暮らしの裏側

社会の矛盾や理不尽さ、認知症や介護問題、家庭用品が及ぼす
有害物質、医療費控除の申告などを分かりやすく説明します!

家庭用品の危険シリーズ/用途別リンク表紙 [居間]

2016年04月15日 | 居間|使うと危ない製品
Nyouhintp

家庭用品の危険シリーズ 用途別リンク表紙  ■居 間

Indy4696016

いつも家庭用品の危険シリーズにお越し頂き、誠にありがとうございます。
「居間」の内容は、リンクインデックスから記事にリンクされるか、このカテゴリ
をページダウンするとご覧になれます。

Nindex

Sindy4200609232059213899_2
 ■居 間

7 電子たばこは蒸気に高濃度の有害物質ホルムアルデヒドを含み安全ではない
  ◇早く規制しないと中高生の喫煙や危険ドラッグへの誘引・誘発の恐れ
6 住居用洗剤は洗濯洗剤をそのまま床にぶち撒いたことと同じ危険
  ◇手軽な化学雑巾(ぞうきん)は家庭や職場の中で最も強い毒性

5 ミサコ先輩は消臭スプレーの使い過ぎでアレルギーに
  ◇さてどうしましょ!と言ってるうちに化学物質による老化が進
4 壁紙から部屋中に神経を冒す有害物質が揮発している
  ◇新築・リフォーム時には事前に天然の建材や材質指定をむ
3 防虫加工畳は畳の上の虫が死ぬほどの農薬量の多さ
  ◇OOと畳は新しいほうがよいが防虫加工畳は命を縮める?
2 抗菌・防カビカーペットは薬剤・農薬の固まり
  ◇防虫加工をしていないカーペットのほうが危険性もなく安上がり
1 消臭・除菌スプレーを使うと老化が進む
  ◇成分不明の化学物質が頭痛や皮膚のかぶれを起こす

Nkikentp 誠に勝手ながらコメントのやりとりは致しておりません

Nfamitop

電子たばこは蒸気に高濃度の有害物質ホルムアルデヒドを含み安全ではない/家庭用品の危険・居間7

2014年12月12日 | 居間|使うと危ない製品
Nyouhintp

Nkikentp 家庭用品の危険シリーズ ■電子たばこ/居間
電子たばこは蒸気に高濃度の有害物質ホルムアルデヒドを含み安全ではない
早く規制しないと中高生の喫煙や危険ドラッグへの誘引・誘発の恐れ

Y466458964_2 喫煙のイメージ

■電子たばこはニコチンが含有されてなくても危険性は高い
「電子たばこ」は欧米で急増しており、日本でも広がりを見せています。健康のために禁煙目的の人の購入が主ですが、たばこを吸わない人もオシャレ感覚で買う傾向にあります。電子たばこは長さ10数cm程度の筒状で、電池・変霧器・カートリッジなどで構成されます。カートリッジ容器に液体(リキッド)を入れ、充電式電池によって変霧器で液体を加熱気化し、蒸気にして吸う仕組みです。一般のたばこより多い煙(蒸気)を出すので、あなたの周辺にそんな人がいれば電子たばこです。

電子たばこは、「ニコチン入りではないから安心」なことが受けています。リキッドは甘い香りが多く、香りの種類はバニラ・チョコ・コーヒー・アップル・バナナ風味など世界的には8,000種もあるそうです。しかしリキッドにはニコチンが入っていなくても、気化された蒸気から発ガン性がある有害物質のホルムアルデヒドやアセトアルデヒドなどが高濃度で検出されました。リキッドによっては、紙巻たばこの10倍以上ものホルムアルデヒドが検出された製品もあるので、安心できません。

ご存じのように、ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の原因物質です。あるいは液体成分そのものは毒性が低い製品でも、加熱することによって有害物質が発生します。日本禁煙学会では、蒸気を吸うことによって口腔(こうくう)粘膜に作用し、口腔ガンを引き起こす恐れがあるとしています。また急性毒性も強く、吸い込めば呼吸器系に多大な影響を及ぼします。リキッドは、大半が中国の粗悪な成分で作られている不安も残ります。従って、電子たばこは危険なものと認識すべきです。

