気まま釣行記

サーフキャスティングが大好きで投げキスやルアーゲームがメインです。
釣行記だけでなくタックルの紹介などもしてます。

セフィアBBの初釣行に行ってきたよ。

2018年10月15日 | 釣行記 ソルトルアーゲーム

昨日は福井県の水晶浜まで行こうかと思ってました。

しかし朝食してる最中に妹が慌てて起きだしてきて飛行機のフライト時間に間に合わないと言ってます。

それで私もアタフタと準備して車で送って行くことになりました。

まあフライト時間には十分間に合いましたが伊丹から水晶浜はちょっと遠いです。(;´・ω・) ドウシヨカナ

それで舞鶴若狭道を使って舞鶴方面に行くことにしました。

それで行ったのは舞鶴の由良浜海岸です。

ここならテトラ帯の手前から狙うのにちょうど良いのではと思ったんですよね。

そしてタックルはロッドは勿論セフィアBBS83Lでリールはアルテグラ2500HGSにしました。

セフィアBBのレッドカラーはなかなか奇麗で気に入りましたがリーるのアルテグラのカラーとは合いませんね。(^^;) シカタナイカ

本当はリールもセフィアBBで揃えた買ったんですが予算が無かったので手がなかったんですよね。

まあ釣りには問題と思うのでさっそく釣りスタートです。

しかし風が北からの向かい風で5-6mほどの少し強目でした。

そしてエギも2.5号と3号と軽めの物を用意してたので20mほどしか飛びません。(ーー;) トバナイナー

これではブレイクのほんのちょっと先にまでしか飛ばないのでとても釣果は期待できません。

それでエギングは諦め14gのチョイ投げ天秤にガルプサンドワームでチョイ投げに変更です。

これで何とか40m近くまで飛ぶようになりましたがアタリが一向に有りません。(・.・;) ナンデ

結局少しずつランガンしながら2時間半ほど粘りましたが全くアタリがなかったので場所移動することにしました。

そして移動したのは由良川河口から2kmほどの所の右岸です。

ここは8月にハゼ釣りをしたところで昨日は実際にハゼの投げ釣りをしてる方が居られましたよ。

そしてさっそく開始すると2投目でブルルルという感じのアタリが来ました。

次の3投目でもアタリが来たのですがうまく乗らずワームだけが外れてました。

しかしこれでここでなら魚が釣れそうだと期待が膨らみます。

そしてさらに数投目でようやく釣れたのが下になります。

それで釣れたのは何と外道の代表のクサフグちゃんでした。

まさかこんな上流まで居るとは予想外で少し驚きましたね。(;゚Д゚) マサカ!

まあこれで一応セフィアBBに入魂が出来ました。

でもまさかエギングロッドの入魂が川でのクサフグになるとは思いもよりませんでしたよ。

そしてこの後は上のように小さなハゼも釣れました。

また更に後には何とキスも釣れたんですよ!

それにしても河口から2kmほどの上流部でもキスは釣れるものなんですね。(;゚Д゚) ウソー!

という訳で上のキスは私が最上流で釣ったものの記録になりますね。

この後は少し良型のハゼも釣りましたがその後はアタリが余りでなくなってきます。

そして17時を回ると風が止んだのでフローティングミノーでシーバスを狙ってみることにします。

しかし日没まで粘りましたが結局は反応がなく終わってしまいました。

ちなみに無風状態だとフローティングミノーのサイレントアサシン99Fでも50mほど飛びましたよ。

まあ飛距離的には十分ですが軽めのルアーだと風の影響が強いのでサーフなどではウェーディングした方が良さそうです。

あと感度も10cm以下の小さなハゼでも感知できたのでそこそこ良さそうな感じでした。

 

 

コメント (4)

今季最初のワカサギ釣りは ( ;∀;)

