ料理 -もしくは食材世界のガメラたち- 2015/07/25

2015-07-25 16:00:00 | ガメラ
 前回更新分の「 /07/04 」に続いて、
「ガメラの手=カメノテ」や「ガメラ野菜=ロマネスコ」など様々な「ガメラな食材」、もしくは「ガメラな料理(但し鼈鍋を覗く) 」に関する記事や情報を、まとめてご紹介致します。
関連で24日更新の「ガメラパン 15/07 」はこちら


 千葉市富里、ラーメン福たけのレビュー記事:
ごりら目線
http://ameblo.jp/uhhokora/
さん、7月5日の更新。
千葉ラーメン旅 富里 ラーメン福たけ 【写真あり】
http://ameblo.jp/uhhokora/entry-12046459035.html
 無意識下で美味しいと思っているラーメン屋があるんだ、という事に気付いたので記事にしてみた。 ^^)
メニューが豊富なのに旨い、というのも特徴なんだそうで。
二郎インスパイア、の「フク郎らーめん」に続きまして、福たけの密かな看板メニュー「ガメラ」をご紹介。
「 来店した時はカウンターに座り他のお客さんが何を注文しているのか密かに観察しているが、男の常連風のお客さんは、ガメラを注文している事が多かった。
その中でも、ガメラ→大ガメラ→超ガメラとスープの濃さが成長していく。
ゲンコツを煮詰めて煮詰めて超ドロドロにする、超ガメラは一日の杯数が限定されるラーメン。
   ↓
超ガメラ全部のせ。普通盛り。980円。 」
 本体のお写真1枚と食味レポ。ラーメンの概念が変わる一品、だそうな。 ^^)ノシ
あと一品、「特製メガ豚煮干しつけ麺大盛」を含めて3ラーメンをご紹介。その他のらーめん類やサイドメニューも豊富でご家族にもオススメのらーめん店だそうです。


 7月のガメラの手、第2弾(料理編):
よさぶろう徒然日記帳
http://blogs.yahoo.co.jp/pegimaru4saburo/
さん、7月5日の更新。
亀の手! 【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/pegimaru4saburo/36690547.html
 池袋駅西口の海鮮料理店、海畑(うみばたけ)さん にて。
http://www.umibatake.com/
皿上の盛り付けと、剥き身のお写真が全部で4枚掲載されております。
「 ガメラの手ではございません。
亀の手…なる珍味でございます♪ 」
ホタテのようなお味で、お酒のアテにぴったりですと。 ^^)


 拙Blogでのご紹介は、「 金子版視聴記 /01/06 」での「平成三部作を一気見!」以来となります。
7月のガメラの手、第3弾(料理編):
無用ノ介の首 五百両也
http://ameblo.jp/muyounosuke/
さん、7月11日の更新で2題。
肴590 【写真あり】
http://ameblo.jp/muyounosuke/entry-12049036237.html
 移動中に立ち寄った市場で、久しぶりに見かけたので買ってきた。
「 カメノテ。
   ↓
「亀の手」とはまた、言い得て妙だ。亀と長年同居した身としては、感嘆を禁じ得ない。先っちょの亀の爪みたいな部分もだが、柄の部分の、亀の手足みたいなウロコっぽい造型には恐れ入る。 」
 ザル一杯の「ガメラの手」を写メ。

肴590② 【写真あり】
http://ameblo.jp/muyounosuke/entry-12049348792.html
 塩水で水から茹でる。塩気が出るので塩はごく控えめ。
アクをまめに掬いながら10分から15分、アクがなくなったら茹で上がり。 ^^)
自然に冷まして喰う。
「 図解。左上のガメラの爪と、右下の柄の部分は食えない。その間の二つが可食部分になるが、主には柄の中にあって、柄を支える筋肉がメインだ。
爪の中の蔓脚(まんきゃく、またはつるあし)とその周辺は、食っても害は無いし、美味いことは美味いが、やはりゴシャゴシャした食感から、あんまりありがたくは無いな。 」
 爪の中も、食べようと思えば食べられるんですねえ。


