食品のカラクリと暮らしの裏側

食品の安全・安心が総崩れ、また政治・社会の矛盾や理不尽さも増大
暮らしの裏側の酷さやまやかし、危険性・不健全さに迫る!

18年版天候調査・東京猛暑五輪の過酷さ3◇マラソンは長野か札幌で!今からでも遅くない/東京五輪の危うさ特別号C

2019年06月02日 | 東京オリンピック
Oiympictp2 少数派シリーズ/東京オリンピックの危うさ
ROUND5 猛暑マラソン編・特別号2018年版C <選手や観客に熱中症死の危険>
東京猛暑五輪の過酷さ3 マラソンは長野か札幌で!今からでも遅くない (天候調査)
「東京開催」の縛りがなくなったのでマラソンは涼しい地域で走ろうよ!

1394764 札幌の街並み

ブログを移転したため、投稿日と記事の日時・状況と整合性がありません。記事は2018年8月、旧ブログに投稿したものです。アスリートファーストの尊重は微塵もなく、政治家・経済界・五輪関係者などは己の思惑・利益・保身のために、東京オリンピックの悪用が目に余ります。年月が経過しても、ブログにてその検証や事実を残しておく必要があると考えます。

■長野市よりもっと涼しい信州内・札幌より涼しい道内を対象にコース選定を
余りにも過酷な猛暑・炎天下で行われる大会方針に抗議する意味もあって、招致が決まった2013年(天候データは2010年)から今日に至るまで、投稿者は、毎年、大会期間の7/24~8/9の天候をプロットしていると申し上げました。その3回目は、8/2の女子マラソン、8/9の男子マラソンレースの日の6~11時まで、1時間単位の気温・湿度・暑さ指数の変化を、報告済の東京の他に長野・札幌でも行いました(気象庁の計測値、暑さ指数は環境省)。東京オリンピックの会場設定に方向転換があり、必ずしも「東京」で行う縛りがなくなりました。サッカー・ゴルフ・自転車・セーリングなどは、関東周辺や遠く離れた地で予定されます。そこで思考回路を切り替え、マラソン・競歩も比較的涼しい長野、あるいは札幌で行うべきだとの投稿者の主張に基づき、3か所の天候データ比較を致しました。

8月のこの時期は長野も札幌も暑いでしょうが、東京より環境は良いと考えます。なお投稿者の長野・札幌案は、飽くまでも「たたき台」です。軽井沢など信州全般、北海道も道北・道東の広域を対象に、候補地を検討すべきではないでしょうか。でも気候が良くても、マラソンコースに高低差があれば不向きです。しかし、こういうコンセプトを持って、陸上競技関係者・気象専門家が地域の特殊性も鑑み専門的に探せば、猛暑の東京より遥かに適した場所があるはずです。涼しいコースなら猛暑・熱中症で途中棄権することなく、実力を発揮した勝負が見られます。前号のように、実力ではなく暑さに強い選手が金・銀・銅を獲得するのは、オリンピック精神に反します。熱中症死の恐れも顧みず走る~そんなレースに価値はありません。「選手のため」に、涼しいコースでマラソン・競歩、東京オリンピック競技をやりましょうよ!

■2018年8月2日女子マラソン日天候結果 東京× 長野△(〇) 札幌〇
女子マラソンが行われる8月2日、男子マラソンが行われる8月9日を毎年交互に、東京と札幌市・長野市の気温・湿度・暑さ指数を計測したのが表Cです。順番により今年2018年は、女子マラソンに注目しました(男子マラソン日は東京を始め関東を台風が襲ったので参考にならず)。さて計測結果は、一目瞭然です。

2018年・同日の気象状況
長野 今年の猛暑の影響を受けてけっして良い条件ではないものの、東京より5~6℃低く遥かに走りやすいでしょう。
札幌 長野よりさらに1℃以上低く湿度も他の地より低いので、同じく東京より遥かに走りやすいでしょう。

大会組織委員会・競技団体はスタート時間の繰り上げ、道路を冷やすなど小手先な案ばかりです。そんなことでは、選手や観客の熱中症死は解決しません。今からでも、遅くはありません。大会関係者はアスリートファーストを優先し、マラソンを長野か札幌で行うよう思い切った決断をして下さい。

▽表C・マラソン日8/2または8/9の東京・長野・札幌天候比較
Tenp2018e350b

表C」の見方 (気象庁のデータを投稿者が編集・見にくいのはご容赦を)
①マラソン日に当たる、8/2または8/9の午前6~11時まで1時間ごとの気温と湿度です。
②気象データは、東京・北の丸公園内、長野市・標高約418m、札幌市・北緯43度の各気象庁観測所のものです。なお北の丸公園は九段・日本武道館に隣接する位置に設置され、広い公園内なので、当然、風通しがよく極めて環境の良い(涼しい?)場所です。その場所ですら、35℃に達します。
③さらには屋外競技・特にアスファルトのマラソン・競歩コースの気温は、15℃以上高い(実気温は50℃以上)と言われています。
④表の「指数」とは、環境省熱中症予防情報サイトの「暑さ指数」です。2017年から、データを追加しました。指数が28℃以上になれば「厳重警戒」(赤)=激しい運動は中止、31℃以上になれば「危険」(紫)=運動は原則中止です。詳細は、下段のリンクをご参照願います。
*指数区分ごとの色は環境省サイトのものではなく、緊迫さを強調するトリアージ要素のNHK関東ローカル放送時の配色(紫~水色)としました。但し投稿者のお手製で、表が見にくいことはご勘弁願います。

Sankoub
[暑さ指数に関するサイト・マイブログ説明記事]
 詳しくは、環境省熱中症予防情報サイトをご覧下さい。
 東京猛暑五輪の過酷さ<付記> 大会は暑さ指数(WBGT)・熱中症予防も無視
 前号/18年版・東京猛暑五輪の過酷さ2狂気の沙汰!マラソンは死者が出る恐れが高い
 前々号/18年版・東京猛暑五輪の過酷さ1◇炎天下の激闘で選手や多数の観客に熱中症の危険

Tpjw06b3020228079

この記事についてブログを書く
« 18年版天候調査・東京猛暑... | トップ | 11月22日は「回転寿司記... »

東京オリンピック」カテゴリの最新記事