電子たばこは香港で開発・販売され、欧米に広がりました。WHO(国際保健機関)は、世界中に急拡大する市場に警戒感を強めています。今年・2014年に報告書を出し、規制がないまま電子たばこが普及すれば、長年の喫煙防止の取り組みが無に帰す。またニコチン含有の有無に関わらず、有害物質が人体に影響を及ぼすとしています。そのため、屋内の使用禁止と未成年への販売禁止を求めました。日本はニコチン入り製品が規制されているため、ニコチン入りのリキッドは販売されていません。

■電子たばこの危険性を知らない家族や職場に甚大な影響も
調査によると、米国の中高生の電子たばこの経験者は6.6%、韓国は約10%もいます。米国は、既に18歳未満への販売を禁止しました。しかし日本では、法律的に中高生への規制ができないのが実情です。青少年がノンアルコールビールを常習すると、たちまち飲酒へ誘引されます(業界は販売を自主規制)。同様に電子たばこも、中高生に喫煙習慣を付けやすい傾向が報告されています。そのため厚労省は検証した結果、有害性を認識し何らかの販売規制をする必要性があるとしています。

一方、紙巻たばこのニコチンの有害性に比べ、電子たばこの発ガン物質の危険性は少ない見解も見受けます。今後、紙巻たばこのニコチンによる悪影響と、電子たばこの有害物質の比較が論議されることになるでしょう。しかしどちらも健康や身体に悪影響を及ぼすため、「比較の論議」は本末転倒です。また電子たばこは、禁煙支援にはならない見解もあります。本人だけの問題では、済まされません。電子たばこの危険性を知らなければ、家族(特に妊婦・子供)や喫煙可職場への影響が大です。

専門家は、電子たばこによる薬物の吸引習慣が身についてしまうと、『危険ドラッグ』への誘発に繋がると危惧します。「危険ドラッグ」は規制が遅れたため、推定では対象者が40万人と言われています。何の落ち度もない人が殺されたり、重い怪我を負っています。厚労省は今頃になって、電子たばこに対して重い腰を上げましたが、「危険ドラッグ」と同様に遅きに失しています。「危険ドラッグ」の二の舞、あるいは「危険ドラッグ」への誘発にならぬよう、政府は必死で対策して欲しいものです。

■■危険への対策■■
禁煙したい方は、電子たばこの危険性を知って使用をやめましょう。
家族や会社も、第三者が有害物質の影響を受けることを認識すべきです。
そのためには、政府も民間企業は電子たばこの危険性を啓蒙して欲しいものです。

Nfamitop

住居用洗剤は洗濯洗剤をそのまま床にぶち撒いたことと同じ危険/家庭用品の危険・居間6

2013年01月18日 | 居間|使うと危ない製品
Nyouhintp

Nkikentp 家庭用品の危険シリーズ ■住居用洗剤/居間
住居用洗剤は洗濯洗剤をそのまま床にぶち撒いたことと同じ危険
手軽な化学雑巾(ぞうきん)は家庭や職場の中で最も強い毒性

Y459726058

■怖い!住居用洗剤で拭いた床を裸足で歩き・赤ちゃんはハイハイ
洗剤は住居用の他に、洗濯・台所・風呂・トイレ用など用途によって製品が取り揃えられています。洗濯用は何度も洗濯機で濯(すす)がれ、台所用も丁寧に茶碗や皿を洗い流します。しかし住居用洗剤は、使い方からして液の成分を床に付着させます。それは洗濯洗剤を、床にぶちまけているのと同じなのです。

床に直接、あるいは一旦布に吹き付けその布で拭いても、シュッシュッと何度かスプレーするので、50mlの液を使います。それを洗濯用の合成洗剤に換算すると、30リットル洗濯機で1/2回洗える分量です。住居用洗剤の使用盲点というか、かなり危険なことです。危険成分は次項に表示しますが、床を裸足で歩いたり・寝転んだり、赤ちゃんがハイハイするのはどのくらい危険なことかお分かり頂けます。

またスプレーされた細かいミストが、問題です。厚労省の家庭用品の吸い込み事故の調査では、1位の農薬と同じ程度の住宅・家具の洗浄剤のトラブルが起きています。埼玉県の消費生活支援センターには、住居用洗剤を使った人の3割が、手が荒れた・目が痛くなった・むせる・気分が悪くなったとの症状が出ている統計があります。これらを鑑みると、住居用洗剤を使わずに、ぬるま湯の雑巾掛けにしましょう。