 7月のガメラの手、第4弾(観察篇):
瑞稀のブログ
http://ameblo.jp/bluemoonlight6730/
さん、7月12日の更新。
海あそび 【写真あり】
http://ameblo.jp/bluemoonlight6730/entry-12049169906.html
 月初めの日曜日に、旦那さまと海遊びに行ってきました。
主な目的は「シーグラスの採取」。旦那さまはすぐに飽きちゃって海岸を探検してたらしい。
「 『亀の手』という、あれは貝類になるのかな、ホントまさに亀の手ガメラの手って感じで不気味なんだけど、お吸い物に入れると素晴らしく美味しいそうな。岩と岩の間に生えているのを鎌状のものでザックリと穿り出すように収穫するらしい……と全て教えてもらったことなので実践はしてません。ただ岩の間からザックリというのも想像すると、指つめました感が半端なくて、やっぱり勘弁してねとなるかなあ(笑) 」
 お目当てのシーグラスは大の豊作。旦那さまの「丸い石拾い」の成果と併せて
帰りのカバンの重かったこと! ^^;)


 7月のガメラの手、第5弾(採取編):
浜石便り
http://blog.hamaishi.com/?eid=188
さん、7月12日の更新。
カメノテガメラ? 【写真あり】
http://blog.hamaishi.com/?eid=188
 日照りガンガンの猛暑だけど、磯へカメノテ獲りに行ってきた。
で、本日の収穫は…
「 【ガメラ】のような形のカメノテの塊をゲット [!]
トゲトゲのわりには ほっこりと可愛い形です [〓] 」
(文中の絵文字を、[〓] で代用しました @ガメラ医師)
 掌いっぱいサイズの「ガメラの手」の集塊を写メ。
よくみると後方にも、トレイ一杯に収穫されたガメラが写りこんでおります。 ^^)ノシ


 7月のガメラの手、第6弾(調理編):
さいとうの食卓
http://ameblo.jp/wasyokuha-tanosii/
さん、7月16日の更新。
「ちろり」で、ひやしおでんをばいただく。 【写真あり】
http://ameblo.jp/wasyokuha-tanosii/entry-12051038106.html
 盛岡市大通に新規開業したおでん屋「ちろり」を冷やかす。前のお店より明るくモダンな内装で、好い感じ、とか。
冷やしおでんとハイボールを頂く♪
おすすめに、亀の手があったので攻めてみた。
「 まあ、可食部位少ない。。。ガメラの手のようなものです。
ウィキから拝借しますと「カメノテは、石灰質の殻をもつ岩礁海岸の固着動物で、カメノテ属唯一の種である。甲殻類ミョウガガイ科に分類される。」ものだそうです。 」
 長皿に盛り付け、ガメラの手のお写真1枚を掲載。
やっぱり暖かいおでんもね、と云う訳で
「茹で卵」「牛筋」「(鶏の)キンカン」「クジラの脂」などを賞味。


 千葉市内、らーめん福たけ桜木本店で超ガメラを食す:
最果てブログ
http://ameblo.jp/novmov/
さん、7月20日の更新。
「らーめん福たけ 桜木本店」 【写真あり】
http://ameblo.jp/novmov/entry-12052694783.html
 彼女とのデートでラーメン店を探索。
お昼どきでほぼ満席だったけど、カウンターが2席空いてて良かった。
「 これは彼女の頼んだ「九十九里煮干し岩のり塩ラーメン」大盛り、煮玉子トッピング!
   ↓
そしてこれは私が頼んだ「濃厚らーめん 超ガメラ」です! 」
 オーダーメニューのお写真を掲載。
大変美味しく頂きました。ガメラも大盛りにすれば良かったな って後悔。^^)ノシ


 本日は、あと3本更新の予定です。

コメント   この記事についてブログを書く
« ガメラパン -もしくはスイ... | トップ | ガメラ:石ガメラ 2015/07 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガメラ」カテゴリの最新記事