食品のカラクリと暮らしの裏側

食品の安全・安心が総崩れ、また政治・社会の矛盾や理不尽さも増大
暮らしの裏側の酷さやまやかし、危険性・不健全さに迫る!

トランプ大統領がコロナ感染!英国・ブラジルなどコロナを舐め切れば各国首脳も罹る/少数派

2020年10月03日 | 新型コロナウイルス
Ns170minoritytp 少数派シリーズ 特設|新型コロナウイルス VOL761547230b30
トランプ大統領がコロナ感染!英国・ブラジルなどコロナを舐め切れば各国首脳も罹る

3202541_s120

とうとうトランプ大統領夫妻が、新型コロナに感染した
あれほど世界や周囲から注意されたにも関わらず、言うことを聞かず
マスクも知る限り数回しか着用しなかった

トランプ氏が数年前から遮二無二というか、それしか念頭になかった大統領選の
この大詰めの重要な段階で罹った  何というお粗末・皮肉

自業自得(*下記補足)であり、新型コロナを舐め切った報い
単なる風邪と同じとか、消毒剤を注射すれば済むなど科学的根拠がないことを
言い放ち、初動の重要さを無視してきた回り回った結果だ (下記・新聞記事参照)

10/2時点で世界102万2976人の死者のうち、米国人が最大の20万7808人
感染者も3429万7788人、同じく727万8385人
米ジョンズ・ホプキンス大学集計

己の失態を隠し、WHO(世界保健機関)が禁止している名称(下記・前号参照)の
「中国ウイルス」 「武漢ウイルス」と言い放ち、中国の責任にすり替えている

極端な言い方をすれば、トランプ大統領に殺されたようなものだ
それに気が付かない、一部の米国人(トランプの岩盤支持者)が情けない

 ◇

愚かな各国首脳は、トランプ氏だけでない
英国・ジョンソン首相も、トランプ氏と同じような発言をし、己が罹患した

ブラジル・ボルソナーロ大統領も、無責任な発言を繰り返し、己が罹患
自国民が多数感染し、死亡した

大統領選の不正疑惑の中心、ベラルーシのルカシェンコ大統領も罹患
当初、ウォッカを飲めば感染しないと言っていた
国民からは、ウォッカの量が足りなかったのではと皮肉られている

コロナに限らず、愚かな首脳がいる国は
戦争、病気、飢饉、環境変化の影響をもろに受ける

 ◇

日本人は感染しない体質、生来の免疫力があるといった科学的根拠がないことを
真に受け、安易にGoToに浮かれている場合ではない

世界とは感染程度が違うものの、安倍政権の初期のコロナ対策の失敗を
GoToという形で誤魔化そうとしていることを、知るべき

GoToキャンペーンに載せられて、罹ったら一生後悔する
ましてや高齢の家族に感染、(あるいは他人の高齢者に感染させる可能性)
死亡させてしまったらどうするの?

対岸の火事、安穏とせず、第2波、3波と言われるこれからが
日本人の取組の真剣さが試される

▽トランプ大統領のコロナ関連の発言 (新聞記事)
2/10 「4月に暖かくなれば、ウイルスは奇跡のように消えてなくなる」
2/24 「米国ではコロナは全く制御下にある」
3/17 「世間でパンデミックと呼ばれる前から、私はパンデミックと感じていた」
4/23 「消毒液に注目している。すぐに殺菌できる。注射で体内に入れられるのだろうか」
5/28 「コロナという中国からのとてもよくない『贈り物』が世界中に押し寄せている」
9/16 「(ワクチンは)10月中旬にも配布開始できる」
9/29 「(自身が対応しなければ)数百万人の死者が出ていた」
投稿者/支離滅裂、その場限りの言葉・嘘の連発

投稿者補足/自業自得とは、コロナ感染の怖さを無視して舐め切った首脳を指します。
一方、コロナに注意していた国内の人や感染ルートが分からないまま感染した人を、
非難してはいけません。

Sankoub
次号/77・怒れベイ・阪神!ファンをダシに横浜球場を満員にしてコロナ感染防止実験するなんて
前号/75・WHOがCOVID-19と敢えて無機質な名称にしたのは世界が協力しやすくするため

TOPページへ

この記事についてブログを書く
« 家庭用品の危険シリーズ/ア... | トップ | 土曜は爽快!第642回毎日... »

新型コロナウイルス」カテゴリの最新記事