■化学雑巾~電話は100番・100番でも危険は1番・1番
住居用洗剤には、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(LAS)やポリオキシエチレンアルキルエーテル(AE)などの合成界面活性剤が含まれています。誤ってLASを飲み込むと、軽度の意識混乱や肝臓障害、皮膚への刺激を起します。大量に飲み込んでしまえば、中枢神経障害、腎臓・肝臓の機能障害、消化管に出血などに至ります。身近な場所にある割に、相当、危険な液体なのです。

手軽な化学雑巾も、実際に手がかぶれる苦情が絶えない商品です。化学雑巾の仕組みは、陽イオン系合成洗剤や油でゴミや埃(ほこり)を付着させるものです。菌や臭いを防ぐために、さらに抗菌剤・防カビ剤が染み込ませているのです。ゴミや埃で汚れ切っている化学雑巾が臭わないのは、それだけ強力な毒性を持っている証拠です。

家庭や職場の中で、最も強い毒性と言われています。そんな化学雑巾で、毎日、あなたの家庭や職場の机・テーブルを拭いていれば、至近距離で毒性物質を触ったり吸収しているのと同じです。電話は100番・100番でも、危険は1番・1番です。今日からは、家庭の住居用洗剤、職場の化学雑巾は一切やめて、スッキリした気分で仕事や家庭生活を送りましょう。

■■危険への対策■■
床や家具は住居用洗剤・化学雑巾を使わずに、ぬるま湯で固く絞った雑巾で拭きましょう。

Sankoub 洗濯用洗剤は赤ちゃんやアトピー性の人には使わないこと

Nfamitop

ミサコ先輩は消臭スプレーの使い過ぎでアレルギーに/家庭用品の危険・居間5

2012年05月11日 | 居間|使うと危ない製品
Nyouhintp

Nkikentp 家庭用品の危険シリーズ ■消臭・除菌スプレーなどの化学物質用品/居間
ミサコ先輩は消臭スプレーの使い過ぎでアレルギーに
さてどうしましょ!と言ってるうちに化学物質による老化が進む

7797208

■ミサコ先輩は元国際線のキャビンアテンダントだった?
ミサコ先輩は、元国際線のキャビンアテンダントだったとの噂を耳にします。それにしてもアポなし・食事の時間帯に、何度も先輩のお宅に訪問する失礼な後輩連中だ!(笑)。ミサコ先輩!お願いだから、アレルギーや老化を早める消臭・除菌スプレーなどの化学物質用品は、使わないで下さい。

最近は、別会社も有名タレントを使って、消臭・除菌スプレーなどのCMが盛んです。CMを真に受けて使っていたら、あなたの身体はボロボロになってしまいます。消臭スプレー・ヘアスプレーが、妊娠女性や赤ちゃんに影響が大きいことが明らかになっています。スプレーをほぼ毎日使う女性は、週に1回未満の人に比べて、頭痛持ちの割合が25%、出産後のうつ病では19%も高い数字です。

消臭・除菌スプレーに限らず、化学物質を噴霧したり有害物質を使用した家庭用品のTV/CMに懸念します。“いい香り~”と、タレントや子供が身体一杯吸っているシーンを見ると寒気がします。

■ミサコ先輩!充満した化学物質の部屋で閉じこもらないで!
問題は有機系の成分と書かれているだけで、どんな化学物質や除菌剤が使われているか分らない点です。スプレーの中に含まれる1/1000ミリ以下の霧状の化学物質の微粒子が、何時間も部屋中に漂い私達の身体にどんどん吸い込まれていきます。気化した薬剤を吸い込んで頭痛や不快感を感じた例がいくつでもあります。不健康・不衛生を助長し、アレルギー体質化させていることを認識して下さい。

食べ物に付着して胃腸から吸収するよりも、噴霧状で肺から吸い込むと1万倍も毒性が強くなるのです。結構きつい“内部被曝”であり、無頓着さに呆れます。スプレーによって臭いが消えるのは、その時だけなのです。臭いを消しているのではなく、香り物質で誤魔化しているのです。臭いの元を断たずに、安易に化学物質で抑えるのは根本的な間違いとお考え下さい。

ミサコ先輩は高級マンションにお住まいのようですが、充満した化学物質の部屋で閉じこもらないで、たまには昔よく行ったハワイの“アロハの香り?”(これもCMへの皮肉)を嗅いだらいかがでしょうか?

