箔屋町だより

-ギャラリーこちゅうきょオフィシャルブログ-

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

啓蟄偶感:謹告を兼ねて

2020年03月05日 | ブログ

二十四節気「啓蟄」の今日、都下は温暖な一日となりそうですが、三寒四温ゆえに体調管理には予断を許しません。

例の新型コロナウィルスが猛威を振るい、世界中を席捲するこのごろ、世相は暗さを増すばかりといって過言ではありません。

さて、順調に諸準備をこなし、開会を待つばかりとなっていたアートフェア東京2020(AFT2020)ですが、

昨3月4日の午前中に正式に開催中止が当局から発表されました。

今週頭から出展取りやめの動きが加速化し、弊社でもギリギリまで熟考の末、キャンセルを決めて当局に通知したのが3日の正午直前でした。

弊社HP上でこの旨を急告する手続きの後、AFTに続く「松島巌 コアガラス展」の本展示対策のため、今日もスタッフ一同で協議を継続しております。

主役の松島先生とは緊密に連絡を取る毎日ですが、感染症拡大予防を大前提として、折角の力作群を最良の時期・環境下で展示すべく、会期の変更=延期など種々の問題を検討しています。

順序が逆になりましたが、ここに

1.AFT2020の開催中止による、同フェアでの「松島巌 コアガラス展」先行展示の中止

2.「松島巌 コアガラス展」本展示の会期の変更

以上を謹んでご報告ご連絡させていただきます。

1.の件では、松島先生を筆頭とする諸関係者の皆さま、ご来場を楽しみにしてこられた皆さまのご支援ご陰徳に応えられない結果となりました。不可抗力とはいえ、我々も残念至極ですが、改めてお詫びかたがた、皆さまのご賢察ご宥恕を乞うものです。

2.の件では、可及的速やかに善後策を練り上げて、皆さまに公表提示いたしたく努めて参りますので、今しばらくご猶予ご宥恕を乞うものです。

世相が明るくなく、社会不安の影が大きくなりつつあるいま、私どもも自らの健康に十分留意しつつ、お客様各位、関係者各位の変わらぬご健勝を祈念するばかりです。

一昨日=3日の早朝一番に、我が陋屋にてウグイスの初音を耳にしました。数年ぶりの「邂逅」でした。

その純粋で清らかな「歌」がいかに我が胸中を癒してくれたことか!

この難局を直視し、乗り越える努力の真価が問われていると信じます。

「ここだな(克己太難)!」「らしく(良志久)」といまも自らに言い聞かせています。(by kiyo)

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« こころのもちかた | トップ |   

コメントを投稿