画廊主の独り言

銀座京橋に在る金井画廊の画廊主によるブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

刻の忘れもの

2018-11-05 23:59:03 | 日記

2年ぶりの独り言。絵について芸術について言いたいことは山ほどあるのに、パソコン文化にまだまだ不慣れでさぼり癖がついてしまいました。画廊主として情けない限りです。

とうことで本日から始まる2年ぶりの大企画展、森幸夫展について拙文。

今展では「風を聲く」という作品が2点出品されています。前回の個展では「風の聲」という作品がありましたが、この聲は「こえ」、今回は「きく」と読ませます。「聲」はもともと「声」の旧字で「聲く」とは辞書にも載っていないウソの文字です。

この作品をじっと見つめていると、「きく」を「聞く」「聴く」と書くより、虎落笛(もがりぶえ)のような風の音を自然の聲として「聲く」と書いた方が深さを感じるのではないでしょうか。それほどまでに今展の作品群はじっくりといつまでも浸っていたい佳作ばかりだと思います。

今、写真やコンピューターを利用して実物そっくりに描いた絵画にスポットライトが当たっています。世間ではこれをリアリズム絵画と称していますが、私は写し取っただけの絵画をリアリズムとは呼べないと思います。

スペインが生んだ巨匠アントニオ・ロペスは同じ場所を10年も通い詰めて描き続けました。一見写真と見まがうほどにリアルに風景を再現しているようですが、そこには風景に生命が宿るがごとく時間性を感じさせる存在感があります。これは日々刻々と変わる空気に彼のみが感じたものの集大成であり、ここにリアリズムの原点を感じることができます。

森幸夫画伯も津軽、十三湖付近の風景に魅せられて10年以上になりますが、この何もない荒涼とした砂山を見つめているうちに、この地が変幻する豊かな表情、つまり貌(かお)が追究の虜になっていきました。

「地の貌」。蓋し絵にならないモチーフです。が、ここに何度も佇みスケッチを重ねていくうちに、虎落笛のような風、空の重さ、寂寥感、透明感などの彼のみが感じる空気感が、何とも言えぬ深い気韻に満ちた絵画空間へと醸成されていったのです。

そして何よりも絵が生きています。それはロペスの作品にも見られる時間性=「刻」が描かれているからだと思います。前回の個展でも「ふりつもる刻」という作品がありました。今展でも「刻の忘れもの」という作品が存在感を放っています。彼はこの地の静けさを「迫ってくるような静けさ」と表現しています。

極限の静寂の中に、脈を打ち息をしている自然の圧倒的な重さを感じとる。油絵の具を幾重にも重ねながら、自然の呼吸に自分の呼吸を合わせ、「迫ってくるような静けさ」を描く。

こうして生まれた作品の前で、私たちは地の貌の奥底に流れる時間性を感じ取ることができます。

何となくいつまでも浸っていたい絵とは、深いマチエールで描かれた空気感の中に時間性=「刻」が感じられる絵なのだと思います。そして観る人によっては「刻」の中で風や香り、詩や音楽が漂う、そんなふくよかな絵画をリアリズム絵画と呼べるのではないでしょうか。

絵空事というように絵とはその画家のみが感じた現実とは違う、つまりウソの空間です。でもその感じ方と表現が深ければ深いほど現実や写真よりももっともっと豊かな広がりを見せてくれます。絵の魅力はそれだけではありません。それは画家の人格や生き方を感じさせてくれることです。

時代の潮流に流されず、ぶれず、群れず、観る人に「幸多かれ」と願いを込めて、大人のふくよかな絵画を描き続ける森幸夫画伯にエールを送っていただければ「幸い」です。

コメント   この記事についてブログを書く
« ふりつもる刻 | トップ | 絵を楽しむ - 絵の本質は「上... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事