■■危険への対策■■
消臭・除菌スプレーを沢山撒き散らした部屋に“後輩”を入れると、本人どころか彼女達も健康を
   損ねることを知りましょう。女性や子供は、影響を受けやすいのです。
スプレーよりも、まず部屋の換気が重要です。
スプレーしたことで清潔になったと思い込んで、洗濯や掃除が疎かになるほうがよっぽど不潔で
   す。焼き魚・タコヤキを食べたら、油や汁を拭き取り丹念に雑巾掛けをしましょう。

Sankoub 消臭・除菌スプレーを使うと老化が進む

Nfamitop

壁紙から部屋中に神経を冒す有害物質が揮発している/家庭用品の危険・居間4

2012年05月10日 | 居間|使うと危ない製品
Nyouhintp

Nkikentp 家庭用品の危険シリーズ ■壁紙/居間
壁紙から部屋中に神経を冒す有害物質が揮発している
新築・リフォーム時には事前に天然の建材や材質指定を

Y448260974
壁紙を貼る前の建築中の家

■健康障害や神経へのダメージから家族の不仲にも発展しかねない
快適な住まいにするはずの新築やリフォーム・新しいマンション入居などによって、ぜんそくや頭痛・めまいが引き起こされることがあります。原因は、部屋全体の建材などから揮発する有害物質です。原因の1つでもある「壁紙」(ビニールクロス)材質や接着剤から揮発する化学物質が、住む人の神経を冒していきます。

ビニールクロスからは、トルエンやTBP(材質老化防止剤)・TCEP(難燃剤)・DOP(柔軟剤)などの有害物質が出ます。接着剤からも、ホルムアルデヒドが出るのです。部屋は、これらの有害物質が充満し、発ガン性や催奇形性の恐れが考えられます。

塩ビのビニールクロスは、危険性が高く生殖毒性が疑われるフタル酸エステルも含まれます。せっかく財産を投じた住宅でも、こうした部屋に住んでいると化学物質過敏症になる恐れがあるでしょう。

最近は壁紙の素材が改良され、接着剤もある食材を使ったもので安全性を向上させています(但し接着力が悪い)。完成してしまってからは根本的な解決は難しいので、アレルギーや化学物質に過敏な方は、「危険への対策」のように事前に住宅メーカーや業者と相談しておくことが重要です。

■■危険への対策■■
健康被害が気になる方は、新築・リフォームの際に、事前に壁紙・天井や床・扉にはオーガニック
   コットン壁紙・天然系接着剤・天然木の使用を依頼する。当然、割高になったり、住宅メーカーや
   業者によっては応じてもらえないこともある。
入居してからも、常に換気をよくしましょう。

Nfamitop

防虫加工畳は畳の上の虫が死ぬほどの農薬量の多さ/家庭用品の危険・居間3

2012年05月10日 | 居間|使うと危ない製品
Nyouhintp

Nkikentp 家庭用品の危険シリーズ ■防虫加工畳/居間
防虫加工畳は畳の上の虫が死ぬほどの農薬量の多さ
OOと畳は新しいほうがよいが防虫加工畳は命を縮める?

Y432467117 写真は普通の畳

■害虫駆除で散布された農薬の30倍の上に寝止まりしている
「防虫加工畳」はあまり聞きなれないので、最初に一般の畳と比較します。防虫加工畳は、防虫剤を塗布しただけでなく構造も違うのです。一般の畳は、藁(わら)で作った畳床(畳の厚さあたる部分)の周りに、編んだ井草(いぐさ)で包みます。昔は路上で畳屋さんが作業していたので、ご覧になった方も多いと思います。

