食品のカラクリと暮らしの裏側

食品の安全・安心が総崩れ、また政治・社会の矛盾や理不尽さも増大  暮らしの裏側の酷さやまやかし、危険性・不健全さに迫る!

果汁100%のジュースを飲むなら濃縮還元よりストレートジュースを/食品のカラクリ・飲料12

2014年04月21日 | 飲 料
Ntpkarakuri

食品のカラクリシリーズ 果汁100%ジュース/飲料
果汁100%のジュースを飲むなら濃縮還元よりストレートジュースを
濃縮還元タイプは本来の果汁とはほど遠い砂糖・香料など混ぜ物が一杯

K1012fd401299

■濃縮還元ジュースとは生産国で水分を飛ばし国内で水増しすること
天然果汁100%の「ジュース」を飲むと、ビタミンCなど身体に良さそうと思えます。「果汁100%」「濃縮還元ジュース」は、いかにも生搾りしたフルーツを丸ごと濃縮したイメージを持ち、濃厚なジュースのように感じます。紙パックの表示欄に、(濃縮還元)と記載されています。でも製造方法を知ると、濃縮還元はもう飲みたくなくなりますよ。

濃縮還元とは、生産国で特殊なフィルターで濾(こ)す、そして水分を飛ばして1/5~1/6まで濃縮したものです。その際に、加熱殺菌も行われます。その後、日本に輸送されてから水で5~6倍に薄め、言葉通り100%の果汁を、一旦、“濃縮し還元した”ジュースです(笑)。しかし実際は、濃縮時に果汁本来の香り成分が揮発してしまうため、還元しただけでは飲めたものではないそうです。

そのため砂糖や酸味量・香料、保存料・安定剤、搾り立てに見せるために「濁り剤」やビタミン類など様々な添加物が加えられます。飲んだ時に口に広がる爽やかなオレンジやりんごの味と香り、あれは天然ではなく酸味量と香料なのです。また発ガン性をもつカビ毒や農薬も検出されるそうです。果汁100%ジュースであっても、ビタミンが損なわれています。

一方、ストレートジュースは、そのままフルーツを搾ったものをパック入りに加工したジュースです。これが、私達が普通に思う果汁100%ジュースのイメージです。しかし言葉に騙されて、散々、濃縮還元をそのようなジュースと間違えて捉えてきました。ジュースを飲むなら、製造方法を確認して「ストレートタイプ」のほうがずっと良いでしょう。でも加熱殺菌されるので、ビタミンは減っています。

■果汁100%のりんごジュースは国産ではなく9割が中国などの外国産
りんごジュースと言えば、当然、国産と思えますが実は86%が輸入品なのです。輸入量は国産の6倍・約11万トンあり、うち58%が中国からです。以下、オーストリア・チリ・ブラジル・米国からで、大半が濃縮還元されたものです。意外にも、中国は世界のりんご生産の1/3を占める生産国です。日本人が“ふじ”の苗木によって、現地指導したことがきっかけです。

でもジュースの紙パックには、中国やオーストリアの原産国が書かれていません。そのためジュース好きな方も、国産と思い込んでいる方が多いのです。本来なら原料生産国表示すべきでしょうが、農水省は国内の加工度(濃縮還元など)が高いため、原産国表示の対象にしていないのです。全く、おかしな話です。

こうした背景にいたたまれず、国内のりんご生産団体は独自の表示を行っています。国産のりんごストレートジュースを、「青森県産」「国産原料(りんご)100%」「天然(ストレート)」と任意表示しています。りんごに限らず、これからは表示をよく見てストレートジュースを選びましょう。補足/喫茶店やドリンクバーでは、一般的にジュースと表記しています。しかしJAS法でジュースと表示できるのは、100%果汁を使用したものだけです。

Sankoua 果汁100%のオレンジジュースは多くのポストハーベスト農薬を飲むことに

Gstopkarakuri2

この記事についてブログを書く
« 栄養補助食品で特定のアミノ... | トップ | あなたが飲んでる野菜ジュー... »

飲 料」カテゴリの最新記事