2018年10月08日 | 釣行記 ワカサギ釣り

昨日は前の記事でも書いたようにワカサギ釣りに行ってきました。

場所は兵庫県篠山市の佐仲ダムですよ。

ここは私の知る限り関西で最も早くワカサギ釣りが解禁になる所で今年は先月の29日が解禁日でしたね。

それで昨日は連休の中日でしたが思ったほど釣り人は多くは無くヘラ釣りの方が6名とワカサギ釣りが30-40名ほどでした。

そして釣り座は昨年割と釣果の良かった所が空いてたのでタックルの準備をします。

リールは左右ともレイクマスターCT-Tで左は穂先にレイクマスターL04Rに錘は7.5g

そして右にはレイクマスターエクスペックのM02Eに錘は4gを付けてます。

それと紹介してませんでしたが水槽は新しくバリバス製のコンパクトサイズの物です。

そしてアンテナはダイワから発売されたばかりのワカサギハンガーです。

それで釣りの方ですが開始から暫くは回遊が割と多く安定してたので1時間ほどで6匹ほど釣ることが出来ました。

ですがその後は回遊が極端に減りお昼を回ってからは偶に回遊してきても群れも小さく棚を合わせる間もなく去って行く状態です。

それで結局最終釣果は10匹となんとかツ抜けだけは出来ました。(;´Д`) ダメダッター

実は今回は初の1束(100匹)も出来るのではと期待してましたがまさか1/10に終わるとは予想外でした。

まあまだシーズンも始まったばかりだし何とか今シーズン中には1束釣れるように頑張りますね。

ただし次回の釣行はセフィアBBでエギングに行こうと思ってるのでリベンジは少し先になりそうです。

 

 

コメント

セフィアBB(ロッド)を買ったよ (^O^)

2018年10月05日 | 釣りグッズ ソルトルアーゲーム

最近ようやく秋らしくなってきましたね。

また秋といえば色々なターゲットが有りますがアオリイカの数釣りが出来る時期でもありますね。

それでまだエギングでイカを釣ったことが無いのでこの秋にこそぜひ釣ってみたいと思ってます。

ただ私の持ってるエギングロッドはダイワのエメラルダスAGS86Mと少し硬めです。

なのでもっと柔らかめのロッドが欲しいなと思ってたんですよ。

ただ最近はワカサギグッズを揃えたりしたので予算が余りありません。(。-`ω-) コマッタナー

そんな折にシマノからセフィアシリーズの廉価版のBBがモデルチェンジしてたのを知りました。

それで価格を調べてみると1万円チョイで買えそうな価格でした。(;'∀') イイカモ!

そして昨日釣具屋に寄ってみてみるとカラーリングもいい感じで気に入ったので思い切って買ってきちゃいました。

ちなみに買ったモデルはS83Lで一番ライトなモデルで税込みで12000円ほどでした。

これを選んだ理由ですがエギサイズが1.5号ー3.5号と小さなエギでも扱いやすそうなことですね。

またグラム換算にすると4-20gほどなのでチニングやワインドなどにも使えそうなこと。

そしてソフチューブトップ搭載モデルなので魚の乗りが良いのではと思ったからです。

それと組み合わせるリールですが出来ればカラーリングがマッチするセフィアBBにしたい所です。

しかしリールまで買う予算がないので上の写真のように既に持ってるアルテグラ2500HGSと組み合わせようと思ってます。

まあもともとセフィアBBはアルテグラベースなので使い勝手は悪くないとは思いますけどね。

それと実釣ですが次はワカサギ釣りに行こうと思ってるのでその次の休みになるからちょっと先になりますね。

コメント

ワカサギ用のニュータックルを揃えたよ (^O^)