防虫加工畳は、アンコ(内部)の畳床がポリスチレンの樹脂ボードなのです。表面も井草を形を似せたプラスチックシートで、青々・ツヤツヤ畳です。井草の触感もなく表面も固く、樹脂の上にいるようなものです。よくアパートや集会場で見掛けます。本物の畳に使う井草や藁はもう入手しにくく、畳の工賃も掛かることから、こうした“ニセモノ畳”が横行しているのです。こんな畳の上で、長く生活すると健康によくありません。

抗菌・防カビカーペットと同じく、フェニトロチオン、フェンチオンなどの有機リン系の殺虫剤を染み込ませています。その量は抗菌・防カビカーペットの比ではなく、水田の害虫駆除に散布される農薬量~同じ面積の20~30倍にも及びます。実験では、ダニだけでなく防虫加工畳の上に蚊・蠅・小さな虫を半日置いたら死滅していたそうです。

■新築やアパート物件のチェック項目に防虫加工畳の確認を 
本来、畳は井草や藁の特質で、自動的に湿度や温度を調節してくれるので、夏は涼しく冬は暖かいのです。しかし防虫加工畳にはそんな効果はなく、畳に湿気が溜まりカビが生えて、ダニの温床になるのです。そのために、防虫加工を施す悪循環です。井草代わりのプラスチックの下に、前項の有機リン系の殺虫剤を染み込ませた防虫加工紙が縫い込まれているのです。

こんな上で人間が寝たり座ったりしていれば、相当なダメージを受けます。長時間、部屋にいるお年寄りや小さな子供は、すぐ許容量を越えてしまいます。頭痛・吐き気・気管支炎や化学物質過敏症の恐れがあります。アパート住まい、あるいは新築された方は、一遍どういう畳なのか見て下さい。最初からそうした畳に住んでいたなら、身体でのダメージは拭い切れません。

但し防虫加工畳は抗菌・防カビカーペットと同じく、3年以上経過すれば、揮発が終わるのでそう心配はありません。もしアパート物件を探している方で事前に部屋を見せてもらえるなら、チェック項目の1つにしましょう。また新築の場合は予算が限られても、このような防虫加工畳は使用しないように施工者に指示して下さい。

■■危険への対策■■
そもそも防虫加工畳は、新しい古いに限らず使わないほうがよい。温度や湿気調節もなくダニの
   温床になりやすく、健康的ではないからです。
3年経過すれば、揮発して悪影響はなくなります。

Sankoub 抗菌・防カビカーペットは薬剤・農薬の固まり

Nfamitop

抗菌・防カビカーペットは薬剤・農薬の固まり/家庭用品の危険・居間2

2012年05月09日 | 居間|使うと危ない製品
Nyouhintp

Nkikentp 家庭用品の危険シリーズ ■カーペット/居間
抗菌・防カビカーペットは薬剤・農薬の固まり
防虫加工をしていないカーペットのほうが危険性もなく安上がり

Y4214

■抗菌・防カビカーペットを敷けば田畑の真ん中にいるよう
“田畑の真ん中”にいることは、長閑(のどか)な田園風景の意味ではありません。抗菌ブームにあやかり、「抗菌・防臭・防カビ・防ダニ加工のカーペット」が売られています。いかにも家族や子供を守るように思えても、有害物質・薬剤の固まりなのです。防虫加工のカーペットを敷いていると、日常的に身体が触れ、なおかつ密閉された部屋にはカーペットの薬剤が揮発されるので危険なのです。

フェニトロチオン、フェンチオンなどの有機リン系の殺虫剤が染み込ませてあり、成分はまるで田畑に撒かれる農薬と同じだからです。このような抗菌・防臭・防カビ・防ダニ対策のカーペットの上で子供が寝転んでいれば、多くの薬剤を吸い込むだけでなく、皮膚に触れたりして湿疹が出ることもあります。特に裏にゴム張りがしてあるカーペットは、ゴムからフェニルシクロヘキサンが揮発して、頭痛・吐き気・気管支炎の恐れが出てきます。

防虫効果などは3年程度しかなく、洗えば薬剤はかなり減退し効果はなくなってしまうのです。“抗菌・防カビ”などのフレーズに騙されて高いものを買うより、最初から加工していないカーペットを選ぶべきです。

