食品のカラクリと暮らしの裏側

食品の安全・安心が総崩れ、また政治・社会の矛盾や理不尽さも増大  暮らしの裏側の酷さやまやかし、危険性・不健全さに迫る!

電子蚊取りは寝ながら知らない間に毒物を吸い込む/家庭用品の危険・寝室1

2019年04月19日 | 家電・居間・寝室
Nyouhintp

Nkikentp 家庭用品の危険シリーズ ■電子蚊取り/寝室
電子蚊取りは寝ながら知らない間に毒物を吸い込む
蚊にも効くが恐ろしいことに人間にもよく効く電子命取り?

Y512272356

■電子蚊取りの仕組みは部屋中に無臭の殺虫剤を揮発させる
「電子蚊取り」のスイッチを入れると、どうして蚊が落ちたりいなくなるのか?この仕組みが分かると、もう怖くて使えません。電子といっても、電気作用や電磁波で蚊を寄せ付けないのではありません。スイッチONすると、電子蚊取りから、次々とピレスロイド系殺虫剤が揮発される仕組みです。

そのため長時間(長期間)に大量に吸い込むと、神経が蝕まれます。ピレスロイドとは、除虫菊に含まれる成分と似た構造を持つ化学物質の総称です。ピレスロイドは神経毒の一種で、昆虫が触れるとショックを起こして動けなくなるものです。

個人差や期間によっては目・鼻・のどを刺激したり、頭痛・めまいや胸のむかつき・嘔吐などを引き起こします。アレルギー反応が出る人もあり、もし大量に吸うと意識混濁や全身けいれんなどの恐ろしい症状を引き起こす恐れがあります。

■一晩中高濃度のピレスロイド系殺虫剤で汚染され続ける
昔ながらの渦巻き蚊取り線香は、煙が出るので目やのどが痛くなったり鼻も詰まる感じがすることから、あまり長くは使えません。そのため人間への症状は、軽く済んでいるのです。実はここからが問題で、電子蚊取りは無臭・無煙なので、部屋も密封されたまま、どうしても長時間使ってしまう危険性があります。

例えば田畑で大量に撒かれる農薬でも、屋外で風などに吹き飛ばされることから、概ね1立方メートルで数マイクログラム(100万分の1g)程度だそうです。しかし締め切った部屋で「電子蚊取り」を使うと、1H後にはピレスロイドの濃度は、数十マイクログラムにまで達してしまいます。部屋の中では、田畑に漂う農薬の10倍もの高濃度で、一晩中“汚染”され続けるのです。

知らずに高濃度のピレスロイドを、真夏に長時間・長期間に渡り吸い続けていると、皆さんを始め影響が大きい子供さんは、いつの間にか神経や免疫系が冒されます。このようなことによって、身体が“ボロボロ”なってしまう恐れがあります。

無臭で煙も出ないから安心ではなく、出ないことによって危険が見えないことをご認識下さい。蚊に効く電子蚊取りは、人間にも良く効くのです。仕組みと危険性を知って、ご自分やご家族を守りましょう。

■■危険への対策■■
家の周りに水が溜まっている所をなくし、蚊の発生を減らすこと。
網戸をしっかり閉めて、室内に蚊の侵入を防ぐなど、昔からの方法が一番です。

Sankoub
ワンプッシュ式蚊取りを自分の顔に噴射してしまう事故が相次ぐ
玄関先やベランダに吊るす空間用虫除け剤は全く蚊や蝿に効かないことが判明

Nfamitop

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« <投稿予告>[R18納得で... | トップ | 防虫・防カビ剤入りの乾燥剤... »
最新の画像もっと見る

家電・居間・寝室」カテゴリの最新記事