2018年10月02日 | 釣りグッズ ワカサギ釣り

9月30日の日曜日は休みだったので釣りに行こうと思ってました。

しかし台風が接近中だったので安全を考慮して釣りに行くのは断念しました。(T_T) タノシミニシテタノニ

また行こうと思ってたのは29日に解禁したばかりの佐仲ダムでのワカサギ釣りです。

それで今日はその時に使おうと思ってたニュータックルを紹介しますね。

まずは穂先ですが1番上が新製品のレイクマスター エクスペック M02E リアクションバイトです。

これは2番と3番のガイドの間が短く柔らかくなってます。

それでへの字のような曲がりになり誘いを積極艇に行い反射喰いをさせるモデルですね。

次は同じくレイクマスター エクスペックのM03K カミソリ バーサタイルです。

これは穂先が非常に細くカミソリのように切れがあり重めの錘も背負えるので深場にも対応したものですね。

その次は昨年発売のレイクマスター L04Rです。

シマノのワカサギ用の穂先では00番から05番まで有りますが私は04番を持ってなかったので買ってみました。

特徴は長めで硬く重い錘を背負えるので深場や多点掛けに向いたものですね。

そして最後は夢屋のレイクマスター マグネット&プレートです。

これはマグネットをリールに取り付けプレートはリール台に張ることで置いた時の安定性が良くなるものですね。

マグネットの方は既にリールに取り付けてますがプレートの方は現場で使いやすい位置を試しながら付けようと思ってます。

そして今度はリールでレイクマスターCT-Tの今年発売になった新色クリスタルホワイトのモデルです。

初めはダイワの自動で誘いが掛けられるクリスティア CR PTⅡ+にしようか悩んでたんですよ。

ですが釣具屋でCT-Tの新色のクリスタルホワイトのカラーを見て非常に気に入ったので選びました。(;'∀') イイイロダナー

それと前につけてる青いのはバリバス製の可変ソケットVAAAC-22です。

上が拡大したもので羽を広げることによってリールを安定させるものですね。

実は昨シーズンはレイクマスターCT-Tは軽くて非常に気に入って使ってました。

ただし軽いために重めの錘を使うと棚で止まった時にリールの後ろが浮き上がってしまうのが気になってたんですよね。

そして最後はダイワのクリスティア ワカサギケース 速攻です。

このケースだとリールに穂先を付けたまま収納できるので現場でセットする時間を短縮できるので買ってみました。

上が実際に収納したものですがシマノのレイクマスターでも問題なく入りましたよ。

ただしジャストフィットという訳ではないですが少し揺らしてもズレることはなく問題はないですよ。

次の休日はこれらのニュータックルを使ってワカサギ釣りに行ってきますね。(*´▽`*) タノシミダナー

 

 

 

コメント

コメントの承認制を解除しました。

2018年09月27日 | 日記

丁度1年ほど前にコメント記事でちょっと炎上した事が有りました。

それで頂いたコメントは私が承認してから公開するようにしてました。

しかしそれ以降は問題になるようなコメントが送られてきたことはありません。

なので承認制を解除することにしましたよ。

ただし読んだ人が不快になる内容などのコメントは削除すようにします。

まあよほどひどい内容でないと削除しませんので気軽にコメントしてくださいね。(・∀・)/ マッテルヨー!

 

コメント

エクスセンスでカワハギ釣り

2018年09月24日 | 釣行記 ソルトルアーゲーム

秋分の日の昨日は福井県敦賀市の気比の松原までルアー釣りに行ってきましたよ。

というのも気比の松原では朝からルアー釣りをしたことが無かったのでどんな感じか試したかったのもあるからです。

それで午前2時半に出発し途中の高速で京都東で降りるつもりがうっかり通り過ぎて大津で引き返しましたが2時間を切る時間で到着です。

そして気比の松原に到着したらすでに駐車場は半分ほど埋まってました。(;゚Д゚) ウソッ!

よく考えると昨日は3連休の中日で天気もいい予報でしたので各地から釣り人が集まってたみたいですね。

そしてゆっくりと朝食を取った後は日も上がらぬうちに準備を開始です。

しかしもっと早くから準備をしてる方も多かったので入りたかった堤防の先端はすでに先客が居ました。

なので浜の方で空いてる場所を取ることにしましたよ。

そして準備を終えたころには上のように東の空が明るくなってきてました。

また波もベタ凪で風も穏やかでそしてひんやりとした爽やかな空気の中で気分よく釣りが出来そうな感じでしたね。(*^^)v イイネー

それとタックルは今回もエクスセンスインフィニティS906M/RFとエクスセンスC3000MHGのエクスセンスコンビです。

そして釣りの方ですがまずはペンシルで表層付近から探って行きますが反応は無し・・

それでフローティングミノー→シンキングミノー→バイブレーションとレンジを変えて行きますが反応はありません。(;´Д`) ダメダー

こんな時はランガンして場所を移動していけばいいのですが浜にはほぼ10m置きに釣り人が居ますのでそれも出来ません。

それで暫くはルアーローテーションしながら粘ることにします。

しかし8時過ぎまで3時間ほど粘りましたが途中でベイトに当たったようなコツっとした小さなバイトが2回ほど有ったのみでした。

それで気分を変えようと5号天秤にキス用仕掛けにガルプサンドワームをつけて狙ってみることにしました。

するといきなりアタリが入ります!