床全体にカーペット敷きの職場も多くなったので、頭痛や足元が痒くなる場合は要注意です。職場での頭痛は、ストレスかカーペットのせいか分かりにくいかも知れません(笑)。まずは、カーペットを疑ってみましょう。

■■危険への対策■■
最初から防虫加工していないカーペットを選べば、安価で危険性も回避できます(乾燥させたり、
   手入れをしないとダニが発生しやすくなる)。

Sankoub 防虫加工畳は畳の上の虫が死ぬほどの農薬量の多さ

Nfamitop

消臭・除菌スプレーを使うと老化が進む/家庭用品の危険・居間1

2012年05月09日 | 居間|使うと危ない製品
Nyouhintp

Nkikentp 家庭用品の危険シリーズ ■消臭・除菌スプレー/居間
消臭・除菌スプレーを使うと老化が進む
成分不明の化学物質が頭痛や皮膚のかぶれを起こす

Y412966935

■噴霧状で吸い込むと1万倍も毒性が強くなる
臭いや黴菌を気にして、「消臭・除菌スプレー」を愛用している人が結構多いようです。まるでTV/CMのように、部屋の何にでもスプレーして満足している場合ではありません。スプレーの中に含まれる1/1000ミリ以下の霧状の化学物質の微粒子が、何時間も部屋中に漂い私達の身体にどんどん吸い込まれていきます。吸い込んだ薬剤は肺から吸収され、肝臓で分解されずに体内に回るので、食べ物と一緒に胃腸から吸収される場合より毒性が100~1万倍も強くなるのです。こうして消臭・除菌スプレーは、私達の生命力をどんどん奪い取っていくのです。

英・ブリストル大学の研究グループのマウス実験では、消臭スプレーに数多く含まれる化学物質が皮膚に浸透し、身体の抵抗力を弱める恐れがあることが実証されています。消臭スプレー・ヘアスプレーが、妊娠女性や赤ちゃんに影響が大きいことが明らかになっています。その影響度は、スプレーをほぼ毎日使う女性は週に1回未満の人に比べて、頭痛持ちの割合が25%、出産後のうつ病では19%も高い数字です。また生後6か月以下の赤ちゃんも、耳の疾患が30%も多かった結果(投稿者:どうして耳なのかは不明)が出ています。

■数多く使うと効果が消え身体への毒性だけが蓄積される
国内の報告でも抗菌加工品から溶け出した薬剤のためにかぶれたり、気化した薬剤を吸い込んで頭痛や不快感を感じた例がいくつでもあります。どのメーカーのCMも小さな子供を守るイメージですが、実際は反対に不健康・不衛生を助長し、アレルギー体質化させていることを認識して下さい。身体の中に除菌剤が侵入すると、白血球が除菌剤と戦うために、活性酸素が生じ老化を促進してしまいます。結果的に、皮膚を傷めることになるのです。また除菌スプレーを繰り返し使っていると、黴菌が薬剤に対して耐性を持つようになり、効かなくなっていくのです。反面、自分の身体へは毒性ばかりが蓄積していきます。

問題は、消臭・除菌スプレーがどんな化学物質や除菌剤が使われているか分からない点です。有機系の除菌成分や穀物由来成分などと書かれているだけで、非常に不明確(不透明)です。多くの健康被害が出ている関係上、スプレー製品にも表示義務や注意表示を義務付ける必要があると思います。化学構造上、悪臭物質を分解するものでなく包み込むだけなので、消臭効果は一時的なものです。臭いを消しているのではなく、香り物質で誤魔化しているのです。安易に“清潔ブーム”に踊らされずに、その裏に潜む危険性や“本当の清潔感”とはどういうものかを考えるべきです。

■■危険への対策■■
毎日のように消臭・除菌スプレーを使っている人は、いつの間に自分だけでなく家族(特に小さ
   なお子さん)の健康を損ねて いることに気付きましょう。女性や子供は、影響を受けやすいのです。
家族の誰かが頭痛持ちなら、1週間は家の中のスプレーを全面禁止にしてみることです。軽くな
   ったら、次にどのスプレーか調べてみましょう。
スプレーしたことで清潔になったと思い込んで、洗濯や掃除が疎かになるほうがよっぽど不潔で
   す。安易にスプレーするより、部屋の換気・雑巾掛けをしましょう。

Nfamitop