食品のカラクリと暮らしの裏側

食品の安全・安心が総崩れ、また政治・社会の矛盾や理不尽さも増大  暮らしの裏側の酷さやまやかし、危険性・不健全さに迫る!

検証5・安倍首相退陣で幕引き許されないモリカケ・サクラ・文書廃棄など国政私物化*赤旗だより/少数派

2020年09月15日 | 政治情勢2
Ns170minoritytp 少数派シリーズ/政治情勢(赤旗だより)
検証5・安倍首相退陣で幕引き許されないモリカケ・サクラ・文書廃棄など国政私物化

Akahatan01

■首相が任命した閣僚らの「政治とカネ」をめぐる疑惑の解明も決着していません
投稿はしんぶん赤旗を活用しております/安倍首相は8月28日の退陣表明会見で、一連の疑惑と国政私物化について記者から問われ、「私は、政権を私物化したつもりは全くないし、私物化もしていない」と開き直りました。あまりに無反省で、言語道断な態度です。安倍晋三首相が退陣したからといって、「森友学園」 「加計学園」 「桜を見る会」などの疑惑と国政を私物化した大問題を、絶対にあいまいにはできません。首相が任命した閣僚らの「政治とカネ」をめぐる疑惑の解明も決着していません。安倍前首相に説明責任を果たさせるとともに、関係者を国会に招致するなど、真相を徹底究明することが不可欠です。

大阪の学校法人「森友学園」に国有地が不当な安値で払い下げられた「森友」疑惑は、安倍当時首相や一時、名誉校長だった妻の昭恵氏の関わりを示す事実が次々と浮上しました。首相の「私や妻が関係していれば首相も国会議員も辞める」という国会答弁に合わせ、公文書から昭恵氏らの名前が削除される改ざんなどが行われました。財務省局長は記録文書を廃棄したと虚偽答弁をしました。民主主義の根幹を揺るがす大問題です。公文書の改ざんを強いられた近畿財務局職員の赤木俊夫さんは苦しみ抜いて自ら命を絶ちました。政府は、その経緯を明らかにしません。「真実が知りたい」と、財務省を相手に裁判を起こした赤木さんの妻・雅子さんが首相の退陣表明にあたって、「夫がなぜ自死に追い込まれたのかについて、有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施していただきたい」と声を上げているのは当然です。

■一連の疑惑の幕引きを図る菅義偉官房長官には政権を担う資格はありません
首相の長年の友人が理事長を務める岡山の学校法人「加計学園」の獣医学部開設をめぐる疑惑も解明されていません。首相の意を受け便宜がはかられた疑いを示す文書の存在が明らかになっても、まともな調査をしていません。政府主催の「桜を見る会」に、安倍首相の地元後援会員らを大量に招待し、税金を使って飲ませ食わせさせていた問題も疑惑は深まるばかりです。招待者名簿を廃棄した隠ぺいや、マルチ商法の会長らが「首相枠」で参加したことなど徹底解明こそ必要です。都内のホテルで開いた「桜」前夜祭の収支をめぐる疑惑もあります。

一連の疑惑と国政私物化では、菅義偉当時官房長官の責任も問われます。首相後継選びの自民党総裁選に出馬表明した記者会見で菅氏は、「森友」疑惑などの再調査を拒否しました。国民の声に真っ向から逆らうものです。安倍首相の辞任で帳消しにはできません。疑惑の幕引きを図る政治家にも政権を担う資格はありません。参院選広島選挙区の大規模買収で逮捕された河井克行前法相夫妻の事件や、政権の目玉政策「カジノ」をめぐる汚職で逮捕された秋元司元内閣府副大臣の事件でも首相には深刻な反省がありません。7年8カ月の安倍政権では、「政治とカネ」の問題などで閣僚らの辞任が相次ぎました。辞任のたびに首相は「任命責任」を口にするだけで、自ら責任を取る行動はしませんでした。モラル崩壊の極みです。“お友だち優遇”の横行と国政私物化を許した自民・公明の与党の責任も免れません。

しんぶん赤旗の複製可能範囲内において、投稿者によって一部割愛や
それに伴う接続文章等の修正・タイトル付けを行いました。


投稿者からのひと言/一躍、流行語になった「アベノママデス」。菅新首相は、「安倍政治」そのままを継承することを言っていますが、とんでもないことです。まずは森友学園・加計学園・桜を見る会、文書改ざん・文書廃棄について、自ら究明すべきです。大臣が不正を起こす度に、安倍当時首相は「責任を感じる」 「真摯に向き合う」と同じ言葉を並べながら、逃げまくってきた。こんな許されないデタラメ政治を踏襲すると平気で言う菅氏に、政権を担う資格はこれっぽっちもありません。国民やメディアは、8年間の国民を舐め切った安倍首相・安倍政治を糾弾すべきです。辞めたからと言って、済まされることではないのです。

Sankoub
検証6(改憲1)・安倍政権8年は改憲、民主主義を破壊し国の在り方を変える暴走だった
検証4・森本毅郎ラジオ番組調査「辞任表明後あなたは安倍首相への評価を変えたか?」

Akahatatop

この記事についてブログを書く
« 検証4・森本毅郎ラジオ番組... | トップ | 1970年代後半から80年... »

政治情勢2」カテゴリの最新記事