まあ釣れたのは上のようにフグでしたけどね。(^^;) ボウズハノガレタカ

それとこのフグはいつものクサフグとは違いますがショウサイフグかな?

いずれにしろ時々ハリスが切られてたので結構フグは多い感じでしたね。

そしてこの後に突然いい引きをする魚が掛かったと思ったら12cmほどのカワハギが釣れましたよ。

思えば昨年の秋もこの気比の松原でカワハギを釣ったのを思い出し以降はカワハギ狙いにチャンジすることに。

ただ仕掛けがキス用なこともありアタリは結構有ったんすがなかなか上手く乗ってくれません。(-_-;) ウーム

それで少しイラついてたんですがそんな折に目の前の波打ち際に2羽の小鳥がエサを求めて砂浜を突きながらやって来ました。

普通は鳥は人を警戒してあまり寄ってきませんがこの2羽は私の目の前1mほどまで来ても怖がって逃げることは無かったですよ。

それでなんだかこの仲の良さそうな夫婦の小鳥の姿を眺めてると癒されましたね。(*´▽`*) カワイイナー

上がこの鳥をアップにしたものですが何という名の鳥なんですかね?

鳥については詳しくないので知ってる人は教えてくれると有難いです。(・∀・) オシエテクダサイ

そしてその後はお昼過ぎにようやくツ抜けしたんですがその後はほとんど釣れなくなってきました。

また時間も14時になり開始から9時間ほど経ち結構疲れてきたので納竿することにしましたよ。

上が最終釣果で最大で14cmでほとんどの物は測ったようにほぼ12cmの物でトータル12匹という結果でした。

ただアタリの数に比べると3割ほどしか釣れてないので上手くやれば30匹は釣れたのではないかと思います。

ということで本来はシーバスにマゴチやサゴシなどが狙いでした思わぬカワハギ釣りになってしまいました。

それと帰りなんですが行きと同じ道を選択したんですが大渋滞に巻き込まれてしまいます。(;゚Д゚) ナンダコリャー!

それで結局帰りは行きの倍以上の4時間半も掛かってしまい本当に疲れました。(;´Д`) ツカレター

 

コメント (6)

片男波海岸でチョイ投げ&ルアー

2018年09月18日 | 釣行記 投げ&ルアー

9月16日の日曜日に投げ釣りをしようと思い和歌山方面に行ってきましたよ。

この日は日本海側は降水確率が50%と少し高めでしたので晴れの予報だった和歌山にしたんです。

そしてまずは浜の宮ビーチ近くのコンビニで買い物したんですがサンドイッチにおにぎりは全て売り切れです。(;゚Д゚) エー!

それで仕方なく少しだけ残ってた菓子パンの中からクリームクロワッサンを選びあとは唐揚げを購入して現地に向かいます。

しかし着いてみると浜の宮ビーチは大勢のサーファーが浜のすべての場所に居ます。

どうも3連休の中日であったのと波が高かったので大勢のサーファーが集まったみたいですね。

それで先ほどコンビニで売り切れてた理由もわかりましたがこれでは釣りが出来ません。(-_-;) ドーシヨ?

という訳で浜の宮ビーチは諦め近くの片男波に行くことにしました。

片男波は上のようにテトラ帯が有るので遠投で狙うとミスすると仕掛けがロストしてしまうのでチョイ投げで狙うことにしました。

それでタックルはエクスセンスインフィニティS906M/RFとエクスセンスC3000MHGにしました。

そしていよいよ釣りを始めますがまったくアタリが有りません。(・.・;) ダメダナー

どうも濁りが入ってたのとウネリが大きかったこともありキスは近場によってない感じです。

それでも何時かはチャンスが来るかもしれないと思い少しずつ場所を移動しながら探って行きます。

そして上の堤防まで来てやってみるとアタリは感じませんでしたが8cmほどの小さなキスがようやく釣れましたよ。

ちなみに堤防が濡れてるのは時折大きな波がきてテトラに当たって飛沫を上げてるからですよ。

まあ私が釣り座にしたところはテトラがないので濡れることは無かったです。

そして移動後1時間ほど経った頃にようやくまともなキスが釣れました。(;´Д`) ヤットツレタ

上がそのキスですで16cmほどもまあまあサイズでした。

それでこれから本番かと思い張り切ってると突然ガツンと強烈なアタリと強い引きがやってきました。( ゚Д゚) オオー!

これは間違いなく大物だと思いリーリングしますが巻いてはドラグが出ていくばかりで一向に寄せられません。

そこで少しドラグを締めたんですがハリス切れで終了となってしまいました。(>_<) クヤシー

そしてこの後すぐにまた同じようなアタリが来ましたがやはりハリス切れで終了です。

まあキス用の仕掛けでしたのでハリスが0.8号しかないので仕方ないですけどね。

それで今度はルアーで狙うことにします。

しかしルアーではメタルジグにミノーにワームと色々変えましたがバイトが有りません。

そしてまたエサ釣りに戻したりもしましたが時間だけが経過していきます。

そして気が付くと太陽が間もなく日没を迎える時間となってました。

まあナイトゲームすればいいのですが私はデイゲーム主体でライト類は持ってきてないので仕方なく納竿となりました。

という訳でこの日の釣果は16cmのキスが1尾とリリースしたピンキス8cmだけという寂しい結果でした。

それにしても逃した魚は何だったのかな?

 

 

 

コメント

鳥取まで遠征釣行に行ったけど (-_-;)

2018年09月13日 | 釣行記 投げ&ルアー

ずいぶん記事を書くのが遅れましたが先週の3日の月曜日に鳥取まで遠征釣行に行ってきました。

それで当日は深夜2時に出発し現地到着が5時前となり久しぶりに夜明けから釣り開始です。

場所は因幡の白兎の伝説の場所の白兎海岸でここに来るのは2年ぶりになりますね。

それでまずはルアーで狙ってみようとエクスセンスインフィニティにエクスセンスC3000MHGを用意します。

そしてまずは流れ込み付近からフローティングミノーで探って行きますが反応はなし・・・

それで次はメタルジグで遠投してみますがそれでも反応はありません。

その後は少しずつ西に向かって移動をしつつルアーもローテンションしていきます。

しかし反応がないまま9時を回ってしまいました。

夜明けからのベストタイムに釣りをしてたので何らかの反応が有ると思ってたのに予想を裏切られましたね。(;´Д`) ザンネン

それでこの後は投げ釣りでキス狙いに変更です。

用意したのはスピンパワー365FX+とキススペシャルコンペエディションの組み合わせです。

それでまずは軽く投げてみましたが反応はなし。

ならば次はフルキャストで6色辺りから探って行きますがアタリはありません。

しかし引き上げてみると12cmほどのキスが付いてました。

それでこの後は感度の良い半誘導式天秤にウッドシンカーを組み合わせて探って行きます。

しかし2時間ほどやっても1匹も追加できずにこの場を諦めることにしました。

そして次にやってきたのが6月にも訪れた浦富海岸です。

またここでは前回そこそこ釣れたので期待してましたが全く反応が有りません。(;゚Д゚) ドウシテ!

そして更に場夜を替えてみようと少し西側の羽尾海水浴場まで行ってみます。

ここに来るのも2年ぶりですが水も澄んでいて奇麗な海岸なのが良いですね。(;'∀') キレイダナー

そして早速投げてみますが此処でもすぐに反応はありません。

それでこれからどうしようかなと考えながらリーリングしてると仕掛けが波打ち際に来たところでアタリが有りましたよ。

また釣れたのは12cmほどのキスでした。

このことからキスは近場に居るのではと思い次は仕掛けを浜に沿って平行気味に投げてみます。

すると今度は2連でキスが釣れましたよ。

どうもキスは10m以内の超近場を回遊してたみたいです。(・.・;) モウテンデシタ

それでこれならエクスセンスでチョイ投げした方が良さそうだと判断しタックルを変更します。

その後はようやくキスも釣れ出して良い感じになってきましたよ。

しかし夜明けから釣りをしてて疲れが出てきたのと暑さのせいでボーっとしてしまってたんです。

それでベールを起こし忘れてしまい仕掛けだけが飛んで行ってしまいました。(>_<) シッパイシター

またこの時点で14時を回ってましたし帰りも4時間ほど掛かるので納竿することにしましたよ。

それで結局この日の釣果は12cmほどのキスが8匹というなんとも寂しい釣果となってしましました。

まあボウズで終わらなかったのは良いですが期待してただけに悔いの残る釣行でしたね。

 

 

コメント

また安濃川河口まで行ったけど

2018年08月30日 | 釣行記 ソルトルアーゲーム

今回も記事を書くのが遅れましたが26日の日曜日にまた安濃川河口まで行ってきました。

実は気比の松原でキスの投げ釣りにするか悩んだんですけど天気が良さそうな安濃川河口にしたしだいです。

それでこの日は上のように快晴の天候でしたが気温は猛暑とまではいかないまでも30度は軽く超えてて暑かったです。(・◦・;) アツイナー

そしてタックルはエクスセンスインフィニティS906M/RFとエクスセンスC3000MHGのエクスセンスコンビです。

それと到着した時が丁度干潮時だったので沖の背まで渡ってまずはマゴチ狙いにしてみます。

それでまずはシャロー用のミノーを投げていきますがブレイクラインの少し先までしか飛びません。

なので次はジグサビキで狙ってみますが反応はありません・・・・

そうこうしてる内に潮が上げ出して来たので河口部へ場所を移動します。

しかし移動後もルアーやレンジに投げる方向を色々変えても反応はありません。(・.・;) ダメダナー

それでこのままではボウズになってしまうと思いガルプサンドワームでチョイ投げしてみます。

すると上のように1投目にして小さいですがセイゴを釣ることができましたよ。

それにしてもハードルアーと違い匂いもあるガルプは良く釣れますね。

でも食ってくるのは小物ばかりで大物はなかなか来ませんけどね。

そしてその後はまたミノーやメタルジグに戻しますがやはりアタリはありません。

なので夕マヅメにワンチャンスが来ることを期待して続けていきます。

しかし18時を回った頃には用意してた飲料水がなくなったので納竿することにしました。

やっぱりデイゲームではなかなか釣果を上げるのは難しいですね。

まあ私の腕が悪いのも原因でしょうけどね。 (;´Д`) ツカレター

 

 

コメント

キャスティズムで投げ釣り (・∀・)

2018年08月24日 | 釣行記 投げ釣り

記事を書くのが遅れましたが19日の日曜日にキス狙いで投げ釣りに行ってきましたよ。

ただしこの日は持って行ったデジカメにメモリーカードを入れ忘れてたため画像はありません。(>_<) シマッタ

それと釣り場は神崎海岸になります。

また例年ですとテトラ周りにロープが張ってあるのですが今年はもう撤去されてましたよ。

そして人が居ない所では釣りをしてもいいことになってました。

それでまずは一番西のテトラの先でやってみることにします。

またタックルはキャスティズム15-290とサーフリーダーCI4+17の軽量コンビです。

そういえばキャスティズムはいつもサブ的に使ってたので一日中使うのは購入直後以来かもしれないですね。

そして釣りの方ですが1投目では12cmのキスと10cmほどのヒイラギのダブルでした。

その後も殆ど素針はなく時々ヒイラギが混じりますがキスが釣れ続けます。

また感度も短くて細いキャスティズムなのでバット部まで良く振動が伝わり良い感じです。(*´▽`*) タノシーナ

ただ途中で他の場所も試してみようと少し東側にも行ってみましたがそこでは1時間ほどで2匹しか釣れませんでした。

それでまた元の場所に戻ってみると先ほどより少しペースは落ちましたが再び釣れ出します。

上がこの日の持ち返り分で19cmを頭に33匹でリリース分も含めると36匹の釣果でした。

ちなみにヒイラギやメゴチなどの外道を含めると50匹ほどでしたよ。

またこの日は全て2色以内の近距離で釣れましたよ。

そして気温も30度ほどであまり暑くなく軽いタックルを使ってたことと相まって疲れることなく釣りが出来ました。

という訳で久しぶりに数釣りを堪能出来て楽しんで来れました。(^O^) タノシカッター!

 

 

コメント